ファミリーマート「ファミマプレミアム クッキーシュー」


購入店: ファミリーマート
商品名: ファミマプレミアム クッキーシュー
税込価格: 158円
購入日: 2017年2月28日

製造者: ヨネザワ製菓株式会社
カロリー: 275kcal

 商品名に「クッキーシュー」とありますが、生地自体はサクサク、ザクザクしたハード系ではなく、厚手のソフト系。そのうえにシュガーコーティングがなされているので、食感はザクっとしている。要冷蔵品なので、店頭に並んでいるときにも冷やされているが、購入後に冷蔵庫でしっかり冷やして食べると、コーティングの硬い食感がより感じられる。

 中のクリームはカスタード。色はオレンジに近い、濃い黄色。バニラビーンズの粒は見えない。味は独特のバニラの風味があるが、ほんの少し柑橘系の洋酒のようなフルーティな香りがする。原材料に「洋酒」という表記はあったので、なにかしらの洋酒が香りづけに使われているようだ。

 洋菓子店の本格的なクリームというより、コンビニや量販店の袋入りシュークリームの延長線上で、「高級なコンビニシュークリーム」といった感じの味。ミルクっぽい生クリーム、卵の味を感じるカスタードクリームといった感じではない。クリームの粘度は、こぼれそうなほど柔らかくもなく、のばせるほど固くもなく、やや柔らかめよりの中庸。





プティ・マリエ イオンモール幕張新都心店「げんこつ型シュークリーム」


都道府県: 千葉
最寄駅: 海浜幕張
住所: 〒262-0033 千葉県千葉市美浜区豊砂1-1 イオンモール幕張新都心 1F
購入店: プティ・マリエ (PETIT MARIER) イオンモール幕張新都心店
商品名: げんこつ型シュークリーム
購入日: 2017年2月26日
税込価格: 199円

 2017年2月現在、千葉県幕張周辺に4店舗を展開しているプティ・マリエの、イオンモール幕張新都心店内にある店舗。最寄駅はJR海浜幕張駅ですが、徒歩だと15〜20分程度かかります。

 また、イオンモール幕張新都心店のホームページ上の「フロアマップ」や「ショップリスト」には、当該店舗「プティ・マリエ」の記載はありませんが、フロアマップ上のグランドモール(GRAND MALL) 1階 イオンスタイル(AEON STYLE)内の「スイーツショップ」のエリアにあります。

 プティ・マリエのホームページ上ではシンプルに「げんこつシュー」となっていますが、幕張新都心店での店頭表記は、げんこつ型シュークリーム。「サクサクのシュー皮と、カスタードの美味しさが自慢のシュークリームです」との説明書きもありました。

 「げんこつ型シュークリーム」という名称通り、見た目はゴツゴツしたシュークリーム。シュー皮の色も茶色が強いので、かなり硬いタイプの食感を想像していたが、食べてみると、それほど硬いタイプではなく中庸。食感は若干のサクサク感もあるが、どちらかというとゴワゴワっとした食感だった。これは購入してから持ち帰るまでに、ある程度の時間が経ってしまったからかもしれない。

生地は厚みがあり、固くはないがしっかりした食感。味は香ばしさを感じるが、塩気を感じるようなはっきりした味ではない。アーモンドもトッピングされているが、アーモンドよりも生地自体の香ばしさの方が強く感じる。

 クリームは黄色味のあるクリーム色。バニラビーンズの黒い粒も見える。甘さは中庸から、やや強め。硬めのクリームで、伸びにくい食感。

 下の画像は、同時に購入したフロマージュクリュ (432円)。





ローザー洋菓子店「ベビーシュークリーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 半蔵門
住所: 〒102-0083 東京都千代田区麹町2-2 1F
購入店: ローザー洋菓子店
商品名: ベビーシュークリーム
購入日: 2017年2月22日
税込価格: 350円

 ローザー洋菓子店さんで、同日に3種のシュークリームを1個ずつ購入しました。そのうちのひとつが、こちらのベビーシュークリームです。

 「ベビーシュークリーム」という聞きなれない名前のシュークリームですが、2つのシュークリームの底辺部分が、ジャムで圧着されたものです。シュークリームは、一方には生クリーム、もう一方にはカスタードクリームが入っています。ジャムは酸味が強く、オレンジ色をしていて、アプリコットか梅のジャムのようです。梅も英語ではJapanese apricotと呼びますが、味にも近いところがあります。

 シュー生地は同店の他のシュークリームと同様、硬めで香ばしい。2つのシュークリームをくっつけているため、それぞれのサイズは小さめ。サックリというより、硬めのパンに近い食感。

 前述したように、片方のシューには生クリーム、もう片方にはカスタードが詰められている。いずれもほとんどスペース無く、ぎっしりとクリームが入っている。生クリームは優しい甘さ、カスタードは甘さをはっきり感じるが控えめでしつこい感じはしない。使用されているクリームは、同店の「生シュークリーム」「カスタードシュークリーム」と、同じようだ。

 正直、形状的に食べにくいかなと思ったが、生地もクリームも硬めでしっかりしているため、想定より食べやすい。味は2つのシュークリームをつなぐジャムの酸味がアクセントになっている。





ローザー洋菓子店「生シュークリーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 半蔵門
住所: 〒102-0083 東京都千代田区麹町2-2 1F
購入店: ローザー洋菓子店
商品名: 生シュークリーム
購入日: 2017年2月22日
税込価格: 350円

 ローザー洋菓子店で、同日に3種同時購入したシュークリームのひとつです。

 個体差もあるかもしれないが、同店のカスタードシュークリームよりも少し小ぶりで背が高い。カスタードシュークリームは、こちらの生シュークリームに比べると、少し平べったい形状をしている。

 生地は硬めで若干のサックリ感がある。サクサクというより、硬めのパンのような食感。密度が高く、かなりしっかりした生地。味はとても香ばしい。焼きたてのパンのような香りが口に広がる。上から粉砂糖がかかっているが、この甘さはあまり感じない。

 中のクリームは商品名のとおり生クリーム。密度も固さも中庸で、極端にふわっふわっでも、水分が多くもない。生地の中にほとんどスペースなく、ぎっしりとクリームが詰まっている。味は優しい甘さで、ミルクっぽさが強くもない。食べ続けても、僕個人はしつこいを感じることはなかった。

 同店の「カスタードシュークリーム」同様、古き良き実直な日本のシュークリームといった感じです。





ローザー洋菓子店「カスタードシュークリーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 半蔵門
住所: 〒102-0083 東京都千代田区麹町2-2 1F
購入店: ローザー洋菓子店
商品名: カスタードシュークリーム
購入日: 2017年2月22日
税込価格: 350円

 青い缶入りのクッキーが有名なこのお店。シュークリームなどいくつかの生菓子も販売しており、3種類あるシュークリームを1つずつ購入。シュークリーム以外には、プリンを販売していました。

 9:30開店ですが、10時過ぎに訪問した時点で、クッキーは全て完売。店員さんに確認したところ、日によってばらつきはあるがすぐに完売してしまうことも多いとのこと。現状では10日前ぐらいに予約すれば購入可能とのことでした。予約状況など流動的ですので、購入を検討される方は来店前に電話で確認・予約した方が良いと思います。

 クッキー以外の商品も午前中で売り切れることがあるようです。ちなみに定員さんは年配の女性でしたが、下町の接客業の方という印象で、非常に丁寧にフランクに対応していただきました。

 大きめなサイズのシュークリーム。生地はサクサクした感じではないがそこそこ硬く、若干のサックリ感がある。サックリというより、クシュっとした食感。密度がぎっしりとしていて、しっかりした生地。味はとても香ばしい。「焦げくさい」と言うと表現が悪いが、決して嫌な感じではなく、焼き菓子のように強い香りがする。生地の上から粉砂糖もかかっているが、この甘さはあまり感じない。

 中のクリームはオレンジがかった黄色のカスタード。生地の中にスペースなく、ぎっしりと詰まっている。質感は硬めで、味も色のカスタードプリンに近い。甘さは一口目を食べた時にははっきり感じるが、食べ続けてもしつこく感じることはなかった。

 1932年に創業した老舗のお店とのことで、レシピをあまり変えずに守り続けているのでしょう。本場フランスに近い「シュー・ア・ラ・クレーム」を作るお店が増える中で、変わらないことで個性的な存在になっているシュークリームだと思いました。とても日本的、個性的なシュークリームです。

 シュークリームに限らずですが、どうしても人気店の味はある程度画一化していきますが、様々な味のお店が残っていってほしいと思います。





パティシエ・シマ「パリブレスト」


都道府県: 東京
最寄駅: 麹町
住所: 〒102-0083 東京都千代田区麹町3-12-4麹町KYビル1F
購入店: パティシエ・シマ (PATISSIER SHIMA)
商品名: パリブレスト
購入日: 2017年2月22日
税込価格: 540円

 麹町にあるパティシエ・シマさんで購入したパリ・ブレストです。シューパリジェンヌという商品名のシュークリームも購入したのですが、シュー皮を使ったお菓子が大好きなので、こちらも購入しました。ショーケース内の商品説明には「チョコレートとプラリネクリームのマリアージュ」と記載。

 シュー生地は固く、表面にはザックリ感があり、食感もしっかりしている。内側はしっとりとしていて、生地全体としては重くならず、軽く食べやすい印象。スライスされたアーモンドが香ばしく、食感的にもアクセントになっている。

 一番上に乗っているチョコレートは、かなりビター。シュー生地にサンドされているクリームも、チョコレートの味が濃く、クリームの硬さ的にもかなり硬め。店頭表記には「プラリネクリームとのマリアージュ」とあったが、チョコレートの苦味と香りが前面に出ている。上に乗っているチョコレートもそうだが、チョコレート自体の味が本格的で美味しい。

 濃厚なチョコレートのクリームと、ざっくりした香ばしいシュー生地のバランスも良いです。





パティシエ・シマ「シューパリジェンヌ」


都道府県: 東京
最寄駅: 麹町
住所: 〒102-0083 東京都千代田区麹町3-12-4麹町KYビル1F
購入店: パティシエ・シマ (PATISSIER SHIMA)
商品名: シューパリジェンヌ
購入日: 2017年2月22日
税込価格: 432円

 麹町のレストランなどが立ち並ぶ一角にあるパティシエ・シマさん。「シューパリジェンヌ」という商品名のシュークリームを購入しました。ショーケース内の表記は「濃厚なカスタードクリームを注いで…大人気のシュークリーム」。

 やや小ぶりなサイズのシュークリーム。シュー生地を半分に切り、その中にクリームを詰めるタイプ。シュー皮は硬めで、生地の密度も高く、ぎっしりしている。サクサクという軽い感じではなく、ザックリした食感。生地自体のザックリ感もあるが、アーモンドの食感がザクザク感を足している。全体の味も、アーモンドの香ばしさが鼻を抜けていって、皮だけで食べても美味しい。

 中のクリームは、黄色味がかったクリーム色のカスタード。バニラビーンズの黒い粒も見える。粘度は中庸で、絶妙なみずみずしさとなめらかさ。甘さは控えめで、バニラとミルクの香りをはっきりと感じられる。

 シュー生地、クリーム共に素材の味を感じることができ、完成度が高いシュークリームだと思います。





ローソン「さつまいもシュークリーム」


購入店: ローソン
商品名: さつまいもシュークリーム
購入日: 2017年2月21日
税込価格: 130円

製造者: コスモフーズ株式会社
カロリー: 275kcal

 ローソンファーム千葉のさつまいもを使用したシュークリームです。包装袋にも説明が記載されており、それによるとローソンファームとは「ローソングループの店舗向けに青果物を安定供給することを目指し設立された農業生産法人です」とのこと。また、ローソンファーム千葉は千葉県香取市にあります。

 シュー生地は柔らかいが、一般的なコンビニのシュークリームよりも厚みがあり、密度もぎっしりしている。サクサク感は無いが、しっかりした食感。

 クリームは柔らかく、色は黄色っぽいクリーム色。トロトロとした食感。味は甘さもそれなりに強いが、なによりもさつまいもの香りが口に広がる。「さつまいも風味のカスタードクリーム」などではなく、かなり本物のさつまいもに近い味。香料も使用されているのだろうが、人工的な感じはしない。

 さつまいもの甘さは、思ったよりちゃんと再現されていて、全体としてもなかなか美味しいシュークリームです。





Libertable(リベルターブル) 赤坂店「クリスタル」


都道府県: 東京
最寄駅: 赤坂
住所: 107-0052 東京都港区赤坂2-6-24 1F
購入店: Libertable (リベルターブル) 赤坂店
商品名: Cristal (クリスタル)
購入日: 2017年2月19日
税込価格: 388円

 赤坂にあるLibertableに行ってきました。ガラス張りで、ブランドショップのような外観と内装。ショーケースに並ぶケーキも、宝石のように見えます。こちらの赤坂店以外に、松屋銀座と渋谷ヒカリエにも店舗があります。

 Cristal (クリスタル)と名づけられたシュークリーム。こちらの店舗では、その商品を構成しているものが表記されており、どのような味かある程度想像することができます。例えば、このCristalの場合は「シュー生地、ヘーゼルナッツプラリネクリーム、クレームシャンティー、ヘーゼルナッツのサブレ」。

 生地は、表面にヘーゼルナッツのサブレと共に焼き上げられているようで、外側はカリッとしていて、とても香ばしい。内側は表面よりはしっとりしつつ、しっかりした食感。粉砂糖がかかっていますが、甘さは感じず、ナッツと生地の香ばしいさが全面に広がる。

 クリームは外側に生クリーム、中心部にキャラメルとヘーゼルナッツプラリネをあわせたカスタードクリーム。体積はカスタード部分の方が多く、中心部のカスタードを包み込むように、生クリームの白い層がある。色は、生クリームは白、カスタード部分は茶色。キャラメルのほろ苦さ、ヘーゼルナッツの香ばしいさ、生クリームのまろやかさなどが重なり、非常に奥深い味。

 フランス料理のように、複雑な味わいながら調和のとれたシュークリームです…と言っても僕自身、そんなにフランス料理を食べたこともなければ、詳しくもないのですが。人によって好き嫌いが分かれるかもしれませんが、個人的には他の商品も順番に味わっていきたいお店。

 下の写真は、同時に購入したヌーヴ(640円)。





菓乃実の杜 三越銀座店「シュークリーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 銀座
住所: 〒104-8212 東京都中央区銀座4−6−16銀座三越 B1F
購入店: 菓乃実の杜 三越銀座店
商品名: シュークリーム
購入日: 2017年2月18日
価格: 240円 (税抜)

 明治記念館の手がけるパティスリーで、銀座三越と小田急百貨店新宿店に店舗があるようだ。ショーケース内の商品説明によると「バニラ風味のまろやかなカスタードクリームを詰めたボリュームのあるシュークリーム」。

 シュー生地は、外側はサクッとしている。それなりの厚みがあり、内側は表面に比べるとしっとり。上に粉砂糖がかかっているため、ほんのりと甘さを感じる。少しメロンパンの皮に近い食感と味。

 クリームは黄色いカスタードクリーム。きれいな黄色。バニラビーンズの黒い粒も見える。クリームはかなり固めで、密度が高くずっしりとしている。甘さは強めだが、柔らかい甘さで、そこまでしつこさは感じない。単純に「甘い」というより、濃厚な味。生地を半分に切り、中にクリームを入れるタイプのシュークリームだが、クリームがたっぷりと入っていて、ずっしりと重い。

 同時に購入した「2つのチーズケーキ」(税抜420円)