ビアードパパ ウィング新橋店「ストロベリーチーズケーキシュー」


都道府県: 東京
最寄駅: 新橋
住所: 〒105-0004 東京都港区新橋2丁目東口地下街1号ウィング新橋 B1F
購入店: ビアードパパ ウィング新橋店
商品名: ストロベリーチーズケーキシュー
購入日: 2017年9月16日
税込価格: 250円

 全国に展開しているビアードパパさんですが、今回購入した「ストロベリーチーズケーキシュー」は、9月1日から9月30日までのウィング新橋店限定商品とのこと。

 シュー皮は硬め。ビアードパパで販売している「クッキーシュー」と同様の皮のようだ。サクサク感が強く、密度もぎっしりとしていて、文字通りクッキーのような食感。味は香ばしく、ほのかな甘さが感じられる。

 クリームは、薄いピンク色で、生クリームに苺を混ぜたクリームのようだ。クリームの中には、苺らしきものも確認できる。質感はやや固めで、ある程度の空気を含んでいて、軽さもある。甘さは控えめ。

 「ストロベリーチーズケーキシュー」とのことで、確かに苺の酸味だけでなく、チーズケーキらしい爽やかな酸味も感じられる。甘さ控えめで、酸味はやや強めだが、個人的には酸味が強すぎるとは感じなかった。

 イチゴの爽やかな酸味がアクセントになり、チーズケーキらしさも十分に感じられるクリームでした。香ばしい皮と合わさると、レアチーズケーキとタルト生地のようなバランスになり、皮とクリームの相性も良いと思います。





ビアードパパ「パイシュークリーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 新橋
住所: 〒105-0004 東京都港区新橋2丁目東口地下街1号ウィング新橋 B1F
購入店: ビアードパパ ウィング新橋店
商品名: パイシュークリーム
購入日: 2017年9月16日
税込価格: 160円

 ビアードパパさんで購入した「パイシュークリーム」です。レギュラー商品ですが、こちらのブログに感想を書いたことがなかったので、アップいたします。

 シュー皮は、分離しているわけではないが、下部分は硬め、受け部分は中庸からやや硬めぐらいの質感。下部分のサクサク感はかなり強め。上部分にも、若干のサクサク感はあるが、下部分に比べれば弱い。味は、香ばしさがあり、強いサクサク感も相まって、クッキーなど焼き菓子のような感がある。

 クリームは、やや黄色味のあるクリーム色をしたカスタード。バニラビーンズの黒い粒も見える。質感はやや柔らか目で、伸びやすい。甘さは中庸からやや強めで、はっきりを感じられるが、一口食べると甘さよりもバニラの香りが口に広がる。その後は、卵のコクも感じられる味で、甘さをしつこく感じることは無かった。

 皮とクリームのバランスも良く、安定したクオリティのシュークリームだと思います。手軽にこの価格で、このクオリティのシュークリームが食べられるのは素晴らしい!





小岩井農場 エキュート東京店「シュークリーム キャラメル」


都道府県: 東京
最寄駅: 東京
住所: 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅構内1階 エキュート東京 サウスコート
購入店: 小岩井農場 エキュート東京店
商品名: シュークリーム キャラメル
購入日: 2017年9月14日
税込価格: 280円

 小岩井農場のJR東京駅構内にある店舗です。

 シュー皮はやや硬め。サクサク感はあまり無いが、パンのような弾力性と噛み応えのある、しっかりした生地。やや厚みがあり、密度も高い。味は、若干の塩気と小麦っぽさを感じる。香ばしさもあり、シュー皮にしては濃い味の部類。

 クリームは、キャラメルを含んだカスタードクリームのようだ。色は、ややオレンジがかったクリーム色。質感は固めだが、ある程度の空気を含んでおり、ほどよい軽さがある。

 甘さは中庸。はっきりと感じる甘味だが、キャラメルの苦味とのバランスが良く、甘さがしつこいとは感じない。キャラメルは香りも豊かで、シュークリーム全体としてのバランスも良い。





小岩井農場 エキュート東京店「シュークリーム プレーン」


都道府県: 東京
最寄駅: 東京
住所: 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅構内1階 エキュート東京 サウスコート
購入店: 小岩井農場 エキュート東京店
商品名: シュークリーム プレーン
購入日: 2017年9月14日
税込価格: 280円

 東京駅構内にある小岩井農場の店舗です。場所は改札内のエキュート東京サウスコート。シュークリーム以外にも、ソフトクリームや牛乳などの乳製品を扱っています。

 シュー皮は、やや硬め。サクサク感が強いわけではないが、パンのような噛み応えのある、密度の高いしっかりした生地。味は、香ばしさと若干の塩気があり、小麦らしさも感じられる。

 クリームは、やや黄色味の強いクリーム色のカスタード。質感は固めで、カスタードプリンのようにすら感じられるが、空気を含んでいて、ほどよい軽さがある。卵の味が濃そうな色のクリームだが、実際は卵とミルクの香りが自然に溶け合う、やさしい味。甘さは控えめ。

 香ばしい皮と、香り豊かなクリームの相性も抜群で、バランスのよいシュークリームだと思います。





ほっぷしゅうくりーむ 麻布十番店「ほっぷしゅうくりーむ 抹茶」


都道府県: 東京
最寄駅: 麻布十番
住所: 〒106-0045 東京都港区麻布十番2-11-3 ドエル麻布1F
購入店: ほっぷしゅうくりーむ 麻布十番店
商品名: ほっぷしゅうくりーむ 抹茶
購入日: 2017年9月9日
税込価格: 200円

 大阪発のシュークリーム専門店「ほっぷしゅうくりーむ」さんの麻布十番店で購入したシュークリームです。シュークリームは、全て注文後にクリームを詰めてくれます。

 シュー皮はかなり硬めで、ザクザクした食感。密度も高く、しっかりした生地で、内側はもっちりしている。焼き菓子らしい、香ばしさの強い味。

 クリームは、上面の穴から充填されている。抹茶味のクリームは、濃い緑色で、質感は伸びやすく、柔らかめ。甘さはかなり控えめで、抹茶の香りと苦みも強すぎず、食べやすい。

 全体としては、クリームに負けないぐらい皮の香ばしさが強く、ザクザクした皮の食感と、柔らかいクリームの質感のバランスも良い。

 香ばしい皮と、抹茶の香りがお互いを引き立て合う、おいしいシュークリームだと思います。





ほっぷしゅうくりーむ 麻布十番店「ほっぷしゅうくりーむ もんぶらん」


都道府県: 東京
最寄駅: 麻布十番
住所: 〒106-0045 東京都港区麻布十番2-11-3 ドエル麻布1F
購入店: ほっぷしゅうくりーむ 麻布十番店
商品名: ほっぷしゅうくりーむ もんぶらん
購入日: 2017年9月9日
税込価格: 350円

 シュークリーム専門店「ほっぷしゅうくりーむ」さんで購入した、モンブランのシュークリームです。

 同店の他のシュークリームとは異なり、シュー皮の上半分を切って、そこにモンブランクリームとマロングラッセを飾るように盛り付けている。結果としてモンブランとシュークリームを組み合わせたようなお菓子になっている。

 モンブランクリームは、甘さは中庸から、やや強め。同店のクリームは甘さ控えめのものが多いが、これは甘さをはっきりと感じる。質感は固め。モンブランに使用されるクリームとしては、平均的な質感に近い。マロングラッセも、甘さは中庸から、やや強め。栗の香りも残っている。

 マロンクリームの下には、きなこをまぶした餅が隠れていた。甘さは中庸で、食感ときなこの香りが、全体のアクセントになっている。

 シュー皮は、外側は硬め、内側はややしっとりした質感。香ばしさが強く、クリームやきなこ餅の味にも負けていない。

 モンブランクリームときなこ餅の下には、カスタードクリームは入っている。やや黄色味のあるクリーム色で、バニラビーンズの黒い粒も見える。固めで、かなり伸びにくく、しっかりした質感。甘さ控えめで、卵の味を強く感じる。

 香ばしく硬めの皮と、モンブランの組み合わせは相性が良いと思いました。前述したとおり、純粋なシュークリームというより、シュークリームとモンブランを合わせたケーキ、といった感じです。





ほっぷしゅうくりーむ 麻布十番店「ほっぷしゅうくりーむ パンプキンクリーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 麻布十番
住所: 〒106-0045 東京都港区麻布十番2-11-3 ドエル麻布1F
購入店: ほっぷしゅうくりーむ 麻布十番店
商品名: ほっぷしゅうくりーむ パンプキンクリーム
購入日: 2017年9月9日
税込価格: 200円

 オフィシャルサイト上では、「季節の風」という商品名で紹介されている季節限定のシュークリーム。9月の麻布十番店では、パンプキンクリームのシュークリームを販売していました。

 シュー皮はかなり硬め。外側はザクザクで、内側はしっとりした食感。密度も高く、ぎっしりとした生地。味も非常に香ばしさが強い。

 クリームは、サイドの穴から充填されている。クリームは、前述のとおりパンプキンクリームで、色は黄色。かぼちゃの色のおかげだろうが、通常のカスタードクリームよりも、鮮やかではっきりとした黄色になっている。中庸から、やや固めの質感。やや伸びにくいが、ほどよく軽さのある密度で、重たくはない。

 甘さはかなり控えめで、かぼちゃの優しい甘さを活かした味。正直、かぼちゃはあまり好きではないのですが、このシュークリームは気にならずに、おいしくいただくことができました。





ほっぷしゅうくりーむ 麻布十番店「ほっぷしゅうくりーむ ショコラ」


都道府県: 東京
最寄駅: 麻布十番
住所: 〒106-0045 東京都港区麻布十番2-11-3 ドエル麻布1F
購入店: ほっぷしゅうくりーむ 麻布十番店
商品名: ほっぷしゅうくりーむ ショコラ
購入日: 2017年9月9日
税込価格: 200円

 ほっぷしゅうくりーむさんで購入したシュークリームです。こちらのお店は、商品注文後に皮にクリームを詰めてくれます。

 シュー皮は、かなり硬め。サクサクというより、ザクザクとした食感。外側はザクザクだが、内側はもっちりとした食感。味は香ばしさが強い。クリーム充填用の穴は、サイドにひとつ開けられている。

 クリームは、カスタードクリームをベースに、ココアとチョコレートを含んだもの。色は薄い茶色で、みずみずしく、柔らか目の質感。甘さはかなり控えめで、チョコレートの香りと苦みが感じられる、濃厚だが、しつこくなくすっきりした味。

 香ばしい皮と、甘さ控えめのチョコレートのクリームのバランスが良いと思います。ザクザク食感も面白い。





ほっぷしゅうくりーむ 麻布十番店「ほっぷしゅうくりーむ カスタード」


都道府県: 東京
最寄駅: 麻布十番
住所: 〒106-0045 東京都港区麻布十番2-11-3 ドエル麻布1F
購入店: ほっぷしゅうくりーむ 麻布十番店
商品名: ほっぷしゅうくりーむ カスタード
購入日: 2017年9月9日
税込価格: 180円

 大阪発のシュークリーム専門店、ほっぷしゅうくりーむさんの麻布十番にある店舗に行ってきました。シュークリーム以外にも、ソフトクリームやパンなども販売していました。

 シュークリームは、全て注文を受けてからクリームを入れるシステムのようだ。5種類のシュークリームを購入したが、全てその場でクリームを詰めてくれた。クリームは、上面のやや横側に穴から充填されている。

 楕円形で、ラグビーボールを思わせる形状をしている。また、シュー皮はカップケーキのように、カップに入っている。シュー皮は、かなり硬め。外側はカリカリ、ザクザクした食感で、内側はややしっとり、もっちりした食感。味は、香ばしさが非常に強い。クリームと合わせても、はっきりと香ばしさが感じられる。

 クリームは、やや薄めのクリーム色のカスタードクリーム。バニラビーンズの黒い粒も見える。質感は、みずみずしく、柔らかめ。甘さは、やや控えめで、ミルクと卵の風味が感じられる。





リンコス「イタリアマロンのシュークリーム」


購入店: リンコス
商品名: イタリアマロンのシュークリーム
購入日: 2017年9月4日
価格: 98円 (税抜)

製造者: 株式会社モンテール
カロリー: 199kcal

 マルエツ系列のスーパー、リンコスで購入したシュークリームです。製造者はコンビニやスーパーのスイーツを多数手がけるモンテール。

 シュー皮は柔らか目で、コンビニやスーパーのスタンダードなシュークリームの質感に近いが、やや弾力性のある生地。味も、特に主張が強いわけではなく、少し香ばしさを感じる。

 クリームは、底面部ではなく、上面の穴から充填されている。包装袋の画像のとおり、マロンクリームとマロンペーストが入っている。

 マロンクリームは、わずかに茶色味があるが、白に近い色。質感は柔らかく、甘さは中庸。栗の香りが、はっきりと感じられる。

 マロンペーストは薄い茶色。質感は柔らか目で、マロンクリームよりも、粘度が高い。甘さと栗の香りも、マロンクリームよりも強く、濃厚。

 クリームとペーストともに、栗の香りが思ったよりも本格的で、甘さをはっきりと感じるクリームだが、しつこさは感じませんでした。この価格のスーパーのシュークリームとしては、十分なクオリティだと思います。