ローソン「もっちっちバニラシュー」


購入店: ローソン
商品名: もっちっちバニラシュー
購入日: 2019年5月3日
税込価格: 165円

製造者: 山崎製パン株式会社
カロリー: 274kcal

 ローソンで購入した「もっちっちバニラシュー」。商品名のとおり、シュー皮もクリームもモッチリとしたシュークリームです。セブンイレブンのもこシリーズをはじめ、最近はモチモチ食感を売りにしたスイーツが多いですね。

 公式サイトの商品ページには「生地だけでなくクリームももちもちさせた食感のシュークリーム。もち米粉とタピオカでんぷんを生地とクリームにも加えました。クリームは生クリームに練乳・バニラビーンズを加え、バニラ味に仕立てました。」と記載。

 シュー皮は柔らかめ。厚みがあるわけでもありませんが、独特のモチモチ感と弾力性があります。そのため、主張の強い味があるわけではありませんが、シュー皮自体の味が感じやすいです。

 中に充填されるクリームは、シュー皮と同じく真っ白。その中にバニラビーンズの黒い粒が見えます。生クリームともカスタードクリームとも言えないクリームですが、密度が高く、質感も固め。こちらもシュー皮と同様、モチモチ感があり、独特の粘度の高さです。

 また、皮の中にほとんど隙間なくギッシリとクリームが充填されているため、食べると中からクリームが溢れ出てくるような感覚もあります。クリーム充填用の穴は、上部にひとつ。

 甘さは中庸から、やや強め。バニラの香りも強いですが、ミルクっぽさも感じられ、穏やかな甘さ。商品名にも冠されているとおり、バニラの香りはハッキリとするのですが、やや香料っぽいと言うべきか、平面的でわざとらしい味に感じました。

 サイズは小ぶりですが、前述のとおりクリームの密度が高めで、ギッシリと充填されているため、手に持ったときには想定より重く感じました。





ローソン「濃厚カスタードのさくっとシュー」


購入店: ローソン
商品名: 濃厚カスタードのさくっとシュー
購入日: 2019年5月3日
税込価格: 150円

製造者: コスモフーズ株式会社 入間工場
カロリー: 202kcal

 ローソンで購入した「濃厚カスタードのさくっとシュー」です。包装袋が透明ではなく、中が見えないのは、何気に珍しいですね。

 見た目には、特に変わったところはなく、スタンダートなコンビニのシュークリーム然としています。

 公式サイトの商品紹介ページには「生地はおいしくサクッとした食感に仕立てています。しっかりした生地に合わせるカスタードクリームは卵感を感じられる仕立てにしました。」と記載。

 開封すると、前述のとおりスタンダードな見た目のコンビニシューが姿をあらわします。

 サイズは小ぶり。最近のコンビニのスイーツは、この商品に限らず、サイズが小さくない!?と思うものが、わりとありますね。

 シュー皮は、やや硬め。ただ、わかりやすくサクサク感があるわけではなく、思ったより堅くはありません。あくまでコンビニのシュークリームの皮の延長線上の質感。やや厚みがあるため、しっかりとした食感があります。

 味は、特に主張が強いわけではありませんが、前述のとおり厚みがあるため、香ばしさが感じられます。商品説明のとおり、コンビニのシュークリームにしては、小麦感と塩気もあります。

 中に充填されるのは、商品名のとおりカスタードクリーム。色は、黄色味の強いクリーム色で、質感はやや固め。粘度もあり、ねっとりと伸びる質感。クリーム中には、バニラビーンズの黒い粒も、ハッキリと見えます。

 甘さは中庸。ハッキリと感じられる質の甘みですが、思ったよりも控えめ。卵のコクとバニラの香りが、甘さに負けずに感じられるため、甘さがしつこくならずに、濃厚な味にまとまっています。

 しっかりと厚みのある皮が、クリームの甘みを中和しつつ、香りを引き立て、理想的なバランスのシュークリームです。





まいばすけっと「パイシュー レアチーズクリーム」


購入店: まいばすけっと
商品名: パイシュー レアチーズクリーム
購入日: 2019年1月25日
税込価格: 84円

製造者: 山崎製パン株式会社
カロリー: 254kcal

 イオン系のスーパー「まいばすけっと」で購入したシュークリームです。

 製造者は山崎製パン。同社のシュークリームは、季節ごとに味を変え、まいばすけっとで販売されています。

 毎回思うのですが、価格は税込84円と、とにかく安い!

 シュー皮は、やや硬め。表面には若干のサクサク感もありますが、どちらかと言うとサクサク感よりも、パイ生地特有のしっかりとした食感が前面に出ています。

 やや厚みがあり、生地の密度も高く、噛みごたえの感じられる質感です。厚みがあり、食感もしっかりとしているために、皮自体の味も感じやすくなっています。香ばしく、若干の塩気もあります。

 中に充填されるのは、商品名のとおりレアチーズクリーム。やや小ぶりなサイズのシュークリームですが、中にはクリームがぎっしりと詰まっています。

 クリームの色は、やや黄色味のある、白に近いクリーム色。質感は固めで、粘度のあるクリーム状ではなく、固体に近いです。

 クリームの密度はやや高めですが、ほどよく空気を含んでおり、軽さもあります。

 甘さは、やや控えめですが、思ったよりハッキリと感じられます。しかし、チーズの酸味があるため、しつこくは感じません。

 酸味も控えめで、甘さとのバランスが取れていて、角の立っていない優しい味と言えます。レアチーズにしては、甘さもハッキリと感じられますが、さわやかな酸味が、甘みを中和するバランス。

 固体に近い質感も相まって、レアチーズケーキのようにも感じられます。

 前述したとおり、税込84円という価格を考えるとコスパは良いです。というより、この価格ならよっぽど不味くない限りは、満足できるでしょう。





銀座コージーコーナー「ジャンボシュークリーム (濃い苺味)」


購入店: 銀座コージーコーナー
商品名: ジャンボシュークリーム (濃い苺味)
購入日: 2019年1月14日
税込価格: 151円

 コージーコーナーで購入した、袋入りのシュークリームです。

 オフィシャルサイト上の商品説明には「苺が濃い! 甘酸っぱい苺の風味とまろやかな口あたりがクセになる、春を味わう苺のシュークリーム。」と記載。

 「ジャンボシュークリーム」と銘打っているとおり、やや大ぶりサイズのシュークリームです。

 前述のとおり、袋に個包装された状態で販売されており、コンビニやスーパーのシュークリームに近い雰囲気。

 シュー皮は柔らかめで、コンビニのシュークリームに近い質感と言えます。味にも、特に強い主張はありませんが、若干の香ばしさは感じられます。

 充填されるクリームは、商品名のとおり苺を用いたクリーム。粘度は低く、やわらかめで、みずみずしい質感。密度もそれほど高くないため、ややこぼれやすい質感です。

 味は「濃い苺味」を謳っているとおり、甘さは控えめで、イチゴの香りが前面に出てくるバランスであるのは、間違いありません。

 ただ、苺のキリッとした酸味はそれほど強くなく、甘さは控えめではありますが、カドのない穏やかな味。

 原材料を確認すると、バニラシードも使われているようですが、カスタード感は薄く、苺の香りを活かした味にまとめようという意図が感じられます。

 そして、実際に苺を中心とした味になっています。苺の香りも特別強いわけではないのですが、人工的なわざとらしい香りではなく、上品な味。

 人工物もある程度は使っているのでしょうが、自然な苺の香りを感じられます。

 やや大きめのサイズのシュークリームですが、クリームは軽くて食べやすく、味も苺本来の味を活かしているため、しつこく感じることは無いと思います。

 子供の頃、コージーコーナーのジャンボシュークリームをお土産などでもらうと、とても嬉しかった記憶があります。

 昔と変わらない個包装での販売、やや大きめのサイズなど、食べていてなんだか懐かしい気持ちになりました。定番のロングセラー商品って、いいですね。





銀座コージーコーナー「Wシュー (濃厚苺クリーム&カスタード)」


購入店: 銀座コージーコーナー
商品名: Wシュー (濃厚苺クリーム&カスタード)
購入日: 2019年1月14日
税込価格: 210円

 コージーコーナーで購入したWシュー。シュー皮を二つに切り、そのなかにクリームを入れるタイプのシュークリームです。

 同店のWシューは、生クリームとカスタードを使った「クリーム&カスタード」は通年の商品のようですが、このたび購入した「濃厚苺クリーム&カスタード」のように、季節限定の商品がたびたび投入されます。

 商品名のとおり、イチゴを使ったクリームと、カスタードクリームを用いたシュークリーム。

 オフィシャルサイト上の商品説明には「濃厚苺クリームの甘酸っぱさとカスタードのやさしい甘みがとけ合う、Wのおいしさを味わえるシュークリームです。」と記載されています。

 シュー皮の硬さは、中庸からやや柔らかめ。ドライな質感ですが、サクサク感の強いタイプの皮ではありません。

 語弊を恐れずに言えば、コンビニやスーパーのソフトな質感のシュークリームの上位互換。コンビニのシュークリームに比べれば厚みがあり、前述のとおりドライで、表面には若干のサクサク感もあります。

 味は、際立った主張は無し。ですが、ドライな質感のためか香ばしさはあり、クリームの味を引き立てる役目は、十分に果たしています。

 クリームは商品説明のとおり、苺クリームとカスタードクリームの2種。切り口から見えるのは、ピンク色の苺クリームのみですが、土台部分にはカスタードクリームが入っています。

 画像でも確認できるとおり、苺クリームは薄いピンク色。粘度が高いクリーム状ではなく、固体に近い、固めの質感。ただ、それなりに空気を含んでいるため軽さもあり、重たさはありません。

 甘さは控えめ。苺の香りと酸味の方が、甘さよりも前面に出てくるバランス。苺の香りは特別強いわけではないのですが、人工的なイチゴ味ではなく、苺そのものの香りが感じられる上品な味。

 カスタードクリームは、ややオレンジ味のある黄色。こちらは粘度が高く、まったりとした固めの質感。密度が高く、ずっしりとしています。

 甘さは、やや強め。粘度と密度の高い質感とも相まって、重厚な味です。しかし、後味はスッキリとしていて、甘さは強めながら、しつこさは感じません。

 酸味とイチゴの香りが前面に出た苺クリームと、はっきりとした甘さのカスタードクリーム。ぶつかりそうな両者ですが、思いのほか自然に調和し、お互いの味を和らげていました。

 イチゴ感も十分に感じられるシュークリームです。





ビアードパパ 上野ABAB店「贅沢いちごシュー」


都道府県: 東京
最寄駅: 上野
住所: 〒110-0005 東京都台東区上野4-8-4 上野ABAB店内 1F
購入店: ビアードパパ 上野ABAB店
商品名: 贅沢いちごシュー
購入日: 2019年1月13日
税込価格: 230円

 ビアードパパで購入した、季節限定の「贅沢いちごシュー」です。

 ビアードパパでは月替りで限定のシュークリームが登場しますが、こちらの商品は1月1日から2月28日までの2ヶ月間限定。

 オフィシャルサイト上の商品説明ページには「北海道産のコク深い生クリームに、甘酸っぱい苺の美味しさをギュッと詰め込んだ贅沢な味わい。」と記載されています。

 「贅沢いちごシュー」という名称のとおり、クリームに苺を使用したシュークリームです。

 シュー皮は、やや硬め。軽く、サクサク感の強い食感です。味は香ばしさが強く、小麦の香りもほんのりと感じられます。

 シュー皮の上から振りかけられているのは、フリーズドライにした苺のパウダーと、粉糖のようです。いずれの味も、ハッキリとは感じませんが、甘さと酸味がわずかに伝わります。

 シュー皮の香ばしさとのコントラストで、甘さと酸味が感じられるのは事実なので、飾り以上の役割を、十分に果たしていると言えるでしょう。

 中に充填されるのは、前述のとおり苺を用いたクリーム。色は薄いピンク色で、ところどころ苺の果肉の赤い色が見えます。

 質感は、やや柔らかめ。粘度は低めで、空気をそれなりに含み、ムースのようにも感じられます。

 甘さは控えめで、酸味はやや強め。商品説明に「甘酸っぱい苺の美味しさをギュッと詰め込んだ」とありますが、その説明どおり、甘さよりも酸味の方が前面に出てくるバランス。

 シュー皮によって、ある程度は中和されますし、酸味が強すぎると感じることはないと思います。

 また、苺に由来する酸味で、苺の香りも強く感じられます。香料を使用したイチゴ味ではなく、苺そのものを活かした味と言えます。

 キリッと爽やかな酸味ではあるのですが、香りと一体となり、トゲが強い部類の酸味ではありません。

 商品説明に偽りなく、確かにイチゴ感が強く感じられるシュークリームです。





ビアードパパ 上野ABAB店「ニューヨークチーズケーキシュー」


都道府県: 東京
最寄駅: 上野
住所: 〒110-0005 東京都台東区上野4-8-4 上野ABAB店内 1F
購入店: ビアードパパ 上野ABAB店
商品名: ニューヨークチーズケーキシュー
購入日: 2019年1月13日
税込価格: 230円

 ビアードパパの期間限定「ニューヨークチーズケーキシュー」です。

 その名のとおり、酸味の効いたニューヨークチーズケーキをモチーフとしたシュークリーム。

 オフィシャルサイト上の商品紹介ページには「さっくりタルト生地がアクセントのシュー皮に、シンプルながらもなめらかなチーズケーキクリームを詰め込んだ、“でこぼこ食感が楽しい”シュークリーム。」と記載。

 店頭の看板は「New York チーズケーキシュー」の表記になっていました。

 ビアードパパのシュークリームは、パイシュー、クッキーシュー、パリブレストなど、シュー皮の種類を選べるものが多いですが、ニューヨークチーズケーキシューはタルト生地を使った皮がデフォルトになっているようです。

 シュー皮は、やや硬め。ドライでサクサク感もあります。前述のとおり、ところどころタルト生地が乗せられていて、このタルト部分は非常に硬め。

 サクサク感というより、ザクザク、カリカリに近い食感。硬めのビスケットのようです。しかし、ドライで軽さもあり、シュー皮が持つサクサク感の延長線上の食感とも言えます。

 味は、香ばしく、小麦っぽさも感じられます。タルト部分は厚みもあり、他の部分にも増して、香ばしさを強く感じます。ほんのりと甘い香りもあり、単体の焼き菓子としても、成立しそうな味です。

 なかに充填されるクリームは、チーズを含んだクリーム。色は白に近い、ごく薄いクリーム色です。

 質感は、やや柔らかめ。やや粘度が低く、水分の多い、なめらかでみずみずしい食感。

 クリームチーズの爽やかな酸味が、前面に出てくる味ですが、甘さも感じます。中庸から、やや弱めぐらいでしょうか。もっと甘さを抑えた味を想像していたので、思ったよりしっかりと感じられる甘みです。

 商品説明に、チーズクリームではなく「チーズケーキクリーム」との記載がありましたが、確かにチーズケーキの甘さと酸味のバランスに近い味わい。

 土台部分がサクサクのタルトになったチーズケーキがありますが、こちらのシュークリームも、なめらかなクリームと、サクサクのシュー皮のバランスが、レアチーズケーキのようにも感じられます。

 僕はシュークリームだけでなく、チーズケーキも好きなんですけど、クリームと皮を楽しむシュークリームの良さと、チーズケーキの味と食感を併せ持つ、バランスの良い一品だと思います。





カレー屋ジョニー お茶ノ水店「コルマカリー」


都道府県: 東京
最寄駅: 御茶ノ水
住所: 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-5
店名: カレー屋ジョニー お茶ノ水店
商品名: コルマカリー (並)
来店日: 2019年1月13日
税込価格: 880円

 JR御茶ノ水駅のすぐ近く。「カレー屋ジョニー お茶ノ水店」に、2回目の訪問です。

 場所はJR御茶ノ水駅の聖橋口を出て左へ。歩いてすぐのところにあります。

 前回は「ロースカツカレー」を注文しましたが、今回は前回の訪問のさいに気になった「コルマカリー」を選択。食券制で、入口の左手側に券売機があります。

 メニュー表記は「カレー」ではなく「カリー」です。「大人のカレーシリーズ」と銘打たれたメニューがあり、この「コルマカリー」のほかに「カシミールカリー」があります。

 いずれも、ほかのメニューより少し価格が高め。本格的なスパイスカレーを目指したメニューのようです。

 揚げ物などのトッピングをしていないためか、食券を渡すと、ほとんど待たずに提供されました。

 画像のとおり、ライスとルーが別々に提供。正直、コルマカリーあるいはコルマカレーというものを、今までに食べたことはなかったのですが、「コルマ」とはヨーグルト、生クリーム、ナッツなどのペーストをベースに作られる料理だそうです。

 店頭にかかげられたメニュー表にも「玉葱をたくさん使いヨーグルト仕立てのパキスタンカレー」と記載されています。

 ルーは、赤っぽい色。粘度は高くありませんが、前述のとおりタマネギが大量に入っており、サラサラの水っぽい質感ではありません。

 味は、一口目は甘め。その後に、トマトの酸味が追いかけてきます。しかし、酸味は角がまるく、全体としてはマイルドな味です。

 スパイスの香りも伝わってくるのですが、辛味はかなり弱め。わずかにピリッと感じる程度。

 具は、タマネギのほかに、ジャガイモと鶏肉が入っています。ジャガイモは、一口で食べられるサイコロサイズ、鶏肉は一口大よりやや大きめ。

 タマネギはじっくりと煮込まれ、おそらく形がなくなり、とけこんだ部分も多いのだと思います。ジャガイモは、あとから投入されているのか、ホクホク感の残る食感。

 鶏肉は、旨味もありますが、ややクセのある味。味つけではなく、肉自体にくさみがあります。とはいえ、スパイスの効いたカレーですし、気になるレベルではありません。

 このお店のほかのカレーに比べると割高ではありますが、スパイスの種類と量も多いのがわかりますし、かなり企業努力されているにでは、と思います。

 ほかにコルマカレーを食べたことがないので、比較することはできませんが、カレースタンドのような店舗の1000円以下のカレーとしては、良いクオリティと言えるでしょう。

 ただ、僕はスパイス系のカレーよりも、欧風カレーや日本風のカレーライスの方が好きなので、同店の通常のカレーの方が好み。





スマトラカレー共栄堂「ビーフカレー」


都道府県: 東京
最寄駅: 神保町
住所: 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-6 サンビルB1
店名: スマトラカレー 共栄堂
商品名: ビーフカレー
来店日: 2019年1月12日
税込価格: 1350円

 御茶ノ水や神保町あたりには、書店やCD屋をめぐりによく行くのですが、こちらのカレー屋には足を運んだことがありませんでした。

 カレー激戦区の神保町に店をかまえる老舗「共栄堂」です。大正13年創業とのことで、多くのカレー店がひしめく神保町のなかでも、おそらく最古のお店のはず。

 店頭の看板にも記載されているとおり、スマトラカレーを提供しています。

 土曜の11時過ぎ、雪が舞うなか、友人と共に行ってきました。場所は、地下鉄の神保町駅A5出口を出て、左へ。靖国通りを、三省堂書店や小川町の方向へ歩いたところにあります。

 駅の出口からだと、徒歩1〜2分ほど。「スマトラカレー 共栄堂」という立て看板がある建物の地下1階です。

 神保町は大学の多い学生街ですし、数多くの出版社もあります。平日よりも、むしろ土曜の方が空いているのではないか、という読みで土曜に訪問しました。

 前述のとおり、開店直後の11時過ぎに入店しましたが、すでに半分ぐらいの席が埋まっています。僕が入店したあとも、外での待ちはないものの、コンスタントに来客があり、ほぼ満席の状態がつづいていました。人気店であることが窺えます。

 メニューは、店頭の立て看板にも一部が記載されていますが、ポーク、チキン、ビーフ、エビなど各種カレーがあります。店員さんに聞いたところ、具材だけでなく、ルーの味もすべて異なるそうです。

 はじめての入店ですし迷いましたが、ビーフカレーを選択。注文後、数分で提供されました。思いのほか提供までの時間が短いです。

 ライスとルーの他に、ポタージュスープがデフォルトで付いてきます。写真を撮り忘れてしまいましたが、卓上には福神漬けとラッキョウも有り。

 ライスは、かために炊かれていて、カレーとの相性も良い感じです。

 カレールーは、画像のとおり黒め。小麦粉を使用していないとのことで、粘度が低く、サラリとした質感です。

 「スマトラカレー」とは、その名のとおりインドネシアのスマトラ島のカレーらしいのですが、今までに食べたことはありません。

 期待を胸に、まずは一口。欧風カレーとも、インド系のスパイスカレーとも異なる味が、口に広がります。

 おそらく塩や砂糖はほとんど、あるいは全く使っていないのだと思いますが、ハッキリとした塩気や甘味ではなく、独特の苦味とコクが広がっていきます。

 そのあとに追いかけてくる、スパイスのキリッとした辛味。若干の酸味も感じられます。

 前述したとおり、わかりやすい塩気がないため、一口目を食べた瞬間は「ちょっと味が薄いかも?」と思いましたが、コクが深く、多様な香りが広がっていくため、味が薄いとま全く感じません。

 食べ進めるうちに、舌と鼻がなれてきて、様々な香りが立ちのぼってきます。香ばしい苦味と、深いコク。スパイスによる複雑な辛味。

 ほかに似ているものが思い浮かばない、独特の味です。ただ、間違いなく美味しいです。

 僕はスパイス系のカレーよりも、甘味をもった欧風カレーの方が好きなのですが、欧風カレーとは違うのですが、どこか通じるところもあります。

 欧風カレーから甘さを抜き、スパイスの種類と香りを、増した感じというんでしょうか。とにかく、一言ではあらわせない、深い味わいを持っています。

 具は、一口大ぐらいのビーフがいくつか。ほどよく肉の噛みごたえの残る柔らかさです。ビーフの香り、旨味も残っています。

 今回はビーフカレーを注文しましたが、ボークやチキンなどそれぞれルー自体の味が異なるとのことなので、他のメニューも気になります。

 神保町界隈だと、ボンディ、ガヴィアル、ペルソナの欧風カレー屋がお気に入りなんですけど、今後は共栄堂にも足を運びそうです。





まいばすけっと「たっぷりクリームツインシュー 濃厚チョコクリーム&ホイップ」


購入店: まいばすけっと
商品名: たっぷりクリームツインシュー 濃厚チョコクリーム&ホイップ
購入日: 2019年1月11日
税込価格: 84円

製造者: 山崎製パン株式会社
カロリー: 280kcal

 イオン系のスーパー「まいばすけっと」で購入したシュークリームです。

 「たっぷりクリームツインシュー」のシリーズは、定期的に季節限定の商品がリリースされるため、たびたび購入しています。

 今日、購入したのは「濃厚チョコクリーム&ホイップ」。その名のとおり、チョコクリームとホイップクリームの入ったシュークリームです。

 シュー皮は薄く、柔らかめ。コンビニやスーパーのシュークリームの平均的な質感で、とくに強い個性はありません。

 味覚の面でも、若干の香ばしさは感じられますが、特筆すべき味は無し。

 充填されるクリームは、前述のとおりチョコクリームとホイップクリームの2種。個体差もあるとは思いますが、基本的にはチョコクリームが下、その上にホイップクリームが載る2層構造となっています。

 チョコクリームは、かなり濃いめの茶色。黒に近い色をしています。固めの質感ですが、粘度が高いわけではなく、個体に近い、ムースのような食感。ただ、ムースほどは軽くなく、ほどよく密度があります。

 「濃厚」とうたっているとおり、この価格帯のスーパーの商品にしては、甘さが控えられ、チョコレートの風味を活かした味。

 甘みよりも、苦味の方が前面に出てくるバランスですが、苦味もそこまで強いわけではありません。それぞれの味は、突出して強いわけではないのですが、苦味も甘みもハッキリと感じられ、全体的には濃厚な味と言えます。

 ホイップクリームは、水分が多く、やわらかい質感。粘度も低めで、注意しないと、こぼれてきそうな質感です。

 甘さは控えめ。ミルク感も弱く、淡白でスッキリとした味です。チョコクリームの濃厚さを中和するという意味では、バランスは良いと思います。

 「濃厚チョコクリーム&ホイップ」という商品名ですが、正直そこまで濃厚というわけでも、本格的な味つけでもありません。

 とはいえ、税込84円という価格を考えれば、十分なクオリティ。この価格で、できるかぎり濃厚で、本格的な味を目指したシュークリームでしょう。





シュークリームが好きです。でも、あーりんのほうがもっと好きです。コンビニから有名店まで、食べたシュークリームの感想を綴っています。