ボビーユーハイム エキュート品川店「春のシュークリーム (ちょうちょ)」


都道府県: 東京
最寄駅: 品川
住所: 〒108-0074 東京都港区高輪3-26-27 JR東日本品川駅構内
購入店: ボビーユーハイム エキュート品川店
商品名: 春のシュークリーム (ちょうちょ)
購入日: 2018年3月27日
税込価格: 302円

 バウムクーヘンが有名な洋菓子店「ユーハイム」のサブ・ブランド、「ボビーユーハイム」で購入したシュークリームです。

 店頭ショーケース内のポップには「下にカスタードクリーム その上にストロベリークリームを絞った甘ずっぱい味」と記載されていました。

 シュー皮の堅さは中庸で、サクサク感はありませんが、パンのような弾力があり、ややしっかり目の食感。味は、香ばしく、若干の塩気を感じます。生地自体の味が、しっかりと感じられる味。

 クリームの上に載るチョコレートは、パリッとした硬めの食感。甘さは中庸から、やや控えめ。かぼちゃのような、マロンのような香りも感じられましたが、特定はできません。

 ストロベリーのクリームは、やや固めで伸びにくく、空気を含んだ軽い食感。味は、甘さ控えめで、苺の香りと酸味が前面に出てきます。どれぐらいの量の苺を使用しているのかは分かりませんが、「イチゴ味のクリーム」ではなく、苺そのものの味が感じられます。コンビニ等の苺のクリームとは、一線を画する味。

 ストロベリークリームの下には、カスタードクリーム。軽めの食感のストロベリークリームに比べて、固めで密度も高く、しっかりした食感。色は、薄い黄土色で、中にはバニラビーンズの粒も見えます。

 甘さは中庸ですが、苺の酸味との対比で、はっきりと感じられます。卵のコクが、強く感じられるクリーム。甘すぎないため、さわやかなストロベリークリームとの相性も良いと思います。

 同時に購入した「春のシュークリーム (うさぎ)」よりも、苺の味が前面に出たシュークリームです。「うさぎ」は、苺を一粒使っていて、ビジュアル的には苺が前面に出ていますが、全体としての苺の風味はこちらの「ちょうちょ」の方が遥かに強いです。





ボビーユーハイム エキュート品川店「春のシュークリーム (うさぎ)」


都道府県: 東京
最寄駅: 品川
住所: 〒108-0074 東京都港区高輪3-26-27 JR東日本品川駅構内
購入店: ボビーユーハイム エキュート品川店
商品名: 春のシュークリーム (うさぎ)
購入日: 2018年3月27日
税込価格: 302円

 バームクーヘンで有名なユーハイム。そのサブ・ブランド「ボビーユーハイム」で、シュークリームを購入しました。

 2018年3月現在、関東に4店舗を展開しており、その全てがJR東日本の駅構内にあります。今回はエキュート品川内にある店舗に行ってきました。

 「春のシュークリーム」という商品名で、「うさぎ」と「ちょうちょ」の2種類のシュークリームが販売されていました。この記事は「うさぎ」の感想です。

 店頭ショーケース内には、大きめのポップがあり、そこには「下にカスタードクリーム その上に生クリームを絞り いちごを丸ごと一粒のせました」と記載されていました。

 シュー皮の堅さは中庸。サクサク感はありませんが、パンのような噛み応えのある生地です。味は、香ばしさがあり、若干の塩気も感じるぐらい、生地自体の味が感じられます。

 クリーム部にあしらわれた、うさぎ型のチョコレートは、パリッとした硬めの食感。甘さは中庸からやや強めに感じる、ホワイト・チョコレートです。

 苺は、甘さも酸味も控えめのすっきりした味。クリームとのバランスを考えると、ちょうどよい味だと思います。

 生クリームは、やや固めで伸びにくい質感ですが、空気を含みフワッとした軽い食感。甘さは控えめで、ミルクの風味が優しく香る味。

 生クリームの下のカスタード・クリームは、やや固めで、密度も高く、しっかりした食感。色は、薄い黄土色で、ところどころバニラビーンズの粒も見えます。

 甘さは中庸。卵のコクが強く、カスタードプリンのような味。軽めの生クリームとのバランスも良いと思います。

 「春のシュークリーム」という商品名のとおり、苺を使用した春を感じさせるシュークリームですが、思ったよりは苺が前面に出てくるわけではなく、スタンダードなシュークリームに、アクセントして苺を使用した印象です。





アトリエ・ド・リーブ 白金本店「クッキーシュー」


都道府県: 東京
最寄駅: 白金台
住所: 〒108-0071 東京都港区白金台4-5-6 大野ビル1F
購入店: アトリエ・ド・リーブ (Atelier de Reve) 白金本店
商品名: クッキーシュー
購入日: 2018年3月26日
税込価格: 220円

 白金台駅のほど近くにある「アトリエ・ド・リーブ」さんに行ってきました。場所は地下鉄の白金台駅2番出口から、徒歩1分以内です。駅の出口からは近いのですが、白金台駅はかなり地下深くにあるようで、駅のホーム階から地上に上がるまでに、けっこう時間がかかります。

 近くには、八芳園やシェラトン都ホテル東京、外苑西通り(プラチナ通り)などがあり、観光地というわけではありませんが、散歩をするには雰囲気の良いエリアです。

 購入したのは「クッキーシュー」という商品名のシュークリームです。ショーケース内の商品説明には「さっくり焼き上げたクッキーのシュー皮の中にコクのあるカスタードクリームを絞りました」と記載。

 シュー皮はやや硬め。クッキーシューとのことですが、サクサク感はあまりなく、しっとりとした食感です。やや厚みがあり、噛み応えもあります。クッキーというより、全体としてはパンに近い食感。

 皮は切れ込みをいれて、中にクリームを入れるタイプです。上部と下部の皮は、完全には分離していません。

 味は、表面には優しい甘さがあります。もう少し、はっきりした甘さを想像していましたが、思ったよりも素材を活かした味でした。小麦っぽさが感じられ、香ばしさもあります。

 クリームは、やや色の薄いカスタード・クリーム。やや固めの質感ですが、ほどよく空気を含んでいて、ふわっとした軽さもあります。味は甘さ控えめ。ミルクの香りと卵のコクが感じられますが、しつこくはなく、後味はすっきり。

 皮、クリームともに、素材の味が感じられるシュークリームです。また、サイズも大きめで、食べごたえがあります。

 下の画像は、同時に購入した「テベール」(税込400円)。抹茶のスポンジとムースが、交互に層になったケーキです。





メゾン・ド・プティ・フール南馬込店「エクレール・カフェ」


都道府県: 東京
最寄駅: 西馬込
住所: 〒143-0025 東京都大田区南馬込5-42-10 ディアステート南馬込104
購入店: メゾン・ド・プティ・フール 南馬込店
商品名: エクレール・カフェ
購入日: 2018年3月24日
税込価格: 410円

 西馬込駅のほど近くにある「メゾン・ド・プティ・フール南馬込店」さんで購入した「エクレール・カフェ」。商品名のとおり、コーヒーを使用したエクレアです。

 上から、プレート状のチョコレート、クリーム、シュー皮、ビスケットという4段構造になっています。

 プレート状のチョコレートは、コーヒー風味。甘さは中庸で、思ったよりはっきりと甘みを感じる味です。パリッとした食感。

 チョコレートの下のクリームも、コーヒー風味。こちらは甘さ控えめで、コーヒーの香りが非常に強いです。コーヒーらしい酸味も感じられて、コーヒー味のクリームというより、かなり本物のコーヒーに近い味がします。

 質感は柔らかく、軽め。伸びたり、垂れたりするような質ではなく、ふわっとした泡のような質感です。

 シュー皮はやや硬め。サクサク感はありませんが、パンのような噛み応えがあり、それなりの厚みもあってしっかりした食感。味も香ばしさが強く、クリームに負けず、生地自体の風味が感じられます。

 シュー皮の中のクリームは、コーヒーを含んだカスタードクリームのようです。上に載るクリームよりも、茶色が濃く、質感はなめらか。やや固めで、粘度も高めですが、クリームらしく伸びる質感です。

 甘さは中庸。はっきりと甘みを感じる味ですが、コーヒーの香りが前面に出てくるため、甘さが中和され、控えめに感じられます。

 一番下の土台部分のビスケットは、硬めでサクサクした食感。優しい甘さで、香ばしさも強く、単体の焼き菓子としても、美味しいです。

 コーヒーの味が前面に出たエクレアでした。甘さもほどよく、お子さんでも食べやすいバランスの味だと思います。





メゾン・ド・プティ・フール 南馬込店「エクレール・ショコラ」


都道府県: 東京
最寄駅: 西馬込
住所: 〒143-0025 東京都大田区南馬込5-42-10 ディアステート南馬込104
購入店: メゾン・ド・プティ・フール 南馬込店
商品名: エクレール・ショコラ
購入日: 2018年3月24日
税込価格: 410円

 西馬込駅近くにある「メゾン・ド・プティ・フール南馬込店」さんで購入した「エクレール・ショコラ」です。その名のとおり、チョコレートをふんだんに使用したエクレア。

 1番上にプレート状のチョコレート、その下にプレートを支えるようにチョコレートのクリーム、その下にシュー皮、一番下にビスケットという構造になっています。

 上に載るプレート状のチョコレートは、甘さはほぼ無く、苦味とカカオの香りが強い、本格的な味。パリッとした食感です。

 プレートの下のクリームも甘さは控えめ。わずかに酸味を感じる、濃厚なチョコレートの味。固めの質感で、伸びにくく、クリームという感じの質ではありません。ほどよく空気を含んでいて、食感は軽く食べやすいです。

 シュー皮は、やや硬め。はっきりとしたサクサク感があるわけではありませんが、表面はドライで若干のザクッとした食感。しかし、ザクザクした硬さというわけではなく、ハード系のパンのようなサックリ感に近いです。味にもパンのような香ばしさがあり、生地自体の小麦の味が感じられます。

 シュー皮の中にクリームは、プレート下のクリームとは異なるものでした。プレート下のクリームよりも、茶色が濃く、質感は柔らか目。密度もこちらの方が高いです。味は、チョコレートの味が前面に出てくるところは共通していますが、こちらのクリームの方が、苦味が弱く、まろやか。甘さは控えめです。

 一番下のビスケットにもチョコレートが使われているようで、色は黒に近い茶色。甘さは控えめで、カカオの風味と、焼き菓子らしい香ばしさが口に広がります。サクサクした食感で、ほどよく軽さもあり、エクレアの土台としてアクセントになっています。

 冒頭にも書きましたが「エクレール・ショコラ」という商品名のとおり、チョコレートが前面に出たエクレアです。表面をコーティングするのではなく、クリームとプレート状のチョコレートで覆うことで、より複層的な味が実現していると思いました。





メゾン・ド・プティ・フール 南馬込店「サント・ノーレサクラ」


都道府県: 東京
最寄駅: 西馬込
住所: 〒143-0025 東京都大田区南馬込5-42-10 ディアステート南馬込104
購入店: メゾン・ド・プティ・フール 南馬込店
商品名: サント・ノーレサクラ
購入日: 2018年3月24日
税込価格: 529円

 西馬込駅近くにある「メゾン・ド・プティ・フール南馬込店」さんで購入した「サント・ノーレサクラ」。桜の季節限定の商品です。

 商品名は、店頭の表記は「サント・ノーレサクラ」、レシートの表記は「サントノーレSAKURA」となっていました。

 一番下は、土台となるビスケットのような生地。その上に小さなシュークリームが3つ載り、その上に桜を使用したクリーム。さらに、クリームに支えられるように、桜の花びらと葉を形づくったチョコレートが載る構造です。

 チョコレートは、甘さが中庸からやや強め。はっきりと甘さを感じる味です。葉のかたちの黄緑のチョコレートと、花びらのかたちのピンクのチョコレートの味の違いは、僕にはわかりませんでした。

 クリームは、空気を多く含み、軽い食感。柔らかい質感ですが、粘度は低く、伸びたり、垂れたりはしにくいです。色は、薄いピンク色。

 甘さは中庸からやや強めで、はっきりと感じますが、桜の爽やかな香りが前面に出てくるため、しつこさは感じません。

 プチシューのコーティングもピンク色をしていて、こちらにも桜が使用されているのだと予想しましたが、クリームの桜の香りが強く、コーティング単体の味はあまり確認できませんでした。甘さは、感じられます。

 プチシューの皮の硬さは中庸。サクサク感はありませんが、生地にはやや厚みがあり、しっかりした食感。一口で食べると、中からクリームがプチッと口の中であふれ出します。

 プチシューの中のクリームはカスタードクリームで、固めで粘度も高い質感。甘さは中庸で、バニラと卵のコクを感じる、しつこくはありませんが濃厚な味。桜のクリームの香りを、ほどよく中和し、カスタードの芳醇さをプラスしています。

 土台となるビスケットは、サクサクで香ばしい味。甘さは控えめですが、香りが高く、単体の焼き菓子としても成立しそうです。

 桜の香りが強すぎず、弱すぎず、桜のクリームだけでなく、カスタードも使用され、絶妙なバランスだと思いました。

 この季節になると、桜を使ったスイーツを作ってくださるパティスリーが多いですね。以前はそれほど好きではなかったのですが、ある時期から桜のスイーツの魅力に気づきました。本当に香りが良くて、日本人で良かった!と思います。





メゾン・ド・プティ・フール 南馬込店「シュー・ア・ラ・クレーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 西馬込
住所: 〒143-0025 東京都大田区南馬込5-42-10 ディアステート南馬込104
購入店: メゾン・ド・プティ・フール 南馬込店
商品名: シュー・ア・ラ・クレーム
購入日: 2018年3月24日
税込価格: 378円

 焼き菓子が有名な「メゾン・ド・プティ・フール」さんに行ってきました。今回お邪魔した南馬込店を含め、大田区内に3店舗を展開しています。

 南馬込店の場所は、都営浅草線・西馬込駅の南口から、徒歩1分以内です。シュークリームと2種類のエクレア、春限定のさくらのサントノーレを購入しました。この記事は、シュークリームの感想です。

 画像のとおり、シュー皮をふたつに切り、クリームを入れるタイプのシュークリームです。シュー皮の硬さは、中庸からやや硬め。表面には若干のサクサク感がありますが、内側はややしっとりとした食感です。パンのような、しっかりとした噛み応えがあります。

 味は、アーモンドの香ばしさが前面に出てきますが、生地自体にも香ばしさが感じられます。特に下部分の皮は、香ばしさが非常に強いです。粉糖の甘さは、あまり感じませんでした。

 クリームは、上に生クリーム、その下にカスタード・クリームが充填されています。

 生クリームは、やや柔らか目で、みずみずしい質感。空気を多く含んだ軽い食感の生クリームも多いですが、こちらの生クリームは密度が比較的しっかり詰まったタイプです。

 味は、甘さはやや控えめ。ミルクの風味が、口いっぱいに広がります。濃厚な味というわけではありませんが、すっきりとした甘さと、ミルクの味がはっきりと感じられるクリームです。

 前述したとおり、生クリームの下には、カスタード・クリーム。こちらは粘度が高く、やや固めの質感。甘さは中庸。バニラビーンズの黒い粒は見えませんが、バニラの芳醇な香りが前面に出てくる味です。卵のコクも感じられます。

 味が特別に濃いという感じではありませんが、奥から味が伝わってくるような、地に足の着いたしっかりとした味です。

 生クリームもカスタードも素材の味が感じられ、香ばしい皮とのバランスも良いです。完成度の高いシュークリームだと思います。





アトリエうかい エキュート品川「シューショコラ ピスターシュ」


都道府県: 東京
最寄駅: 品川
住所: 〒108-0074 東京都港区高輪3-26-27 JR東日本 品川駅構内 エキュート品川1F
購入店: アトリエうかい (Atelier UKAI) エキュート品川
商品名: シューショコラ ピスターシュ
購入日: 2018年3月23日
税込価格: 550円

 懐石料理の「うかい竹亭」、鉄板料理の「うかい亭」などのレストランを手掛ける「株式会社うかい」。アトリエうかいは、その「うかい」が運営する洋菓子店です。ケーキなどの洋菓子の他に、クッキーなどの焼き菓子も扱っています。

 2018年3月現在、たまプラーザ、品川、調布の3店舗を展開。この度は、品川にある店舗に行ってきました。場所は、JR品川駅の改札内です。

 購入したのは「シューショコラ ピスターシュ」。その名の通り、ピスタチオとチョコレートを使用したシュークリームです。店頭ショーケース内の商品説明には「イチゴのゼリーとピスタチオを合わせたチョコレートシュークリーム」と記載されていました。

 一番上に乗る星型のチョコレートは、甘さはかなり控えめで、苦味の方が前面に出てくる味。やや硬めで、パリッとした食感もあります。

 チョコレートを支えるクリームは、クリーム状というより固体と言った方がよいぐらい、固めのしっかりした質感。甘さは中庸で、ピスタチオの香りが強めに感じられます。しかし、しつこいという感じではなく、爽やかに鼻を抜けていく香り。

 シュー皮は、見た目からは硬めの質感を想像していましたが、柔らかくしっとりとした食感。クッキーのような優しい甘さと香ばしさがあり、単体で食べても焼き菓子として成立しそうな味。

 シュー皮の下のクリームは、チョコレートを支えていたクリームと同じもの。かなり硬めのしっかりした質感で、ピスタチオの風味がはっきりと感じられる味です。

 ピスタチオのクリームの下には、薄い茶色のチョコレートクリームが詰まっています。固さは中庸ですが、ピスタチオのクリームとの対比で、なめらかでソフトに感じられます。甘さは控えめで、苦味とチョコレートの香りの方が、前に出てくる味。

 チョコレートのクリームの中心部には、苺のゼリー。ゼリーというより、ジャムのような質感です。こちらも甘さは控えめで、苺の酸味と香りが、さわやかに香る味。チョコレートの苦味とのバランスも良いと思います。

 カスタードクリームを絞った、いわゆる普通のシュークリームとはちょっと違い、苦味と酸味が合わさる複層的な味をした一品です。個人的には気に入りましたが、苦手な人もいるかもしれません。





エクセルシオール カフェ「エクレア」


購入店: エクセルシオール カフェ (EXCELSIOR CAFFÉ)
商品名: エクレア
購入日: 2018年3月18日
税込価格: 350円

 株式会社ドトールコーヒーが運営するカフェ・チェーン、エクセルシオール カフェでエクレアを購入しました。ショーケース内の商品説明には「カスタードクリーム入りの定番エクレア」と記載。

 シュー皮は、中庸からやや柔らかめの質感ですが、パンのような噛みごたえのあるしっかりした食感。パリパリ感はありません。

 香ばしさが特別強いわけではありませんが、皮自体の味は感じられます。麦の味がはっきりとまでは言いませんが、こちらも食感と同じくパンのような味に感じます。

 コーティングのチョコレートは、パリパリではなく、ややしっとり。甘味と苦味はどちらも強くなく、あっさりとしていて食べやすい味です。

 個体差もあるのかもしれませんが、クリーム充填用の穴がサイドに開いており、手づかみだと食べにくく感じました。そのため、フォークが具されるようです。

 中のクリームは、白に近い薄いクリーム色のカスタード。バニラビーンズらしき黒い粒も見えます。質感は、みずみずしく柔らかめ。味は、甘さは中庸。バニラの香りが、爽やかに前面に出てきます。

 バニラの香りのおかげで、チョコレートと皮の味が引き立ち、全体としてのバランスは良いと思います。

 専門の洋菓子店と比較するとさすがに負けますが、なかなか美味しいエクレアでした。350円という価格を考慮すると、正直コスパはあまり良くないかなと思います。ただ、カフェの商品ですので、店内を利用する対価も含まれていると考えると、妥当な価格でしょう。





レ・サンク・エピス (Les Cinq Epices)「サントノーレ サクラ」


都道府県: 東京
最寄駅: 青物横丁
住所: 〒140-0004 東京都品川区南品川2-17-26 アスキー南品川III 1F
購入店: パティスリー レ・サンク・エピス (PATISSERIE Les Cinq Epices)
商品名: サントノーレ サクラ
購入日: 2018年3月17日
価格: 409円 (税抜)

 青物横丁駅近くにあるレ・サンク・エピスさんに行ってきました。シュークリームと、季節限定のサントノーレ サクラを購入。この記事はサントノーレ サクラの感想です。

 ショーケース内の書品説明には「桜餅のような味のカスタードクリームとフランボワーズのジャム、桜風味の名クリームのサントノーレ」と記載されていました。

 土台となるパイ生地の上に、小さなシュークリームが3つ、その上に生クリームが載り、塩漬けになった桜の花びらがあしらわれています。

 一番上の生クリームは、質感はやや固め。空気を多く含み、軽い食感です。商品説明のとおり、桜の風味がするクリームで、色も薄いピンク色。桜の香りに負けず、ミルクの風味も感じられます。

 プチシューの皮の硬さは中庸。サクサク感はありませんが、やや厚みがあり、しっかりした質感の皮です。コーティングのチョコレートにも、桜の風味があります。こちらのチョコレートは、パリパリした食感。

 プチシューの中には、桜風味のカスタードクリームと、フランボワーズのジャムが入っています。ピンク色の桜のカスタードクリームは甘さ控えめ、フランボワーズのジャムの色は濃い赤で、こちらも甘さは控えめ。酸味とフランボワーズの香りが強い味です。

 プチシュー全体としては、フランボワーズのさわやかな香りがまず前面に出て、桜の風味が奥の方から香るバランス。チョコレートのパリッとした食感もアクセントになっていて、プチッと中からクリームが溢れるような食感も楽しいです。

 土台となるパイ生地は、サクサク感が強く、香ばしい味。プチシューと同じく、桜風味のチョコレートでコーティングされています。

 パイ生地の中には、おそらくプチシューの中に入っていたのと同じ、桜風味のカスタードクリームが詰まっています。フランボワーズのジャムは含まれないため、クリーム単体の味が感じやすかったです。甘さは控えめで、若干の塩気も感じられました。強すぎず、弱すぎず、桜の風味も鼻を抜けていって、商品説明のとおり確かに柏餅に近い味でした。

 いろいろな食感が楽しめ、ひとつのお菓子としてのバランスも良い、サントノーレだと思います。