「肥後橋」タグアーカイブ

Les gouters (レ・グーテ)「エクレアカフェ」


都道府県: 大阪
最寄駅: 肥後橋
住所: 〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-14-28 UTSUBO+2 1F
購入店: Les gouters (レ・グーテ)
商品名: エクレアカフェ
購入日: 2017年6月16日
税込価格: 250円

 レ・グーテさんで2種類のエクレアを購入しました。この記事は「エクレアカフェ」のレポートです。

 ショーケース内のポップには「しっかり甘いコーヒーのエクレア。」と記載。

 皮は硬め。サクサク感もあるが、ハード系のパンのようなしっかりした食感。コーティングも厚めで、こちらはパリッとした食感。甘さは中庸から、やや控えめなぐらい。

 クリームは、黄土色のコーヒーを含んだクリーム。コーティングの色よりも、中のクリームの方が薄い色。質感は固めで、適度の空気を含んでいて軽さがある。水分が少なく、少し粉っぽさを感じるぐらいだが、パサつきは全く無い。

 「しっかり甘い」との商品説明だが、確かに甘さはしっかりと感じる。しかし、甘すぎるということはなく、一般的には中庸から甘さ控えめなぐらいの味。コーヒーの香りも豊かで、子供から大人まで楽しめる味のバランスだと思う。





Les gouters (レ・グーテ)「エクレア」


都道府県: 大阪
最寄駅: 肥後橋
住所: 〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-14-28 UTSUBO+2 1F
購入店: Les gouters (レ・グーテ)
商品名:エクレア
購入日:2017年6月16日
税込価格:250円

 本日は大阪に来る用があり、こちらのレ・グーテさんを訪問。シュークリーム以外にも、こちらのエクレアを購入しました。

 ショーケース内のポップには「フランス語ではイナズマという意味。中にはチョコクリームがたっぷり入っております。」と記載。

 皮は、かなり硬め。若干のサクサク感もあるが、ハード系のパンのようなしっかりとした食感。トッピングされたアーモンドと、コーティングのチョコレートによって、皮部分だけで、奥行きのある味わいになっている。

 チョコレートは甘さ控えめで、苦味もしっかりと感じるタイプのもの。甘さと苦味のバランスが絶妙で、甘すぎる、苦すぎる、と感じることは、少なくとも僕は無かった。

 商品案内に記載のとおり、中のクリームもチョコレートを使用したもの。色は茶色。質感はやや固めで、水分は多くない。ある程度の空気を含んでいて、程よい軽さがある。甘さは控えめ。

 こちらもコーティングのチョコレートと同じく、甘味と苦味のバランスが良い。苦味は感じるのだが、苦すぎず、カカオの香りも感じるため、全体としてすっきりしていて、食べやすい。皮とのバランスも、一体感があって、とても良い。





Les gouters (レ・グーテ)「サントノーレピスターシュ」


都道府県: 大阪
最寄駅: 肥後橋
住所: 〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-14-28 UTSUBO+2 1F
購入店: Les gouters (レ・グーテ)
商品名: サントノーレピスターシュ
購入日: 2017年6月16日
税込価格: 460円

 大阪に来る機会があり、レ・グーテさんにお邪魔しました。シュークリームの他に、2種のエクレアと、こちらのピスタチオのサントノーレを購入しました。

 ショーケース内のポップには「パイ生地にラズベリージャムをサンドしてピスタチオのカスタードクリームのプチシューをかざりました。」と記載。

 プチシューの皮はやや硬め。サクサク感が強いタイプではなく、厚みがあり、パンのようにしっかりした食感。

 中のクリームは、ピスタチオを含んだカスタードクリーム。色はやや濃い目の黄緑色。クリームは固めで、粘度と密度が高く、しっかりとした質感。甘さは中庸からやや控えめ。ピスタチオの風味ははっきりと感じるが、強くはない。とても良いバランスの味。

 プチシューを支えるクリームも固めだが、プチシュー内部のクリームとは、味も質感も異なる。色はプチシュー内のクリームより薄め。プチシューを支えるクリームの方が、水分が少なく、文字通り硬い質感。甘さは控えめで、ピスタチオの香りが強い。

 このクリームの中とまわりに、ラズベリーのジャムがある。甘さは控えめ、酸味はほどよく、ラズベリーの香りが強い。ピスタチオとのバランスも絶妙で、良いアクセントになっている。底面部のパイ生地は軽めの食感で、サクサクしていて、香ばしい。





Les gouters (レ・グーテ)「シュークリーム」


都道府県: 大阪
最寄駅: 肥後橋
住所: 〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-14-28 UTSUBO+2 1F
購入店: Les gouters (レ・グーテ)
商品名: シュークリーム
購入日: 2017年6月16日
税込価格: 240円

 以前から足を運びたいと思っていたレ・グーテさん。本日、大阪に来る用事があり、時間の余裕もあったので訪問しました。モダンで、かわいいデザインの店舗です。

 シュークリームは、注文後にクリームを詰めてくれる。シュー皮は固め。表面には若干のサクサク感がある。厚みがあり、生地の密度が高くみっちりしていて、ハード系のパンのようにしっかりした食感。

 味は香ばしく、砂糖の甘さ、アーモンドの香ばしさがプラスされ、焼き菓子のよう。特別に香ばしさが強い、はっきりした塩気がある、というような感じではないが、しっかりと生地の味を感じられる味。

 クリームは、ほのかに黄色がかった薄いクリーム色のカスタード。バニラビーンズの黒い粒は、パッと見では確認できないが、味はバニラの香りが強い。口に含むと、芳醇なバニラの香りが広がる。甘さは中庸。

 クリームの質感は固めで、若干の粉っぽさを感じるぐらいしっかりしているが、程よく空気を含んでいて軽さがあり、重たい印象は全くない。クリームは、底面部から充填されている。

 皮、クリームともに、しっかりと味が感じられるのに、しつこさ、重たさは全く無い、バランスの良いシュークリーム。





Les Petites Papillotes (レ・プティット・パピヨット)「エクレア 抹茶カスタードクリーム」


都道府県: 大阪
最寄駅: 肥後橋
住所: 〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-12-24 オ・ミルズ京町堀1F
購入店: Les Petites Papillotes (レ・プティット・パピヨット)
商品名: エクレア 抹茶カスタードクリーム
購入日: 2017年6月16日
税込価格: 350円

 チョコレート専門店の「Les Petites Papillotes」さんで、3種類のエクレアをいただきました。今回は3種類目の抹茶のエクレアのレポートです。

 シュー皮はやや硬め。サクサクではなく、パンのような、しっとりしつつ、しっかりとした食感。コーティングのフォンダンはやや厚め。質感は硬く、パリッとしている。中のクリームよりは甘さをはっきり感じるが、甘さ控えめ。

 中のクリームは、かなり濃い緑色。コーティングの色は黄緑色だが、深い緑色。質感は固めで、垂れてくるような心配は全く無い。甘さはかなり控えめ。抹茶の苦味も少し感じる。口に入れた瞬間、抹茶の香りが口に広がる。

 同店のチョコカスタードクリームのエクレアと同じく、甘味と苦味よりも、抹茶の香りが広がっていく味。香りが非常に豊かなため、味が薄い、足りないと感じることは無かった。





Les Petites Papillotes (レ・プティット・パピヨット)「エクレア チョコカスタードクリーム」


都道府県: 大阪
最寄駅: 肥後橋
住所: 〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-12-24 オ・ミルズ京町堀1F
購入店: Les Petites Papillotes (レ・プティット・パピヨット)
商品名: エクレア チョコカスタードクリーム
購入日: 2017年6月16日
税込価格: 350円

 本日は大阪に来る用事があり、チョコレート専門店のこちらのお店で、3種類のエクレアをいただきました。

 シュー皮はやや硬め。サクサク感は無く、パンのようなしっとりした食感。コーティングのフォンダンは硬めで厚みもあり、パリッとした食感。甘さは控えめ。チョコレートの苦味もあるが、それほど強くはない。

 中のクリームは、コーティングの色よりは薄いが、濃い茶色。質感は固め。甘さはかなり控えめ。苦味が強いが、カカオの香りが豊かで、苦過ぎると感じることは無い。

 苦味と甘味よりも、カカオの香りが前に出てくる味だが、香りがとても豊かなため、味が薄いと感じることもない。中のクリームに比べると、やや苦味が弱く甘味を感じるフォンダンとのバランスも良い。

 3種のエクレアをいただいたが、どれも素材の味を生かした甘さ控えめの仕上がりで、非常にレベルの高いお店だと感じた。帰り際に店先の看板を確認すると、ショコラティエが手がけるお店だった。チョコカスタードクリームのクオリティが高いのも納得。





Les Petites Papillotes (レ・プティット・パピヨット)「エクレア バニラカスタードクリーム」


都道府県: 大阪
最寄駅: 肥後橋
住所: 〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-12-24 オ・ミルズ京町堀1F
購入店: Les Petites Papillotes (レ・プティット・パピヨット)
商品名: エクレア バニラカスタードクリーム
購入日: 2017年6月16日
税込価格: 350円

 本日は大阪に来ています。こちらのチョコレート専門店「Les Petites Papillotes」さんで、3種類のエクレアをいただきました。

 イートインスペースを利用させていただきましたが、「撮影禁止」の張り紙あり。確認したところ、店内、厨房内は撮影禁止ですが、購入した商品は撮影可能とのこと。イートイン用のドリンクには、様々な種類のチョコレートドリンクがあり、エクストラビター(Extra Bitter 税込470円)を注文。

 シュー皮は、やや硬め。サクサク、ザクザクといった食感ではなく、ハード系のパンのようなしっかりした食感。コーティングのフォンダンは甘さ控えめで、厚みがある。やや硬めで、パリッとした食感。しっかり目の皮との相性も良い。

 中のクリームは、黄土色のカスタードクリーム。バニラビーンズの黒い粒も見える。質感はやや固め。かなり甘さ控えめ。バニラの香りも強すぎないが、しっかりと感じられる。