「中央区」カテゴリーアーカイブ

菓乃実の杜 三越銀座店「シュークリーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 銀座
住所: 〒104-8212 東京都中央区銀座4−6−16銀座三越 B1F
購入店: 菓乃実の杜 三越銀座店
商品名: シュークリーム
購入日: 2017年2月18日
価格: 240円 (税抜)

 明治記念館の手がけるパティスリーで、銀座三越と小田急百貨店新宿店に店舗があるようだ。ショーケース内の商品説明によると「バニラ風味のまろやかなカスタードクリームを詰めたボリュームのあるシュークリーム」。

 シュー生地は、外側はサクッとしている。それなりの厚みがあり、内側は表面に比べるとしっとり。上に粉砂糖がかかっているため、ほんのりと甘さを感じる。少しメロンパンの皮に近い食感と味。

 クリームは黄色いカスタードクリーム。きれいな黄色。バニラビーンズの黒い粒も見える。クリームはかなり固めで、密度が高くずっしりとしている。甘さは強めだが、柔らかい甘さで、そこまでしつこさは感じない。単純に「甘い」というより、濃厚な味。生地を半分に切り、中にクリームを入れるタイプのシュークリームだが、クリームがたっぷりと入っていて、ずっしりと重い。

 同時に購入した「2つのチーズケーキ」(税抜420円)





セリ スイーツ「ネピュレシュークリーム苺とちおとめ」


都道府県: 東京
最寄駅: 築地
住所: 〒104-0045東京都中央区築地2-14-4 フェニックス東銀座第2ビル 1F
購入店: セリ スイーツ (CELI SWEETS)
商品名: ネピュレシュークリーム苺とちおとめ
購入日: 2017年2月13日
税込価格: 300円

※ 店名が「田花谷堂 (TAKATANIDO)」へ変更になっています。

 シュー皮はサクサク、ザクザクで、とても香ばしい。味は少し塩気を感じるぐらいに、生地自体の味をはっきりと感じられる。こちらの店舗で販売する他のシュークリームと、基本的には同じ生地のようだ。生地の上からは粉砂糖のようにピンク色のイチゴのパウダーがかかっており、苺の風味を感じる。

 クリームは濃いクリーム色のカスタード。かなりの量のバニラビーンズの黒い粒が見える。クリーム自体の味は甘さ控えめ。中のクリームにも苺を使用しているようだが、苺の味が全面に出てくるわけではなく、バニラの香りも感じる。

 苺の風味はクオリティーが高く、「苺味の風味」ではなく苺自体の味と風味を感じる。食感はやわらかく、なめらかで、苺を使っているためか水っぽさもある。同店の「ウルトラバニラシュークリーム」のクリームより柔らかい。





セリ スイーツ「ウルトラバニラシュークリーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 築地
住所: 〒104-0045東京都中央区築地2-14-4 フェニックス東銀座第2ビル 1F
購入店: セリ スイーツ (CELI SWEETS)
商品名: ウルトラバニラシュークリーム
購入日: 2017年2月13日
税込価格: 350円

※ 店名が「田花谷堂 (TAKATANIDO)」へ変更になっています。

 行列ができることもあるという人気店、セリスイーツさんに伺いました。最寄駅は築地ですが、東銀座駅からでも徒歩10分以内です。

 シュークリームをバラ売りで2個だけ買いましたが、保冷剤は別売りで10円のようです。近隣の方、食べ歩きの方には不要だと思いますが。

 シュー生地はサクサク、ザクザクで、とても香ばしい。ザクッとした食感でありながら、生地自体はぎっちりではなく軽いため、食べやすい。味は少し塩気を感じるぐらいに、はっきりと感じられる。生地の上からは粉砂糖がかかっているが、こちらの甘さはほとんど感じない。生地の香ばしさを引き立てるための粉砂糖なのかもしれない。

 クリームは濃いクリーム色のカスタード。黄土色を薄くしたような色。商品名のとおり、バニラビーンズの黒い粒が大量に見える。クリーム自体の味は甘さ控えめで、バニラの香りがとても強い。なにかリキュールを使っているんじゃないかと思うほどフルーティ。食感はやわらかく、なめらか。

 サクッとした香ばしいシュー生地と、とろっとしたバニラの風味が強いクリーム。バランスが良く、味も食感も楽しめるシュークリームだと思います。





メゾンカイザー 銀座松屋店「シューパリジャン」


都道府県: 東京
最寄駅: 銀座
住所: 〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 銀座松屋 B1F
購入店: メゾンカイザー 銀座松屋店
商品名: シューパリジャン (CHOUX PARISIEN)
購入日: 2017年1月29日
税込価格: 324円

 高輪に本店のあるブーランジェリー、メゾンカイザーの銀座松屋店にて、シュークリームを購入しました。店頭ショーケース内のポップには「生クリームとカスタードクリームを合わせた軽いクリームで仕上げました」と記載。

 シュー生地は、サクサク感はないが、しっかりした食感。シュー生地はふたつに切り、中にクリームを入れるタイプ。生地の表面には、ローストアーモンドと粉砂糖がかかっている。パン屋のシュークリームらしく、生地の味には、小麦粉の香りとコクを感じる。独特の香りなので、苦手な人もいるかもしれない。アーモンドの香ばしさ、砂糖の甘さで、生地の味が引き立っている。

 クリームは薄い黄色のカスタード。数は多くないが、バニラビーンズの黒い粒も見える。クリームはなめらかなタイプではなく、軽くふわっとした食感。甘さは控えめだが、生地のはっきりした味との対比で、甘さとバニラの香りをはっきりと感じる。





ジョトォ 銀座三越店「シュークリーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 銀座
住所: 〒104-8212 東京都中央区銀座4−6−16銀座三越 B1F
購入店: ジョトォ (GIOTTO) 銀座三越店
商品名: シュークリーム
購入日: 2017年1月21日
税込価格: 712円 (3個入り)

※ こちらの店舗は2017年2月26日で閉店しています。

 都内に数店舗を展開するジョトォのシュークリーム。銀座三越店では、2017年1月現在のところ、12:00と17:00の1日2回の焼き上がり。事前に整理券を配布して販売していました。購入は1箱3個入りからです。ちなみに店舗名は、運営元の株式会社プレジィールのホームページによると「銀座三越店」ですが、インターネット上だと「三越銀座店」との記載が多く見られます。どちらでも意味は通じますので、気にしなくてもいいところですが。

 シュー生地は硬めで、ザックリした食感。生地自体もしっかりした味と食感だが、上にローストアーモンドを乗せて焼いているようで、このアーモンドの香ばしさが広がる。カリッとした食感もアクセントになっている。粉砂糖もかかっている。また、形状は個体差が大きいようだ。

 下の画像のように、シュー生地に切り込みを入れて、その中にクリームを入れている。クリームはやや黄色味がかったクリーム色。わずかに黄色が強いところと、白が強いところが、ところどころバーブル上になっている。

 食感はなめらかだが、食べていてこぼれそうな水っぽさはない。甘さは控えめ。バニラの香りと同時に、わずかに柑橘系の爽やかな香りが広がる。以前、コアントローを使ったシュークリームを食べたことがあるが、このシュークリームにも、柑橘系のリキュールが使われているのかもしれない。





タントマリー 松屋銀座店「シュー・ア・ラ・クレーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 銀座
住所: 〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 銀座松屋 B1F
購入店: タントマリー 松屋銀座店
商品名: シュー・ア・ラ・クレーム
購入日: 2017年1月19日
税込価格: 346円

 湯島に本店のあるタントマリー。銀座松屋内にある店舗に行ってきました。

 シュー生地をふたつに切り、中にクリームを入れて、上から帽子のように生地をかぶせるタイプ。シュー生地は若干のサクサク感はあるが、サクッというよりゴワっといった感じのしっかりした食感。上からは粉砂糖がかかっている。このおかげか、香ばしさと塩気を感じる。

 クリームは白に近いクリーム色のカスタード。中にはバニラビーンズが見える。柔らかく、みずみずしいが、粉っぽさもあり、食べながらクリームがこぼれ落ちる心配は少なそう。「粉っぽい」と書いたが、ネガティブな意味ではなく、なめらかさと、しっかりした食感を両立している。甘さは控えめ。ミルクっぽさよりも、バニラの風味を感じる。

 シュークリームに見た目がちょっと似ていたので購入したトロペジェンヌ (432円)。店頭の表示によると「ブリオッシュ生地にムースリーヌ(カスタードとバタークリーム)をサンドしたお菓子」とのこと。商品説明のとおりだが、生地はブリオッシュなので、シュークリームとはかなり食感が違う。中のクリームは甘さ控えめ。固めなので、食べながらこぼれ落ちる心配はあまりない。

 同時に購入したプリン(432円)。 カラメルには、とろみがほとんど無くサラッとしています。持ち歩くときも傾けないようにご注意ください、との店員さんからのアドバイスがありました。

 こちらも同時購入したゴルゴンゾーラ(495円)。チーズのコクと僅かな苦味も感じる本格的な味。





千疋屋総本店 銀座三越店「ストロベリーシュークリーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 銀座
住所: 〒104-8212 東京都中央区銀座4−6−16銀座三越 B1F
購入店: 千疋屋総本店 銀座三越店
商品名: ストロベリーシュークリーム
購入日: 2017年1月18日
税込価格: 486円

 銀座三越内にある千疋屋総本店でシュークリームを購入してきました。苺を使った「ストロベリーシュークリーム」という名の商品ですが、おそらく季節限定。というより、千疋屋で扱っているケーキは、旬のフルーツを使用するため、ほとんど全て季節限定と言うべきですが。

 店頭の表示によると「華やかに苺をあしらったシュークリーム」。シュー生地をふたつに切って、中にクリームを入れ、上から帽子のように生地をかぶせるタイプだが、クリーム部分にふたつ切りにした苺があしらわれている。

 シュー生地は、若干のサクサク感がある。サクっというより、ゴワっといった食感。かなりしっかりした生地。シュー生地の上の部分には、粉砂糖がかかっている。

 クリームは、下の部分にカスタードクリーム、その上に生クリーム。写真のとおり、生クリーム部分に苺がある。カスタードはかなり黄色味の強い色。クリーム色ではなく、黄色と言っていい。バニラビーンズも見える。味は甘さを強く感じる。質感は固めで、なめらかさはほとんど無い。

 カスタードに対して、生クリームはあっさり軽い食感。味もミルクっぽさを感じる優しい甘さ。生クリームは柔らかいが、苺を支えられるぐらいには密度があり、特別ふわっとしている、水分が多いわけではない。苺には砂糖もかかっているが、酸味の強い味。

 ショートケーキなどに甘い苺が乗っていることがあるが、個人的には酸味の強い苺の方が、苺の酸味とクリームの甘さが中和して風味が際立つので、こういった洋菓子には合うと思う。あと、これは全くの余談ですが、このシュークリームはなんとなく、あーりん(ももいろクローバーZの佐々木彩夏さん)を連想させます。見た目が、かわいい!

 同時に購入したアップルパイ(540円)。





シュークリー「ロッシェ」


都道府県: 東京
最寄駅: 人形町
住所: 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-5-5
購入店: シュークリー (Sucre-rie)
商品名: ロッシェ
購入日: 2017年1月13日
税込価格: 475円

 シュークリームが有名なシュークリー。シュークリームを買いに来たついでに、「ロッシェ」という、小さいシュークリームを重ねたケーキも同時購入しました。知識が無いので「ロッシェ」がなにを意味する言葉なのかわかりませんが、サントノーレに近いお菓子、というよりサントノーレと呼んでいいお菓子だと思います。シューケース内の表記には「カスタードを詰めたシューを重ねました」。

 ショーケース内の商品説明のとおり、小さなシュークリームが4つ使われている。まず底辺部はビスケット、その上に固めのカスタード。カスタードをつなぎにして、小さなシュークリームが3つ。その上に生クリームが乗り、最上部にもうひとつのシュークリーム。生クリーム部分には、板状のチョコレートが添えられている。

 一口サイズのシュークリームは、それぞれ生地は固く、サクッ、ザクッとした食感。生地の上部はキャラメルでコーティングされており、粉砂糖とワッフルシュガーもかかっている。中のクリームは黄色がかったクリーム色のカスタード。一口で食べても、カスタードの味がしっかり感じられる。

 4つのシュークリームの中心にある生クリームは、軽い食感。甘さは控えめで、ミルクっぽさを感じる。シュークリーム内のカスタードとのバランスが良い。





シュークリー「シュークリーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 人形町
住所: 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-5-5
購入店: シュークリー (Sucre-rie)
商品名: シュークリーム
購入日: 2017年1月13日
税込価格: 240円

 シュークリームが非常に有名なこのお店。1日に3回焼きあがるとのことで、2回目の12:00を狙って行きました。人形町駅からだとA6出口が一番近いのですが、こちらの出口はエレベーターのみで、階段はありません。時間帯と状況によっては1回で乗りきらない場合があります。A6出口の次に店舗に近いA5出口は階段です。

 11:30過ぎに到着すると、すでに数人が待機。10分ほどすると、店員さんが購入するシュークリームの数、持ち歩き時間などを確認しに来ます。この日は11:45ぐらいの時点で、10人程度並んでいました。このあたりから12:00まで、続々と人が増えていきます。僕の前に並んでいた地元の方によると、平日でも12:00焼き上がりの分は、12:00までに列に並ばないと買えない、12:15ぐらいには完売することが多いらしい。

 購入してから、持ち帰るまでに1時間ぐらいかかったが、シュー生地はサクサク、ザクザク。焼き上がり直後のものは、もっとザクザクした食感が楽しめるのかも。シュー生地の上には、白ゴマと黒ゴマ、さらに粉砂糖がかかっている。ビジュアル的にも香ばしさが漂うが、ゴマの香ばしさを見た目以上に強く感じる。僕は写真を撮るときに外してしまいましたが、シューの下部が紙に包まれているので、そのまま紙を持ち手に使うと食べやすい。

 クリームは少し黄色がかった薄いクリーム色のカスタード。中にはバニラビーンズも見える。生地の底辺から、クリームを絞り入れるタイプ。クリームはみずみずしく、なめらか。硬さ、粘度は中庸な部類。甘さはそこそこ強く感じるが、しつこいということはない。生地の香ばしさとの対比で、甘さを強く感じるのかもしれない。

 生地のザクザクした食感と、ゴマの風味から、とても食べていてとても香ばしさを感じる。ある程度の時間が経っても、出来立てを食べているよう。フレッシュなクリームとのバランスも良い。





シェ・シーマ 銀座松屋店「銀座はちみつシュー」


都道府県: 東京
最寄駅: 銀座
住所: 〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 銀座松屋 B1F
購入店: シェ・シーマ 銀座松屋店
商品名: 銀座はちみつシュー
購入日: 2017年1月11日
税込価格: 400円

 シェ・シーマは市ヶ谷本店の他、数店舗を展開していますが、こちらの「銀座はちみつシュー」は、銀座松屋店限定とのこと。都市と自然環境との共生を目指し、銀座のビルの屋上で養蜂をおこなう「銀座ミツバチプロジェクト」とのコラボ商品のようです。

 シュー生地をふたつに切り、クリームを入れて、上から帽子のようにかぶせるタイプのシュークリーム。シュー生地は、厚みがあり、サクサク感もある。下の部分の生地は特に硬いが、サクサク感があるのと同時に、しっとり感もあり、食べにくい、口の中で生地の硬い部分があたって痛い、ということはない。クシュっというような食感。生地の上から、粉砂糖がかかっている。

 生地の下の部分にカスタード、その上にハチミツを使ったゼリーのようなもの、さらにその上に生クリーム、という3層になっている。生クリームの上に、帽子をかぶせるように生地の上の部分が乗っている。カスタードクリームは黄色味の強いクリーム色。固めのクリームだが、重すぎず、とてもフレッシュ。

 カスタードの上にある、ハチミツを使ったゼリーのようなものは、半透明のオレンジ色。味は甘みもあるが、酸味もあり、ハチミツ独特のコク、苦味も感じられる。本格的なハチミツを感じさせる味。1番上の層の生クリームは、ふわふわでみずみずしい。あまりミルクっぽさは感じず、カスタード同様にとてもフレッシュな味と食感。

 生クリーム部分には、蜂の巣を模したような形状のホワイトチョコと、薄くスライスしたアーモンドが添えられている。味もデザインも、細部まで凝ったシュークリーム。

 ちなみに、ケーキのショーケース内の価格表示は税込みで、こちらの「銀座はちみつシュー」は400円、同時購入した「シュー・ア・ラ・シーマ」は303円の表記でしたが、ふたつ合わせてお会計は702円でした。