「サントノーレ」タグアーカイブ

メゾン・ド・プティ・フール 南馬込店「サント・ノーレサクラ」


都道府県: 東京
最寄駅: 西馬込
住所: 〒143-0025 東京都大田区南馬込5-42-10 ディアステート南馬込104
購入店: メゾン・ド・プティ・フール 南馬込店
商品名: サント・ノーレサクラ
購入日: 2018年3月24日
税込価格: 529円

 西馬込駅近くにある「メゾン・ド・プティ・フール南馬込店」さんで購入した「サント・ノーレサクラ」。桜の季節限定の商品です。

 商品名は、店頭の表記は「サント・ノーレサクラ」、レシートの表記は「サントノーレSAKURA」となっていました。

 一番下は、土台となるビスケットのような生地。その上に小さなシュークリームが3つ載り、その上に桜を使用したクリーム。さらに、クリームに支えられるように、桜の花びらと葉を形づくったチョコレートが載る構造です。

 チョコレートは、甘さが中庸からやや強め。はっきりと甘さを感じる味です。葉のかたちの黄緑のチョコレートと、花びらのかたちのピンクのチョコレートの味の違いは、僕にはわかりませんでした。

 クリームは、空気を多く含み、軽い食感。柔らかい質感ですが、粘度は低く、伸びたり、垂れたりはしにくいです。色は、薄いピンク色。

 甘さは中庸からやや強めで、はっきりと感じますが、桜の爽やかな香りが前面に出てくるため、しつこさは感じません。

 プチシューのコーティングもピンク色をしていて、こちらにも桜が使用されているのだと予想しましたが、クリームの桜の香りが強く、コーティング単体の味はあまり確認できませんでした。甘さは、感じられます。

 プチシューの皮の硬さは中庸。サクサク感はありませんが、生地にはやや厚みがあり、しっかりした食感。一口で食べると、中からクリームがプチッと口の中であふれ出します。

 プチシューの中のクリームはカスタードクリームで、固めで粘度も高い質感。甘さは中庸で、バニラと卵のコクを感じる、しつこくはありませんが濃厚な味。桜のクリームの香りを、ほどよく中和し、カスタードの芳醇さをプラスしています。

 土台となるビスケットは、サクサクで香ばしい味。甘さは控えめですが、香りが高く、単体の焼き菓子としても成立しそうです。

 桜の香りが強すぎず、弱すぎず、桜のクリームだけでなく、カスタードも使用され、絶妙なバランスだと思いました。

 この季節になると、桜を使ったスイーツを作ってくださるパティスリーが多いですね。以前はそれほど好きではなかったのですが、ある時期から桜のスイーツの魅力に気づきました。本当に香りが良くて、日本人で良かった!と思います。





レ・サンク・エピス (Les Cinq Epices)「サントノーレ サクラ」


都道府県: 東京
最寄駅: 青物横丁
住所: 〒140-0004 東京都品川区南品川2-17-26 アスキー南品川III 1F
購入店: パティスリー レ・サンク・エピス (PATISSERIE Les Cinq Epices)
商品名: サントノーレ サクラ
購入日: 2018年3月17日
価格: 409円 (税抜)

 青物横丁駅近くにあるレ・サンク・エピスさんに行ってきました。シュークリームと、季節限定のサントノーレ サクラを購入。この記事はサントノーレ サクラの感想です。

 ショーケース内の書品説明には「桜餅のような味のカスタードクリームとフランボワーズのジャム、桜風味の名クリームのサントノーレ」と記載されていました。

 土台となるパイ生地の上に、小さなシュークリームが3つ、その上に生クリームが載り、塩漬けになった桜の花びらがあしらわれています。

 一番上の生クリームは、質感はやや固め。空気を多く含み、軽い食感です。商品説明のとおり、桜の風味がするクリームで、色も薄いピンク色。桜の香りに負けず、ミルクの風味も感じられます。

 プチシューの皮の硬さは中庸。サクサク感はありませんが、やや厚みがあり、しっかりした質感の皮です。コーティングのチョコレートにも、桜の風味があります。こちらのチョコレートは、パリパリした食感。

 プチシューの中には、桜風味のカスタードクリームと、フランボワーズのジャムが入っています。ピンク色の桜のカスタードクリームは甘さ控えめ、フランボワーズのジャムの色は濃い赤で、こちらも甘さは控えめ。酸味とフランボワーズの香りが強い味です。

 プチシュー全体としては、フランボワーズのさわやかな香りがまず前面に出て、桜の風味が奥の方から香るバランス。チョコレートのパリッとした食感もアクセントになっていて、プチッと中からクリームが溢れるような食感も楽しいです。

 土台となるパイ生地は、サクサク感が強く、香ばしい味。プチシューと同じく、桜風味のチョコレートでコーティングされています。

 パイ生地の中には、おそらくプチシューの中に入っていたのと同じ、桜風味のカスタードクリームが詰まっています。フランボワーズのジャムは含まれないため、クリーム単体の味が感じやすかったです。甘さは控えめで、若干の塩気も感じられました。強すぎず、弱すぎず、桜の風味も鼻を抜けていって、商品説明のとおり確かに柏餅に近い味でした。

 いろいろな食感が楽しめ、ひとつのお菓子としてのバランスも良い、サントノーレだと思います。





ル・コルドン・ブルー・ラ・ブティック (Le Cordon Bleu La Boutique)「塩キャラメルのサントノーレ」


都道府県: 東京
最寄駅: 代官山
住所: 〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町28-13 Roob-1
購入店: ル・コルドン・ブルー・ラ・ブティック (Le Cordon Bleu La Boutique)
商品名: 塩キャラメルのサントノーレ
購入日: 2017年11月1日
税込価格: 550円

 代官山にある「ル・コルドン・ブルー・ラ・ブティック」さんにシュークリームを購入しに行きましたが、ショーケースにサントノーレもございましたので、そちらも購入。

 一番上の載っているのはミルクチョコレートで、甘さはやや控えめ。冷やしても、硬すぎず、ややしっとりした質感。

 その下のクリームは、商品名のとおりキャラメルを使用したクリーム。薄い黄土色で、バニラビーンズの黒い粒も確認できる。苦味とキャラメルの香りの強い味を想像していたが、甘さと苦味ともに控えめで、食べやすい味。キャラメルの香りもやや控えめだが、はっきりと感じられる。小さなシューを支えるため、固めで伸びにくいが、空気を多く含んでおり、食感は軽い。

 3つのプチシューの皮は、厚みはあるが、やや柔らかめ。コーティングのキャラメルは、冷やしても硬くならず、粘度の高いやわらかい質感。甘さは控えめ。

プチシューの中のクリームは、キャラメルクリームではなく、カスタードを使用しているようだ。バニラの香りとキャラメルの香りが合わさると非常に香ばしく、一口食べたときは紅茶の香りのように感じられた。

 一番下の土台部分は、パイ生地で、底面部はサクサクのクッキーのような食感。味は、香ばしさが非常に強い。

 パイ生地は、ドーナツのように中心部が空いており、そこにカスタードクリームが入っている。上のキャラメルクリームに比べると、甘さはやや強めで、バニラの香りが強い。

 バニラの香りで、パイ生地の香ばしさが引き立ち、サクサク感も合わさって、土台部分だけでも十分おいしい。





パティスリー・パリセヴェイユ「サントノーレ キャラメル」


都道府県: 東京
最寄駅: 自由が丘
住所: 〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-14-5
購入店: パティスリー・パリセヴェイユ (patisserie Paris S’eveille)
商品名: サントノーレ キャラメル
購入日: 2017年8月10日
税込価格: 620円

 本日は、自由が丘の「パティスリー・パリセヴェイユ」に行ってきました。イートインでシュークリームとエクレアをいただきましたが、帰りがけにショーケース内を確認するとサントノーレが補充されていたので、テイクアウトしました。

 中心のクリームは、キャラメル風味で甘さ控えめ。画像のとおり、薄い茶色から黄土色のような色。空気を多く含み、軽い食感だが、食べていて垂れてくるような柔らかさではない。甘さは控えめで、キャラメルの香りと苦味の方が強い。上からふりかけられたアーモンドが、非常に香ばしい。

 キャラメルクリームの下には、小さなシュークリームが3つ。こちらのシュー皮は、やや硬めだが、サクサク感があるわけではない。キャラメルでコーティングされている部分は、カリカリ、ザクザクした食感。キャラメルの甘さは控えめ。

中のクリームは、やや黄色味のあるクリーム色のカスタードで、固さは中庸から柔らかめ。バニラビーンズの黒い粒も見える。キャラメルの苦味との対比もあり、甘さをはっきりと感じる。

 シューの下には、パイ生地があり、生地の空洞部分にはカスタードクリームが入っている。甘さをはっきりと感じられる味。

 キャラメルの苦味と、カスタードの甘味のバランスも良く、おいしいサントノーレです。





Les gouters (レ・グーテ)「サントノーレピスターシュ」


都道府県: 大阪
最寄駅: 肥後橋
住所: 〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-14-28 UTSUBO+2 1F
購入店: Les gouters (レ・グーテ)
商品名: サントノーレピスターシュ
購入日: 2017年6月16日
税込価格: 460円

 大阪に来る機会があり、レ・グーテさんにお邪魔しました。シュークリームの他に、2種のエクレアと、こちらのピスタチオのサントノーレを購入しました。

 ショーケース内のポップには「パイ生地にラズベリージャムをサンドしてピスタチオのカスタードクリームのプチシューをかざりました。」と記載。

 プチシューの皮はやや硬め。サクサク感が強いタイプではなく、厚みがあり、パンのようにしっかりした食感。

 中のクリームは、ピスタチオを含んだカスタードクリーム。色はやや濃い目の黄緑色。クリームは固めで、粘度と密度が高く、しっかりとした質感。甘さは中庸からやや控えめ。ピスタチオの風味ははっきりと感じるが、強くはない。とても良いバランスの味。

 プチシューを支えるクリームも固めだが、プチシュー内部のクリームとは、味も質感も異なる。色はプチシュー内のクリームより薄め。プチシューを支えるクリームの方が、水分が少なく、文字通り硬い質感。甘さは控えめで、ピスタチオの香りが強い。

 このクリームの中とまわりに、ラズベリーのジャムがある。甘さは控えめ、酸味はほどよく、ラズベリーの香りが強い。ピスタチオとのバランスも絶妙で、良いアクセントになっている。底面部のパイ生地は軽めの食感で、サクサクしていて、香ばしい。





FORTISSIMO H (フォルテシモ アッシュ)「サントノーレ」


都道府県: 愛知
最寄駅: 池下
住所: 〒464-0073 愛知県名古屋市千種区高見2-1-16
購入店: FORTISSIMO H (フォルテシモ アッシュ)
商品名: サントノーレ
購入日: 2017年6月15日
税込価格: 490円

 本日は名古屋に来る用事があったため、まずこちらの「FORTISSIMO H」さんを訪問。イートインで、シュークリームとサントノーレをいただきました。

 ショーケース内の商品説明には「プチシューをキャラメリゼし、キャラメルシャンティを合わせました」と記載。

 クリームは、軽く、柔らかい食感。甘さはやや控えめ。キャラメルシャンティは、お店によってはほとんど甘さを感じないぐらい甘さ控えめのものもあるが、こちらのクリームは控えめながらはっきりと甘さを感じる。キャラメルの香りと苦味とのバランスが良い。上にのったアーモンドのガリガリした食感と香ばしさがアクセントになっている。

 プチシューの皮はやや硬め。小さいが皮の厚みがあり、中からプチっとクリームが溢れ出す。皮をコーティングするキャラメルは、カリカリとした硬めの食感。甘さは控えめで、キャラメルの苦味の方が前に出てくる味。

 中のクリームは、キャラメルシャンティではなくカスタードクリーム。色はオレンジと黄色の中間ぐらいの色。甘さは中庸だが、キャラメルの苦味との対比で、ほどよく感じられる。卵のコクもある。

 プチシューの下の土台となる部分は、底面部はビスケット、その上にパイ生地、その上にカスタードクリームが載っていた。カスタードクリームはプチシューに入っているものと同じようで、オレンジと黄色の間ぐらいの色。固めの質感で、甘さは中庸。底面のビスケットはとても香ばしく、優しい甘さで、食感はサクサク。

 味、食感ともに全てのバランスが良く、完成度が高いと感じました。





パッション ドゥ ローズ「サントノーレ クラシック」


都道府県: 東京
最寄駅: 白金高輪
住所: 〒108-0072 東京都港区白金1-13-12
購入店: パッション ドゥ ローズ (Passion de Rose)
商品名: サントノーレ クラシック
購入日: 2017年5月6日
税込価格: 520円

 白金高輪にある「パッション ドゥ ローズ」さんに行ってきました。シュークリーム目当てで行きましたが、サントノーレもあったのでこちらも購入。

 ショーケース内のポップには「シュークリームとキャラメルで組み立てたフランスのクラシックなお菓子」と記載。

 4つの小さなシュークリームが、クリームに支えられている。シュークリームの生地の硬さは中庸に感じられたが、これはクリームに内側・外側ともにクリームに密着しているためかもしれない。生地の厚みはやや厚めで、小さいがしっかりした食感。

 中のクリームは、黄色味の強いカスタードで、バニラビーンズの黒い粒が見える。質感は固めで、みずみずしい。甘さはやや控えめで、皮をコーティングするキャラメルの苦味とのバランスが良い。キャラメルは、カリッとした食感。

 小さいがしっかりした生地のため、シューを口に入れると、中から冷たいクリームが溢れだし、バニラの香りと甘みが、キャラメルの苦味と合わさって口の中に広がる。

 シューを支えるクリームは、上部に生クリーム、その下にカスタードクリームの2層。生クリームは、空気が多く軽いが、固めの食感。甘さは非常に控えめで、ミルクのほのかな香りが広がる。

 カスタードは、シューの中のものと同様、黄色味が強い色で、固めの質感。シューの中よりも量が多いので、甘さとバニラの香りを感じやすい。

 クリームの下で、土台となるのは丸いパイ生地。背の低い円柱形。上面(数学的には上の面も下の面も「底面」ですが便宜的に「上面」としました)はキャラメルでコーティングされている。パイ生地はサクサクで、非常に香ばしい。

 キャラメルはカリっとした食感で、苦味と深みのある味。パイ生地との食感の違いが、お互いのサクサク感、カリカリ感を引き立てあっている。同時に、味の面でも、それぞれの香ばしさと味が引き立つ。

 全体の味のバランスも良く、完成度の高いサントノーレだと思います。





patisserie Cafe Blanc. (パティスリーカフェ ブラン)「サントノーレ」


都道府県: 福島
住所: 福島県郡山市菜根1-11-5
購入店: patisserie Cafe Blanc. (パティスリーカフェ ブラン)
商品名: サントノーレ
購入日: 2017年4月23日
税込価格: 430円

 日帰りで郡山に来る用事がございましたので、こちらのお店を訪問しました。

 シュークリームは販売していないとのことで、サントノーレを購入。一番上にプチシューがひとつ、その下をクリームと3つのプチシューが支え、底辺部はタルト。

 ショーケース内の商品説明には「カスタードクリーム入りのプチシューにキャラメリゼしてさらに香ばしく。キャラメルクリームで贅沢に仕上げました。」と記載。

 プチシューは説明の通りキャラメリゼされており、このキャラメルがカリカリとした食感。皮自体もそれなりに厚みがあり、やや硬めのようだが、キャラメルの食感が目立つ。中のクリームは黄色に近いクリーム色をしたカスタード。甘さは控えめで、質感は硬め。クリームの甘さより、皮のキャラメルの苦味と香ばしさが前面に出てくる。

 プチシューの中心にあるキャラメルクリームは、薄い茶色で、甘さはほとんど無く、キャラメルの苦味と香りが強い。質感は軽くフワっとしている。

 キャラメルクリームの下には、黄色いカスタードクリームがある。プチシューの中に入っているカスタードとおそらく同じ。こちらも甘さは控えめで、質感はキャラメルクリームよりも硬めで、ずっしりしている。キャラメルクリームの苦味と、カスタードクリームの甘さが中和され、良いバランス。

 底辺部のタルトは香ばしくサクサクした食感。甘さは控えめ。タルト単独で食べても美味しい。





Le Goût Merveilleux (ル・グ・メルヴェイユ)「サントノーレ サクラ」


都道府県: 岩手
住所: 岩手県盛岡市向中野5-6-11 (岩手県盛岡市向中野字向中野3-20)
購入店: Le Goût Merveilleux (ル・グ・メルヴェイユ)
商品名: サントノーレ サクラ
購入日: 2017年4月16日
価格: 480円+税

 おそらく季節限定と思われる、桜を使ったサントノーレを購入しました。こういう季節感のあるスイーツっていいですよね。

 クリームは、商品名のとおり桜の香りのするクレームシャンティ。甘さはやや強め。クリームの色は、白に近い薄いクリーム色。かなり固めのクリームだが、空気をある程度含んでいて、適度に軽い食感。クリームの一番上とサイドにラズベリーが載っており、ラズベリーの酸味の強さとクリームの甘さが、いい感じに中和される。

 クリームに支えられた3つの小さなシュークリームは、皮は厚く、やや硬め。桜風味のピンク色のチョコレートでコーティングされている。チョコレートには酸味もあるが、甘みの方が強い。中のクリームは、黄色味の強いクリーム色のカスタード。バニラビーンズの黒い粒も見える。甘さは強めで、質感は固め。

土台部分の生地も、3つのシューと同じく、厚みがあり、やや厚め。この土台の皮も、ピンク色のチョコレートでコーティングされている。皮の中には、カスタードクリームが入っている。カスタードの上には、酸味の強いプラムのようなもの(知識が無く特定できずに申し訳ございません)が2つあった。

 強い酸味と強い甘みのバランスも良く、桜の香りが絶妙なケーキでした。





Patisserie Ofuku Hirosaka (パティスリー オフク ヒロサカ)「サントノレキャラメル」


都道府県: 石川
住所: 〒920-0962 石川県金沢市広坂広坂1-2-13
購入店: Patisserie Ofuku Hirosaka (パティスリー オフク ヒロサカ)
商品名: サントノレキャラメル
購入日: 2017年3月10日
税込価格: 550円

 金沢を訪れる機会がありましたので、こちらのパティスリーにお邪魔しました。シュークリームとサントノーレを、イートインでいただきまして、今回はサントノーレの方のレポートです。

 ショーケース内の商品説明には「クレームショコラ、クレームキャラメル 底のパイとキャラメルがけしたプチシューのサクサク、カリカリ、とろーりの食感を是非!」と記載。

 クリームはキャラメルの苦味と、塩気のバランスが良い。甘さは控えめで、ほとんど感じない。食べた瞬間は塩気が、その後にキャラメルの香りと苦味が追いかけてくる。クリームの質感は軽くふわっとしていて、空気を多く含んでいる。クリームの上からナッツが添えてあるが、非常に香ばしい。軽いクリームの中で、ザクザクとした食感もアクセントになっている。

 クリームの下部分にある小さなシュー3つは、表面をキャラメルでコーティングされており、ザクッとした食感。中に入っているクリームは、チョコレートクリーム。このチョコレートクリームも、甘さはほとんど無く苦味が前面に出てくる味。コーティングに使用されているキャラメルは甘さを感じる。こちらも甘さは控えめだが、他のクリームの苦味とあわさると、はっきり甘味を感じる。

 一番下の土台になっているのはパイ生地。パイ生地の中央、3つシューの中心部分にも、チョコレートクリームがのっている。パイはしっかりした硬さで、ザクザクした食感。香ばしさが口に広がる。

 キャラメルの苦味と甘味と塩気のバランスのいい一品だと思います。