メゾン・ド・プティ・フール 南馬込店「サント・ノーレサクラ」


都道府県: 東京
最寄駅: 西馬込
住所: 〒143-0025 東京都大田区南馬込5-42-10 ディアステート南馬込104
購入店: メゾン・ド・プティ・フール 南馬込店
商品名: サント・ノーレサクラ
購入日: 2018年3月24日
税込価格: 529円

 西馬込駅近くにある「メゾン・ド・プティ・フール南馬込店」さんで購入した「サント・ノーレサクラ」。桜の季節限定の商品です。

 商品名は、店頭の表記は「サント・ノーレサクラ」、レシートの表記は「サントノーレSAKURA」となっていました。

 一番下は、土台となるビスケットのような生地。その上に小さなシュークリームが3つ載り、その上に桜を使用したクリーム。さらに、クリームに支えられるように、桜の花びらと葉を形づくったチョコレートが載る構造です。

 チョコレートは、甘さが中庸からやや強め。はっきりと甘さを感じる味です。葉のかたちの黄緑のチョコレートと、花びらのかたちのピンクのチョコレートの味の違いは、僕にはわかりませんでした。

 クリームは、空気を多く含み、軽い食感。柔らかい質感ですが、粘度は低く、伸びたり、垂れたりはしにくいです。色は、薄いピンク色。

 甘さは中庸からやや強めで、はっきりと感じますが、桜の爽やかな香りが前面に出てくるため、しつこさは感じません。

 プチシューのコーティングもピンク色をしていて、こちらにも桜が使用されているのだと予想しましたが、クリームの桜の香りが強く、コーティング単体の味はあまり確認できませんでした。甘さは、感じられます。

 プチシューの皮の硬さは中庸。サクサク感はありませんが、生地にはやや厚みがあり、しっかりした食感。一口で食べると、中からクリームがプチッと口の中であふれ出します。

 プチシューの中のクリームはカスタードクリームで、固めで粘度も高い質感。甘さは中庸で、バニラと卵のコクを感じる、しつこくはありませんが濃厚な味。桜のクリームの香りを、ほどよく中和し、カスタードの芳醇さをプラスしています。

 土台となるビスケットは、サクサクで香ばしい味。甘さは控えめですが、香りが高く、単体の焼き菓子としても成立しそうです。

 桜の香りが強すぎず、弱すぎず、桜のクリームだけでなく、カスタードも使用され、絶妙なバランスだと思いました。

 この季節になると、桜を使ったスイーツを作ってくださるパティスリーが多いですね。以前はそれほど好きではなかったのですが、ある時期から桜のスイーツの魅力に気づきました。本当に香りが良くて、日本人で良かった!と思います。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください