レ・サンク・エピス (Les Cinq Epices)「サントノーレ サクラ」


都道府県: 東京
最寄駅: 青物横丁
住所: 〒140-0004 東京都品川区南品川2-17-26 アスキー南品川III 1F
購入店: パティスリー レ・サンク・エピス (PATISSERIE Les Cinq Epices)
商品名: サントノーレ サクラ
購入日: 2018年3月17日
価格: 409円 (税抜)

 青物横丁駅近くにあるレ・サンク・エピスさんに行ってきました。シュークリームと、季節限定のサントノーレ サクラを購入。この記事はサントノーレ サクラの感想です。

 ショーケース内の書品説明には「桜餅のような味のカスタードクリームとフランボワーズのジャム、桜風味の名クリームのサントノーレ」と記載されていました。

 土台となるパイ生地の上に、小さなシュークリームが3つ、その上に生クリームが載り、塩漬けになった桜の花びらがあしらわれています。

 一番上の生クリームは、質感はやや固め。空気を多く含み、軽い食感です。商品説明のとおり、桜の風味がするクリームで、色も薄いピンク色。桜の香りに負けず、ミルクの風味も感じられます。

 プチシューの皮の硬さは中庸。サクサク感はありませんが、やや厚みがあり、しっかりした質感の皮です。コーティングのチョコレートにも、桜の風味があります。こちらのチョコレートは、パリパリした食感。

 プチシューの中には、桜風味のカスタードクリームと、フランボワーズのジャムが入っています。ピンク色の桜のカスタードクリームは甘さ控えめ、フランボワーズのジャムの色は濃い赤で、こちらも甘さは控えめ。酸味とフランボワーズの香りが強い味です。

 プチシュー全体としては、フランボワーズのさわやかな香りがまず前面に出て、桜の風味が奥の方から香るバランス。チョコレートのパリッとした食感もアクセントになっていて、プチッと中からクリームが溢れるような食感も楽しいです。

 土台となるパイ生地は、サクサク感が強く、香ばしい味。プチシューと同じく、桜風味のチョコレートでコーティングされています。

 パイ生地の中には、おそらくプチシューの中に入っていたのと同じ、桜風味のカスタードクリームが詰まっています。フランボワーズのジャムは含まれないため、クリーム単体の味が感じやすかったです。甘さは控えめで、若干の塩気も感じられました。強すぎず、弱すぎず、桜の風味も鼻を抜けていって、商品説明のとおり確かに柏餅に近い味でした。

 いろいろな食感が楽しめ、ひとつのお菓子としてのバランスも良い、サントノーレだと思います。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください