「港区」カテゴリーアーカイブ

グランドニッコー東京 台場 Bakery & Pastry Shop「エクレア トロピック」


都道府県: 東京
最寄駅: 台場
住所: 〒135-8701 東京都港区台場2-6-1 グランドニッコー東京 台場 ヴェルエクール内
購入店: グランドニッコー東京 台場 Bakery & Pastry Shop (ベーカリー&ペストリー・ショップ)
商品名: エクレア トロピック
購入日: 2018年6月9日
税込価格: 430円

 ゆりかもめの台場駅に直結。グランドニッコー東京 台場にある「Bakery & Pastry Shop」で、シュークリームとエクレアをイートインでいただきました。この記事はエクレアの感想です。

 場所は、ゆりかもめ台場駅の改札を出て、右に曲がり、しばらく進んだところ。駅の通路を出ると、グランドニッコー東京 台場の2階部分と繋がっており、左側のガラス張りの店舗です。

 注文したのは「エクレア トロピック」。この日は、トロピックの他に、苺を使った「エクレア フレーズ」、抹茶を使った「エクレア テベール」と、3種類のエクレアが販売されていました。「エクレア トロピック」は、商品名からも予想できるとおり、マンゴーを使用したエクレアです。

 店内ショーケース内の商品説明には「マンゴーパッションクリームにマンゴーの果肉を入れた、さっぱりとした味わい」と記載されていました。

 コーティングのフォンダンは、しっとりしつつ、ベタつきは抑えられた質感。甘さは中庸。マンゴーの風味によって、実際以上に甘さは控えめに感じられます。

 キューブ上に切られたマンゴーの果肉も乗っており、こちらもスッキリとした甘さの爽やかな味。

 皮はやや硬め。サクサク感があるタイプではなく、厚みがあり、密度も高く、パンのようにしっかりした質感。香ばしさが強く感じられる味。

 中のクリームは、黄色味の強いカスタードクリームで、中にはバニラビーンズの黒い粒も見えます。固めで粘度の高い、ねっとりとした質感。

 甘さは中庸から、やや控えめ。バニラと、マンゴーの香りが口に広がります。はっきりとした甘さを感じ、バニラの香りも濃厚ですが、フルーツの爽やかな甘みのおかげで、後味はすっきりとしています。

 バニラにもフルーティーな香りがするものがありますが、こちらのクリームはマンゴーが使用されているため、文字どおりフルーティーな味わい。バニラの香りとも合わさり、濃厚さと爽やかさのバランスも、良いと思います。

 小ぶりで、細長い形状であり、シュー皮も弾力のあるしっかりした質のため、食べると中からクリームが溢れ出てくるような感覚があり、食感も楽しいです。





グランドニッコー東京 台場 Bakery & Pastry Shop「シュークリーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 台場
住所: 〒135-8701 東京都港区台場2-6-1 グランドニッコー東京 台場 ヴェルエクール内
購入店: グランドニッコー東京 台場 Bakery & Pastry Shop (ベーカリー&ペストリー・ショップ)
商品名: シュークリーム
購入日: 2018年6月9日
税込価格: 390円

 ゆりかもめの台場駅前にあるリゾートホテル、グランドニッコー東京。こちらの2階ヴェルエクール内にあるカフェ「Bakery & Pastry Shop」で、シュークリームとエクレアをイートインしました。この記事は、シュークリームの感想です。

 ケーキの他、カレーやサンドイッチなども提供しています。また、店名に「Bakery」とあるとおり、パンも販売。

 ゆりかもめで向かう場合は、台場駅に直結していますので、まず迷うことはないでしょう。改札を出て右に曲がり、少し歩くとグランドニッコー東京の2階フロアに繋がっています。ちなみに、改札を出て反対の左に曲がり少し歩くと、こちらはヒルトン東京お台場に直結しています。

 個人的に、お台場方面に来る機会は、Zepp TokyoあるいはZepp DiverCityにライヴを見に来る時ぐらいしかなく、このあたりの店舗に入ることはほとんどありません。今日もライブでお台場に来ていたのですが、せっかくなのでこちらのカフェに足を運んでみました。

 店内はガラス張りで清潔感があります。前述したとおり、ケーキ以外にも、カレーや週替わりプレートなどの他、サンドイッチやフライドポテトなどの軽食、アルコールも含めたドリンクを提供しています。

 ケーキは席に案内されてから、ショーケースから選択。会計は飲食後に、レジで支払うシステムでした。(混み具合、席の状況によって、対応が変わるのかもしれません。)

 ショーケース内の商品説明には「ホテルオリジナルのスポンジ生地でしっとりとした食感に仕上げました」と記載。

 シュー皮は硬め。表面には、若干のサクサク感があります。厚みがあり、生地の密度も高く、内側はややしっとりしていて、パンのようにしっかりした噛みごたえのある食感。商品説明には「スポンジ生地」との記載がありましたが、確かに一般的なシュー皮とは少し異なり、厚みがありながら、ふんわりとした軽さも残っています。

 香ばしく、小麦っぽさが感じられる味。粉砂糖のほのかな甘さが、シュー皮の香ばしさを引き立てています。

 クリームは底面部より充填。黄色味の強いカスタードクリームで、中にはバニラビーンズの黒い粒も見えます。クリームは固めで、粘度もやや高めですが、ほどよく空気を含み、重たくはありません。

 甘さは中庸。バニラの香りがフルーティーでキレがあり、爽やかなバランス。バニラの香りがとても豊かで、甘さもしっかりと感じるのですが、後味がスッキリしていて、食べやすいバランスの味だと思いました。

 やや大ぶりで、皮もクリームもしっかり系の食感ですが、ほどよく軽さを持った、バランスの良いシュークリームです。





アマンド 六本木店「リングシュー クラシック」


都道府県: 東京
最寄駅: 六本木
住所: 〒106‐0032 東京都港区六本木6-1-26
購入店: アマンド 六本木店
商品名: リングシュー クラシック
購入日: 2018年4月3日
税込価格: 350円

 1946年、新橋に創業した洋菓子店、アマンドさんに行ってきました。六本木店は、1964年に開店されています。

 店内にはイートイン・スペースがあり、今回はそちらを利用させていただきました。ドリンクとケーキのセットで、1000円〜1200円。選択したケーキによって、価格が変わります。

 今回は、定番の「リングシュー クラシック」と、コカコーラを注文し、1000円でした。

 ショーケース内の商品説明には「1952年誕生 昭和な味わいのシュークリーム」と記載。リングシューという商品名のとおり、輪っか状のシュー皮にクリームが挟まり、シュークリームというよりパリブレストに近いスイーツです。

 シュー皮の硬さは中庸。特別硬いわけではなく、サクサク感もありませんが、やや厚みがあります。表面はドライで内側はしっとり。土台部分の皮も、底面部が厚く、しっかりした食感。

 味は、香ばしく、若干の塩気もあり、かなりはっきりと皮自体の味が感じられます。

 クリームは、上に生クリーム、その下にカスタードクリームの2層構造。

 生クリームは固めで伸びにくい質感。密度は中庸で、ほどよく空気を含んでいて、軽い食感。甘さ控えめで、ミルクっぽさがほのかに香る、あっさりした味。

 カスタードクリームは、やや固めで、密度もどちらかというと高め。黄色味の強い濃いクリーム色で、中にはバニラビーンズの粒も見えます。

 甘さはやや強めで、はっきりと感じられます。卵の風味とコクも強め。濃い味のクリームで、あっさり系の生クリームと、はっきりした味の皮とのバランスが、取れていると思います。





ボビーユーハイム エキュート品川店「春のシュークリーム (ちょうちょ)」


都道府県: 東京
最寄駅: 品川
住所: 〒108-0074 東京都港区高輪3-26-27 JR東日本品川駅構内
購入店: ボビーユーハイム エキュート品川店
商品名: 春のシュークリーム (ちょうちょ)
購入日: 2018年3月27日
税込価格: 302円

 バウムクーヘンが有名な洋菓子店「ユーハイム」のサブ・ブランド、「ボビーユーハイム」で購入したシュークリームです。

 店頭ショーケース内のポップには「下にカスタードクリーム その上にストロベリークリームを絞った甘ずっぱい味」と記載されていました。

 シュー皮の堅さは中庸で、サクサク感はありませんが、パンのような弾力があり、ややしっかり目の食感。味は、香ばしく、若干の塩気を感じます。生地自体の味が、しっかりと感じられる味。

 クリームの上に載るチョコレートは、パリッとした硬めの食感。甘さは中庸から、やや控えめ。かぼちゃのような、マロンのような香りも感じられましたが、特定はできません。

 ストロベリーのクリームは、やや固めで伸びにくく、空気を含んだ軽い食感。味は、甘さ控えめで、苺の香りと酸味が前面に出てきます。どれぐらいの量の苺を使用しているのかは分かりませんが、「イチゴ味のクリーム」ではなく、苺そのものの味が感じられます。コンビニ等の苺のクリームとは、一線を画する味。

 ストロベリークリームの下には、カスタードクリーム。軽めの食感のストロベリークリームに比べて、固めで密度も高く、しっかりした食感。色は、薄い黄土色で、中にはバニラビーンズの粒も見えます。

 甘さは中庸ですが、苺の酸味との対比で、はっきりと感じられます。卵のコクが、強く感じられるクリーム。甘すぎないため、さわやかなストロベリークリームとの相性も良いと思います。

 同時に購入した「春のシュークリーム (うさぎ)」よりも、苺の味が前面に出たシュークリームです。「うさぎ」は、苺を一粒使っていて、ビジュアル的には苺が前面に出ていますが、全体としての苺の風味はこちらの「ちょうちょ」の方が遥かに強いです。





ボビーユーハイム エキュート品川店「春のシュークリーム (うさぎ)」


都道府県: 東京
最寄駅: 品川
住所: 〒108-0074 東京都港区高輪3-26-27 JR東日本品川駅構内
購入店: ボビーユーハイム エキュート品川店
商品名: 春のシュークリーム (うさぎ)
購入日: 2018年3月27日
税込価格: 302円

 バームクーヘンで有名なユーハイム。そのサブ・ブランド「ボビーユーハイム」で、シュークリームを購入しました。

 2018年3月現在、関東に4店舗を展開しており、その全てがJR東日本の駅構内にあります。今回はエキュート品川内にある店舗に行ってきました。

 「春のシュークリーム」という商品名で、「うさぎ」と「ちょうちょ」の2種類のシュークリームが販売されていました。この記事は「うさぎ」の感想です。

 店頭ショーケース内には、大きめのポップがあり、そこには「下にカスタードクリーム その上に生クリームを絞り いちごを丸ごと一粒のせました」と記載されていました。

 シュー皮の堅さは中庸。サクサク感はありませんが、パンのような噛み応えのある生地です。味は、香ばしさがあり、若干の塩気も感じるぐらい、生地自体の味が感じられます。

 クリーム部にあしらわれた、うさぎ型のチョコレートは、パリッとした硬めの食感。甘さは中庸からやや強めに感じる、ホワイト・チョコレートです。

 苺は、甘さも酸味も控えめのすっきりした味。クリームとのバランスを考えると、ちょうどよい味だと思います。

 生クリームは、やや固めで伸びにくい質感ですが、空気を含みフワッとした軽い食感。甘さは控えめで、ミルクの風味が優しく香る味。

 生クリームの下のカスタード・クリームは、やや固めで、密度も高く、しっかりした食感。色は、薄い黄土色で、ところどころバニラビーンズの粒も見えます。

 甘さは中庸。卵のコクが強く、カスタードプリンのような味。軽めの生クリームとのバランスも良いと思います。

 「春のシュークリーム」という商品名のとおり、苺を使用した春を感じさせるシュークリームですが、思ったよりは苺が前面に出てくるわけではなく、スタンダードなシュークリームに、アクセントして苺を使用した印象です。





アトリエ・ド・リーブ 白金本店「クッキーシュー」


都道府県: 東京
最寄駅: 白金台
住所: 〒108-0071 東京都港区白金台4-5-6 大野ビル1F
購入店: アトリエ・ド・リーブ (Atelier de Reve) 白金本店
商品名: クッキーシュー
購入日: 2018年3月26日
税込価格: 220円

 白金台駅のほど近くにある「アトリエ・ド・リーブ」さんに行ってきました。場所は地下鉄の白金台駅2番出口から、徒歩1分以内です。駅の出口からは近いのですが、白金台駅はかなり地下深くにあるようで、駅のホーム階から地上に上がるまでに、けっこう時間がかかります。

 近くには、八芳園やシェラトン都ホテル東京、外苑西通り(プラチナ通り)などがあり、観光地というわけではありませんが、散歩をするには雰囲気の良いエリアです。

 購入したのは「クッキーシュー」という商品名のシュークリームです。ショーケース内の商品説明には「さっくり焼き上げたクッキーのシュー皮の中にコクのあるカスタードクリームを絞りました」と記載。

 シュー皮はやや硬め。クッキーシューとのことですが、サクサク感はあまりなく、しっとりとした食感です。やや厚みがあり、噛み応えもあります。クッキーというより、全体としてはパンに近い食感。

 皮は切れ込みをいれて、中にクリームを入れるタイプです。上部と下部の皮は、完全には分離していません。

 味は、表面には優しい甘さがあります。もう少し、はっきりした甘さを想像していましたが、思ったよりも素材を活かした味でした。小麦っぽさが感じられ、香ばしさもあります。

 クリームは、やや色の薄いカスタード・クリーム。やや固めの質感ですが、ほどよく空気を含んでいて、ふわっとした軽さもあります。味は甘さ控えめ。ミルクの香りと卵のコクが感じられますが、しつこくはなく、後味はすっきり。

 皮、クリームともに、素材の味が感じられるシュークリームです。また、サイズも大きめで、食べごたえがあります。

 下の画像は、同時に購入した「テベール」(税込400円)。抹茶のスポンジとムースが、交互に層になったケーキです。





アトリエうかい エキュート品川「シューショコラ ピスターシュ」


都道府県: 東京
最寄駅: 品川
住所: 〒108-0074 東京都港区高輪3-26-27 JR東日本 品川駅構内 エキュート品川1F
購入店: アトリエうかい (Atelier UKAI) エキュート品川
商品名: シューショコラ ピスターシュ
購入日: 2018年3月23日
税込価格: 550円

 懐石料理の「うかい竹亭」、鉄板料理の「うかい亭」などのレストランを手掛ける「株式会社うかい」。アトリエうかいは、その「うかい」が運営する洋菓子店です。ケーキなどの洋菓子の他に、クッキーなどの焼き菓子も扱っています。

 2018年3月現在、たまプラーザ、品川、調布の3店舗を展開。この度は、品川にある店舗に行ってきました。場所は、JR品川駅の改札内です。

 購入したのは「シューショコラ ピスターシュ」。その名の通り、ピスタチオとチョコレートを使用したシュークリームです。店頭ショーケース内の商品説明には「イチゴのゼリーとピスタチオを合わせたチョコレートシュークリーム」と記載されていました。

 一番上に乗る星型のチョコレートは、甘さはかなり控えめで、苦味の方が前面に出てくる味。やや硬めで、パリッとした食感もあります。

 チョコレートを支えるクリームは、クリーム状というより固体と言った方がよいぐらい、固めのしっかりした質感。甘さは中庸で、ピスタチオの香りが強めに感じられます。しかし、しつこいという感じではなく、爽やかに鼻を抜けていく香り。

 シュー皮は、見た目からは硬めの質感を想像していましたが、柔らかくしっとりとした食感。クッキーのような優しい甘さと香ばしさがあり、単体で食べても焼き菓子として成立しそうな味。

 シュー皮の下のクリームは、チョコレートを支えていたクリームと同じもの。かなり硬めのしっかりした質感で、ピスタチオの風味がはっきりと感じられる味です。

 ピスタチオのクリームの下には、薄い茶色のチョコレートクリームが詰まっています。固さは中庸ですが、ピスタチオのクリームとの対比で、なめらかでソフトに感じられます。甘さは控えめで、苦味とチョコレートの香りの方が、前に出てくる味。

 チョコレートのクリームの中心部には、苺のゼリー。ゼリーというより、ジャムのような質感です。こちらも甘さは控えめで、苺の酸味と香りが、さわやかに香る味。チョコレートの苦味とのバランスも良いと思います。

 カスタードクリームを絞った、いわゆる普通のシュークリームとはちょっと違い、苦味と酸味が合わさる複層的な味をした一品です。個人的には気に入りましたが、苦手な人もいるかもしれません。





パティスリー リョーコ「シュークリームショコラ」


都道府県: 東京
最寄駅: 高輪台
住所: 〒108-0074 東京都港区高輪3-2-8
購入店: パティスリー リョーコ (Pâtisserie Ryoco)
商品名: シュークリームショコラ
購入日: 2018年2月24日
税込価格: 2個入り 778円

 高輪台にあるパティスリーリョーコさんに、2017年4月14日以来、2度目の訪問。2018年2月現在、完全予約制となっています。お店のホームページから来店時間を指定のうえ商品を予約し、そのままネット上でクレジットカードで決済するシステムです。

 このたび購入したのは、バレンタイン期間の2月限定「シュークリームショコラ」です。通常のシュークリームと同じく、2個入り、4個入り、6個入りの3種類での販売。

 シュー皮は硬め。表面はアーモンドがのったクロッカンのようになっており、ザクザク、カリカリとした食感が楽しめる。とても香ばしい味。さらに、上からはココアパウダーがかかり、カカオの香りもプラス。

 皮だけ単体で食べても、アーモンドの香ばしさ、クロッカンの甘さ、カカオの香りと苦みが合わさり、重層的な味。これだけでも、焼き菓子のような美味しさ。

 クリームを充填する穴は、底面部とサイドにひとつずつ開いているようだ。

 クリームは、クレーム・ディプロマットにチョコレートを合わせたものだと思うが、チョコレートらしい薄い茶色をしている。質感は、なめらかで柔らかめ。水分が多く、みずみずしい。

 甘さは控えめで、チョコレートの苦味と香りがふわっと口に広がる。香り豊かで、わずかに酸味も感じられる本格的な味だが、苦味が強すぎることはなく、絶妙なバランス。また、チョコレートの味に負けず、奥からバニラの香りも追いかけてくる。

 香ばしく、食感も楽しいシュー皮と、チョコレートの香り高いクリーム。バレンタインにぴったりの、完成度の高いシュークリームだと思います。





クレーム デ ラ クレーム 六本木ヒルズ店「フルーツバトンシュー 苺&サンタ」


都道府県: 東京
最寄駅: 六本木
住所: 〒106‐0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド2F
購入店: クレーム デ ラ クレーム 六本木ヒルズ店 (Crème de la Crème)
商品名: フルーツバトンシュー 苺&サンタ
購入日: 2017年12月23日
税込価格: 518円

 京都のシュークリーム専門店「クレーム デ ラ クレーム」の都内唯一の店舗、六本木店に行ってきました。(京都にも2店舗しかありませんが…)

 シュークリーム2種とエクレア1種を購入しました。この記事は、六本木店にてクリスマスシーズン限定の「フルーツバトンシュー 苺&サンタ」の感想です。

 シュー皮は、エクレアのように長細いが、小さなシュークリーム4個が連になっているような形状。4個は分離していないが、手でちぎることは可能。

 シュー皮の硬さは中庸。サクサク感は無いが、ややしっかりした食感。ドライな外側に比べて、内側はしっとり。味は香ばしく、若干の塩気も感じられる。

 上に載る苺は、甘さも酸味も中庸で、食べやすい味。クリームと合わさっても、酸味だけが引き立つ、ということも無い。サンタは砂糖菓子でできており、甘さは控えめ、硬めの食感。

 クリームは上に生クリーム、その下にカスタードクリームの2層になっている。生クリームは、甘さは中庸。生クリームにしては、はっきりと甘さを感じる味で、ミルクの香りが強い。質感は、やや軽めだが、みずみずしさも感じられる。

 その下のカスタードクリームは、やや濃いめの黄色で、バニラビーンズの黒い粒も見える。甘さは中庸から、やや強め。バニラの香り、卵のコクも感じられる濃厚な味。質感は、やや固めで、粘度も高い。

 見た目はカラフルで味は正直どうなんだろう…と思っていましたが、シュー皮、苺、生クリーム、カスタードを、同時に食べたときのバランスも良く、なかなかおいしいエクレアでした。





クレーム デ ラ クレーム 六本木ヒルズ店「瑞穂のカスタードシュークリーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 六本木
住所: 〒106‐0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド2F
購入店: クレーム デ ラ クレーム 六本木ヒルズ店 (Crème de la Crème)
商品名: 瑞穂のカスタードシュークリーム
購入日: 2017年12月23日
税込価格: 291円

 京都発のシュークリーム専門店「クレーム デ ラ クレーム」。六本木にある店舗に行ってきました。このたび購入した「瑞穂のカスタードシュークリーム」は、六本木店限定のようです。

 シュー皮はやや硬め。サクサク感はあまり無いが、パンのように噛み応えのあるしっかりした食感。味は香ばしさが強く、若干の塩気も感じる。上に載るアーモンドが、香ばしさと食感をプラスして、アクセントになっている。

 クリームは、濃い黄色をしたカスタード・クリーム。画像のとおり、かなり濃く、はっきりした黄色。中にはバニラ・ビーンズの黒い粒も見える。

 質感はかなり固めで、密度も高く、ずっしりとしている。甘さは控えめ。バニラの香りと卵のコクが感じられ、濃い味ではないが、奥行きが感じられる。色からは濃厚な味を想像していたが、思ったよりすっきりした味だった。

 硬めで生地の味がしっかりと感じられるシュー皮と、しっかりと素材の味が感じられるクリームのバランスも良く、安定したシュークリームだと思います。