「セブンイレブン」カテゴリーアーカイブ

セブンイレブン「贅沢いちごもこ」


購入店: セブンイレブン
商品名: 贅沢いちごもこ
購入日: 2018年12月31日
税込価格: 151円

製造者: 株式会社デリカシェフ 大宮工場
カロリー: 222kcal

 定期的に新商品がリリースされる、セブンイレブンの「もこ」シリーズ。2018年12月に発売された「贅沢いちごもこ」です。

 今年の5月にも「いちごもこ」を購入していますけど、今回は「贅沢」がついてバージョンアップされているようです。

 オフィシャルサイト上の商品紹介ページには「いちごを使ったもっちりとした生地のシュークリームです。いちご果肉をたっぷり入れたいちごクリームを詰め込みました。」と記載されています。

 もっちりした皮が特徴の「もこ」シリーズ。この商品のシュー皮も、薄いのですが、弾力性があり、もちもちした食感です。

 「シュー皮」「シュー生地」と呼ぶには、ちょっと違和感があるぐらいのモチモチ食感。

 前述のとおり、生地自体は薄く、とくに主張の強い味があるわけではありませんが、もっちりして噛みごたえがあるぶん、クリームの味を引き立てる役割は、おおいに果たしています。

 なかに充填されるのは、イチゴを含んだクリーム。パッケージのオモテ側にも「苺果肉入り」「苺クリーム」「いちごスイーツ」と記載され、イチゴの使用を全面的にアピールしています。

 クリームは、薄いピンク色。ところどころ、果肉の赤が見えます。

 質感はやわらかめ。粘度は低く、空気をほどよく含み、ふわっとした軽い食感。柔らかいのですが、伸びたり、たれたりする質感ではなく、メレンゲのような固体っぽさがあります。

 味は、甘さひかえめ。イチゴをアピールするだけあって、イチゴの酸味と香りが、前面に出てくるバランス。

 イチゴらしい、やや鋭い酸味ですが、それいじょうに香りが強く、クリームのほのかな甘みによって中和されるため、カドが立った味には感じません。

 商品名のとおり、この価格帯のコンビニスイーツにしては、十分にイチゴの味が感じられます。

 パッケージの裏側には「いちごの果肉が贅沢に味わえるいちごのシュークリーム」とも記載されていて、イチゴの量と質には、絶対の自信のある商品なのでしょう。

 以前食べた「いちごもこ」と、どれぐらい違うのか比べてみたいものです。

 案外、商品名以外には変わらないのかもしれませんが。以前の「いちごもこ」が213kcal、この「贅沢いちごもこ」が222kcalなので、サイズが小さくなったわけではないようです。





セブンイレブン「かまくらもこ」


購入店: セブンイレブン
商品名: かまくらもこ
購入日: 2018年11月24日
税込価格: 151円

製造者: 株式会社デリカシェフ 大宮工場
カロリー: 250kcal

 セブンイレブンの「もこ」シリーズの新作。なんだかんだ、このシリーズは新作が出ると購入してしまいます。見た目はシュークリームですが、モチモチ感のある皮が特徴の商品です。

 「かまくらもこ」という商品名ですが、セブンイレブンの定番クリスマスケーキ「かまくら」をイメージした商品とのこと。

 オフィシャルサイト上の商品説明ページには「セブン‐イレブン定番クリスマスケーキ「かまくら」をイメージしたもこです。こだわりの卵「エグロワイヤル®」を使ったとろりとしたババロアに、甘酸っぱいいちごホイップを組み合わせて2層に仕立てました。」と記載されています。

 実際の「かまくら」がどのような商品なのかも知らなかったのですが、2層になったババロアと苺・いちごソースを、スポンジ、さらに生クリームで包みこんだケーキのようです。

 前述したとおり、セブンイレブンが販売するクリスマスケーキ「かまくら」をイメージしたこの商品。皮の中は、ババロアクリームと苺クリームの2層になっています。

 シュー皮は柔らかめ。もこシリーズの皮に共通した、モチモチ感の強い生地です。薄い皮ですが、密度が高く、コンビニのシュー皮にしてはしっかりした食感があります。

 味は、特に主張が強いわけではありませんが、噛みごたえがあるため、クリームの味を中和し、引きたてる役割は、十分に果たしています。

 中に充填されるクリームは、前述のとおりババロアクリームといちごクリームの2種類。下部にババロアクリーム、その上にいちごクリームが載る2層となっています。

 ババロアクリームは、カスタードクリームに近い黄色で、やや固めの質感。しかし、粘度の高いクリーム状の質感ではなく、密度が高く、固体っぽい安定感のある質感です。平均的なババロアほどは固くありませんが、それに近い食感。

 甘さは中庸。しっかりと甘さは感じられますが、卵のコクも強く、甘さばかりが目立つバランスではありません。

 ババロアクリームと言うだけあり、当然ながらババロアに近い味をしています。カスタードプリンから、バニラ感を減退させ、より爽やかさが増したバランスの味です。

 いちごクリームも、淡いピンク色で、質感は柔らかめ。ババロアクリームよりも密度が低く、軽めの食感です。固体っぽいババロアクリームに対して、こちらは水分が多く、やや粘度もあり、クリーム的な質感。

 甘さは、やや控えめ。苺の酸味が感じられ、スッキリとしたバランスの味です。ただ、酸味が特別強いわけではなく、甘味も酸味も優しめの味つけ。

 両クリームが合わさると、甘さが控えめのバランス。モチモチ感のある皮によって、味が引きたてられ、ババロアの甘さと、苺の酸味がしっかりと感じられます。





セブンイレブン「大人のティラミスもこ」


購入店: セブンイレブン
商品名: 大人のティラミスもこ
購入日: 2018年11月9日
税込価格: 140円

製造者: 株式会社デリカシェフ 大宮工場
カロリー: 247kcal

 セブンイレブンの「もこ」シリーズの新作、「大人のティラミスもこ」です。

 オフィシャルサイト上の商品紹介ページには「黒いふんわりもっちりとした生地と、ティラミスクリームを組み合わせた人気の「もこ」シリーズの新味です。ティラミスクリームには隠し味に洋酒を加え、マスカルポーネチーズの香りを引き立てました。」と記載。

 包装袋の後側には「コーヒーの苦味と洋酒香る大人な味わい」と記載されています。

 形状はシュークリームですが、モチモチ感のある皮が特徴のもこシリーズ。上記で引用した商品説明と、「大人のティラミスもこ」という商品名が示唆するとおり、甘さを抑え、思いのほか本格的なティラミスに近い味をしています。

 シュー皮は柔らかめ。厚みがあるわけではありませんが、コンビニの平均的なシュー皮よりも密度が高く、前述のとおりもっちりした食感です。

 ただ、今までの「もこ」シリーズと比較すると、若干モチモチ感は控えめかも、と感じました。サクサク感は全くなく、一般的なシュー皮とは別物と考えた方がいいでしょう。

 画像のとおり、生地の色は黒。この黒の由来は、コーヒーとココアパウダーのようです。しかし、はっきりとコーヒーとココアの味がするわけではなく、クリームと共に食べると、ほのかに香る程度。香ばしさの方が、前面に出たバランスの味です。

 充填されるクリームは、ティラミスクリームとのことですが、色はやや黄色味の強いクリーム色で、見た目はカスタードクリームに近いです。

 質感は、水分が多く、柔らかめ。粘度が低く、やや固体っぽい質感をしています。甘さは控えめ。一口食べると、コーヒーに由来するものなのか、ほのかな酸味が広がります。

 その後に、マスカルポーネのまろやかな酸味が追いかけてきます。最初はマスカルポーネの味はあまり感じないのですが、口が慣れてくると、徐々にチーズが持つコクや酸味が、広がっていきます。

 洋酒も使用しているとのことで、確かに味に深みが感じられ、想定以上にティラミスの味を再現できていると思います。

 クリーム自体にコーヒーとマスカルポーネの味が含まれているようで、不思議な感覚。クリーム単体で食べても、かなりティラミス感がありそうです。

 この手の独創的な味のスイーツには、それほど元の食品の再現度は求めないのですが、この商品はティラミスの再現度が高く、なおかつ独自のシュークリームとしても美味しかったです。

 「もこ」シリーズは、以前もメロンパンの味や、さつまいもの味の商品がありましたが、全体的に再現度が高いのかも。

 また新商品が出たら、買ってしまいそうです。





セブンイレブン「こだわりカスタードのエクレア」


購入店: セブンイレブン
商品名: こだわりカスタードのエクレア
購入日: 2018年10月12日
税込価格: 140円

製造者: 株式会社デリカシェフ 大宮工場
カロリー: 269kcal

 セブンイレブンで購入したエクレアです。コンビニのスイーツは、季節で入れ替わる(各種コンビニの商品開発担当の方々、お疲れ様です!)ものも多いですが、こちらは年中変わらず提供される、レギュラー商品のようです。

 皮をコーティングするチョコレートは、やや硬め。食べる時の温度にもよりますが、表面にはパリパリ感もあり。しかし、それほど強いパリパリ感ではなく、しっとりと歯の入る質感です。

 甘さは控えめ。甘味よりも苦味の方が、やや上回るバランス。チョコレートの香りも感じられます。

 シュー皮は、柔らかい食感ですが、やや厚みがあります。はっきりとした味の主張はありませんが、厚みがあるため、若干の香ばしさと、生地自体の小麦っぽさは感じられます。

 ただ、味自体よりも、チョコレートや中のクリームの味を中和し、引き立てるのが、シュー皮の役割でしょう。

 中に充填されるクリームは、やや黄色味の強い色をした、カスタードクリーム。密度が高く、固めのしっかりした質感。粘度も、やや高めですが、ねっとりとした質感ではなく、どちらかと言うと、なめらかなプリンのような質感です。

 甘さは、中庸からやや強め。バニラの香りも感じられますし、なにより卵のコクが強く、味が濃いと感じます。甘さはハッキリと感じますが、卵のコクが強く、奥行きのある味のため、甘さばかりが目立ってしつこく感じる、という事はありませんでした。

 包装袋に記載されていますが、「エグロワイヤル」という卵を、使用しているとのことです。確かに、コンビニの商品にしては卵のコクが強く、素材の良さは感じられます。

 カスタードクリーム単体だと、甘さはやや強め。コーティングのチョコレート単体だと、苦味もチョコレートの香りも、やや弱めに感じられますが、クリームとチョコレートが互いを引き立て合い、良いバランスで成り立っていると思います。

 特に欠点が見つからず、この価格帯のコンビニのエクレアとしては、十分なクオリティの商品。「こだわりカスタードのエクレア」という商品名のとおり、エグロワイヤルを使用したクリームは、なかなかに美味しいです。





セブンイレブン「ざくざく食感チョコもこ」


購入店: セブンイレブン
商品名: ざくざく食感チョコもこ
購入日: 2018年10月12日
税込価格: 162円

製造者: 株式会社デリカシェフ 大宮工場
カロリー: 304kcal

 セブンイレブンの「もこ」シリーズの新作です。同シリーズは、弾力性のあるモチモチした皮が特徴のスイーツ。

 ですが、このたび購入した「ざくざく食感チョコもこ」は、その名のとおりザクザクしたチョコレートで、皮がコーティングされています。

 前述のとおり、シュー皮の上側から覆うように、チョコレートでコーティングされています。食べる時の温度にもよりますが、チョコレートの食感は硬めで、パリパリ、ザクザクした食感。

 ただ、チョコレートなので当然と言えば当然ですが、手の熱によって溶け出します。また、購入直後や冷蔵庫で保管後に食べるのなら問題ありませんが、ある程度のあいだ常温に置いておくと、やはりチョコが溶け出し、食感も異なるはずです。

 甘さは控えめ。というより、ほとんど甘さは感じず、苦味とカカオの香りで構成された味。カカオの香りは、特別強くはありませんが、感じられます。

 コーティングの下にあるシュー皮は、柔らかめの質感。おそらく「もこ」シリーズ特有のモチモチ感のある皮を使っているのだと思いますが、コーティングのザクザク食感に上書きされ、あまりモチモチ感は感じられません。

 生地自体にも、チョコレートを練りこんであるようで、色はかなり黒に近いグレー。内側は、ほぼ真っ黒に見えました。おそらく、生地からもチョコレートの味がするのだと思いますが、こちらもコーティングのチョコレートの味に上書きされ、あまり味は感じられません。

 中に充填されるクリームにも、チョコレートが使用され、濃い茶色をしています。質感は、水分が多く、粘度も低く、柔らかめ。水分が多いため、冷やして食べるとみずみずしさが際立ち、食感は良好です。

 平均的なコンビニのシュー皮なら、こぼれてきそうな質感ですが、硬めのコーティングと、安定感のあるモチモチ食感の皮のために、食べていてこぼれてくることは、ありませんでした。ただ、前述のとおり、コーティングが溶け出して、手が汚れることはあるかと思います。

 クリームも、甘さ控えめ。ほとんど甘さは感じず、苦味とチョコレートの香りが、前面に出た味です。苦味も強すぎず、チョコレートの香りを、かき消してしまうことはありません。

 全体的に甘さ控えめ。キリッとした苦味を活かし、チョコレートの本格的な香りも感じられる、バランス良くまとまったシュークリームだと思います。

 余談ですけど、カロリーが304kcalと、ちょっと多めなのが驚きました(笑) サイズが大きいわけではないので、やはりコーティングのチョコレートが、引き上げているのでしょうか。





セブンイレブン「ダブルクリームのセブンシュー」


購入店: セブンイレブン
商品名: ダブルクリームのセブンシュー
購入日: 2018年9月8日
税込価格: 140円

製造者: 株式会社デリカシェフ 大宮工場
カロリー: 281kcal

 以前、購入した「ダブルクリームのカスタード&ホイップシュー」の後継商品なのでしょうか。確認したところ製造者は違いましたが、方向性は近い商品でしょう。

 「ダブルクリームのセブンシュー」という商品名のとおり、ホイップクリームとカスタードクリームの2種類のクリームが入ったシュークリームです。

 シュー皮は柔らかめ。コンビニやスーパーのシュークリームの平均的な質感。味にも質感にも、特筆すべき特徴はありませんが、ややドライで、香ばしさが感じやすいです。

 クリーム充填用の穴は、上部にひとつ空いています。中に入るクリームは、前述のとおりホイップクリームとカスタードクリームの2種。カスタードが下、その上にホイップクリームが載る、2層構造。

 カスタードクリームは、柔らかく、とろりとした質感。色は、鮮やかな黄色。密度はやや高めで、水分を多く含み、食べていて、ややこぼれやすいです。包装袋にも「クリームがとても柔らかいのでこぼれない様に注意してお召し上がりください。」と記載あり。

 甘さはやや強め。バニラの香り、ミルク感も強く、コンビニシューにしては濃厚な味。卵のコクも感じられ、味の奥行きがあります。しかし、水分の多さからか、キリッと冷やして食べるとみずみずしさが際立ち、しつこさは感じませんでした。人によっては、重いと感じるかもしれません。

 ホイップクリームは、カスタードに比べれば密度が低く、軽め。ですが、空気よりも、水分を多く含み、フワッとした軽さはありません。こちらもカスタードと同じく、みずみずしさが前面に出た質感。

 甘さは控えめ。ほんのりとした甘さと並んで、ミルクの香りが漂います。ただ、ミルクの香りも強くはなく、全体としてアッサリした味。濃厚なカスタードとのバランスを、考えた上での味でしょう。

 2種類のクリームを用いたシュークリームは、コンビニやスーパーでよく見かけますが、この「ダブルクリームのセブンシュー」は、その中でもかなり高いクオリティを備えた一品。バランスも完成度も良いです。

 包装袋には「エグロワイヤル使用」「北海道産クリーム使用」と記載され、素材にもこだわっているようです。

 コンビニ各社の中で、セブンイレブンのシュークリームが、コンビニ各社の中で、個人的には気に入るシュークリームが多いかなぁ。手軽に買えるシュークリームで、ある程度のクオリティを提供していただけるのは、本当に助かります。





セブンイレブン「宮崎紅のさつまいもこ」


購入店: セブンイレブン
商品名: 宮崎紅のさつまいもこ
購入日: 2018年9月8日
税込価格: 140円

製造者: 株式会社デリカシェフ 大宮工場
カロリー: 211kcal

 セブンイレブンの「もこ」という名称のついたシリーズのシュークリームです。

 これまでにも、たびたび購入していますが、見た目はシュークリームですが、食感はかなり特異。シュークリームと呼ぶべきなのか迷うところですが、以前購入した同シリーズの個包装袋に、たびたび「シュークリーム」「シュー皮」と記載されていました。

 ビアードパパの「SHIRO」や、セブンイレブン「もちぷにゃ」、ローソン「もちぷよ」など、近年はモチモチ食感のスイーツが増加傾向にありますが、もこシリーズもその一例。

 今回、購入したのは「宮崎紅のさつまいもこ」。その名のとおり、宮崎県のブランド芋「宮崎紅」が使用されています。今、気がつきましたけど、商品名は「さつまいも」と「もこ」がかかってるんですね。

 シュー皮は柔らかめ。画像のとおり、薄い紫色をしていて、見た目においてもサツマイモを表現しているようです。

 質感は、通常のシュー皮とは異なり、もっちりとした食感。厚みはありませんが、密度が高く、弾力性があり、噛みごたえがあります。

 ハッキリとした味はありませんが、若干の香ばしさ、生地自体の香りは感じられます。香ばしさと言っても、焼き菓子のような香りではなく、生地自体に含まれるであろう小麦などの香り。質感がしっかりしているためか、通常のシュー皮よりも素材感が強め。

 また、見た目によるプラシーボ効果もあるのかもしれませんが、サツマイモの皮のような香ばしさや香りも感じられました。

 中に入るクリームは、さつまいもクリーム。色は黄色く、見た目的にはカスタードクリームと変わりません。

 固めのクリームですが、粘度が高い濃厚なクリームというより、固体に近い質感。密度は高くなく、適度な軽さがありますが、プリンのような質感と言っても良いでしょう。

 甘さは中庸。カスタードクリームであれば、バニラやミルクの香りが口に広がりますが、サツマイモの香りが前面に出てくる味。香りと甘さの質が、本物のサツマイモを彷彿とさせます。サツマイモの香りによって、甘さがスッキリと感じられ、しつこさは感じません。

 もっちりした皮と共に、かなりサツマイモ感の強いシュークリームです。サツマイモの味を再現しようとしているのかは分かりませんが、コンビニの100円台のスイーツにしては、再現度は高め。

 見た目も含めて、面白い商品だなと思います。





セブンイレブン「ふろまーじゅもこ」


購入店: セブンイレブン
商品名: ふろまーじゅもこ
購入日: 2018年7月13日
税込価格: 140円

製造者: 株式会社デリカシェフ 大宮工場
カロリー: 257kcal

 今までにも何度か購入している、セブンイレブンの「もこ」シリーズ。「ふろまーじゅもこ」という、その名のとおりチーズを使った新製品が発売されていたので、購入しました。

 セブンイレブンのオフィシャルサイト上の商品紹介ページには「レアチーズケーキ風のクリームが入ったもこです。ふんわりもちっと焼き上げたもこ生地に、さっぱりとしたレアチーズケーキ風のクリームを組み合わせました。クリームチーズにはレモン果汁を加えさわやかに仕上げました。」と記載。

 「もこ」シリーズは、見た目はシュークリームに近く、包装袋にも「とろ〜り爽やかレアチーズクリームを詰めたシュークリーム」という記載もあるのですが、皮は独特のもちもちした食感で、一般的なシュークリームとは若干異なります。

 今回購入した「ふろまーじゅもこ」も、シュー皮(と呼んでいいのか分かりませんが)は柔らかめで、弾力性のあるモチモチ食感。特に厚みがあるというわけではありませんが、密度はしっかりとしていて、噛みごたえのある生地です。

 密度が高く、噛みごたえがあるため、皮自体の味は感じられます。しかし、はっきりと主張の強い味ではなく、クリームの味を引き立て、食感を楽しむべき皮だと思います。

 中に充填されるクリームは、商品説明のとおり、チーズを使用したレアチーズケーキ風のクリーム。柔らかく、空気を含んだ、フワッとした食感。粘度は低く、水分の多いメレンゲ、といった感じの質感です。皮の中には、隙間なくぎっしりとクリームが詰まっていましたが、前述したとおりの軽い食感のため、重たくは感じませんでした。

 甘さはかなり控えめで、チーズの酸味が前面に出てくるバランスの味。めちゃくちゃ酸っぱい!というわけではありませんが、思いのほか酸味がはっきりとしていて、爽やかな味でした。レモンの風味はそこまで感じませんでしたが、レモン果汁が酸味を加えるのに、一役買っているのでしょう。

 やっぱりコンビニのスイーツにも季節感があって、夏だと酸味を効かせた、爽やかな商品が売れるのでしょうかね。夏らしい、きりっとした酸味のある、爽やかなシュークリームです。





セブンイレブン「メロンパンもこ」


購入店: セブンイレブン
商品名: メロンパンもこ
購入日: 2018年5月27日
税込価格: 151円

製造者: 株式会社デリカシェフ 大宮工場
カロリー: 273kcal

 セブンイレブンで購入した「メロンパンもこ」というシュークリームです。セブンイレブンの「もこ」シリーズは、ややもっちりした皮が特徴の、ちょっと変わったシュークリーム。

 「メロンパンもこ」も、その名のとおりメロンパンをモチーフにしたシュークリームで、一般的なコンビニシュークリームとは皮の質感の違った、個性的な食感を持っています。

 シュー皮は柔らかめ。表面はメロンパンに近い見た目をしていますが、サクサク感はなく、ややしっとりとした質感。食べるときの温度にもよるのでしょうが、ベタつきもあります。僕が購入したものは、包装袋の内側に、皮の表面の一部がはがれて、張り付いていました。

 表面以外の生地は、若干のもっちり感があり、シュー皮にしてはかなりしっかりした質感。特別、分厚いというわけではありませんが、スタンダードなコンビニのシュークリームと比較すると、密度が高く、弾力性のある食感です。

 味は、表面には甘さがあります。包装袋には「メロン香るシュー皮」という記載がありますが、確かにメロン…というより、メロンパンに近い香りがあります。

 クリームは、こちらも包装袋に「メロンカスタードホイップ」との記載があるとおり、メロンの香りがホイップクリームが充填されています。

 色は、やや黄色味のある薄いクリーム色で、空気を含み、柔らかく、軽い質感。見た目的にはカスタードクリームのようですが、前述のとおり、メロンの風味を持っています。というより、こちらも「メロンパンの風味」と言った方が近いです。甘さはやや控えめ。

 皮、クリーム共にメロンを香りがあり、かなりメロンパンに近い味だと思います。メロンパンのサクサク感やふんわり感は無く、シュークリームなのにメロンパンっぽい味がするので、けっこう不思議な感覚です(笑)

 もう少し、甘さが前面に出てくる味かと思いましたが、クリームの甘さを控えめにしているためか、全体として優しい甘さでした。

 前述したとおり、皮にややベタつきがあり、スマートに食べにくい質感だったので、皮にサクサク感があったら、もっとメロンパンに近くなりますし、食べやすいのになぁ、と思います。





セブンイレブン「いちごもこ」


購入店: セブンイレブン
商品名: いちごもこ
購入日: 2018年5月12日
税込価格: 150円

製造者: 株式会社デリカシェフ 大宮工場
カロリー: 213kcal

 セブンイレブンで購入した「いちごもこ」という商品名のシュークリームです。商品名からは、シュークリームとは思いませんでしたが、包装袋に「果肉の入った苺ホイップとミルクムースを詰めたシュークリーム」と記載があったので購入しました。

 シュー皮は柔らかめ。弾力性とモチモチ感があり、一般的なシュー皮とは、かなり異なる食感です。商品名の由来はわかりませんが、確かに「もこ」という語感には合っています。

 見た目は、平均的なコンビニのシュークリームの皮のようですが、やや厚みがあり、密度が高いわけではないのですが、噛みごたえがあります。見た目はシュークリームなのに、皮には独特の食感があり、不思議な感覚。

 味は、皮自体の味は感じられますが、小麦の風味や香ばしさが、強いわけではありません。赤い色味も目を引きますが、特に生地にも苺が練りこまれていて、その味を感じる、ということはありませんでした。

 とはいえ、しっかりした食感のためか、通常のスーパーやコンビニのシュークリームよりは、皮の味がはっきりと感じられます。

 中身は、上に苺の果肉を含んだホイップクリーム、その下にミルクムースの2層。クリーム充填用の穴は、上部に空いています。

 ホイップは、ピンク色で質感は柔らかめ。水分が多く、粘度が低いため、ややこぼれやすい質感です。前述したとおり、苺の果肉が入っており、苺の爽やかな酸味と香りが口に広がります。クリーム自体の甘さは控えめで、苺の酸味が前面に出てくるバランス。

 ミルクムースは、白に近い薄いクリーム色で、柔らかめ。ですが、ムース状のため、食べていてこぼれてくることはありません。密度は低く、軽く食べやすい食感。

 こちらも甘さは控えめで、ミルクの風味もそこまで強くはありません。ミルクムース単体で食べると、甘さもミルクの風味も抑えめで、物足りなく感じますが、ホイップと合わさると、苺の酸味を中和し、味に優しさと広がりが加わります。

 しっかりしたモチモチ食感の皮と、軽くソフトな食感の2層のクリームは、食べていると、弾力性のある皮からクリームが溢れ出すような感覚があり、バランスは良いのだと感じました。

 この「もこ」シリーズは初めて購入しましたが、シュークリームかどうかは置いといて、コンビニのスイーツとしてはなかなか美味しかったので、別の味が出たら、また買ってみようと思います。