「東京都」タグアーカイブ

カレー屋ジョニー お茶ノ水店「コルマカリー」


都道府県: 東京
最寄駅: 御茶ノ水
住所: 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-5
店名: カレー屋ジョニー お茶ノ水店
商品名: コルマカリー (並)
来店日: 2019年1月13日
税込価格: 880円

 JR御茶ノ水駅のすぐ近く。「カレー屋ジョニー お茶ノ水店」に、2回目の訪問です。

 場所はJR御茶ノ水駅の聖橋口を出て左へ。歩いてすぐのところにあります。

 前回は「ロースカツカレー」を注文しましたが、今回は前回の訪問のさいに気になった「コルマカリー」を選択。食券制で、入口の左手側に券売機があります。

 メニュー表記は「カレー」ではなく「カリー」です。「大人のカレーシリーズ」と銘打たれたメニューがあり、この「コルマカリー」のほかに「カシミールカリー」があります。

 いずれも、ほかのメニューより少し価格が高め。本格的なスパイスカレーを目指したメニューのようです。

 揚げ物などのトッピングをしていないためか、食券を渡すと、ほとんど待たずに提供されました。

 画像のとおり、ライスとルーが別々に提供。正直、コルマカリーあるいはコルマカレーというものを、今までに食べたことはなかったのですが、「コルマ」とはヨーグルト、生クリーム、ナッツなどのペーストをベースに作られる料理だそうです。

 店頭にかかげられたメニュー表にも「玉葱をたくさん使いヨーグルト仕立てのパキスタンカレー」と記載されています。

 ルーは、赤っぽい色。粘度は高くありませんが、前述のとおりタマネギが大量に入っており、サラサラの水っぽい質感ではありません。

 味は、一口目は甘め。その後に、トマトの酸味が追いかけてきます。しかし、酸味は角がまるく、全体としてはマイルドな味です。

 スパイスの香りも伝わってくるのですが、辛味はかなり弱め。わずかにピリッと感じる程度。

 具は、タマネギのほかに、ジャガイモと鶏肉が入っています。ジャガイモは、一口で食べられるサイコロサイズ、鶏肉は一口大よりやや大きめ。

 タマネギはじっくりと煮込まれ、おそらく形がなくなり、とけこんだ部分も多いのだと思います。ジャガイモは、あとから投入されているのか、ホクホク感の残る食感。

 鶏肉は、旨味もありますが、ややクセのある味。味つけではなく、肉自体にくさみがあります。とはいえ、スパイスの効いたカレーですし、気になるレベルではありません。

 このお店のほかのカレーに比べると割高ではありますが、スパイスの種類と量も多いのがわかりますし、かなり企業努力されているにでは、と思います。

 ほかにコルマカレーを食べたことがないので、比較することはできませんが、カレースタンドのような店舗の1000円以下のカレーとしては、良いクオリティと言えるでしょう。

 ただ、僕はスパイス系のカレーよりも、欧風カレーや日本風のカレーライスの方が好きなので、同店の通常のカレーの方が好み。





スマトラカレー共栄堂「ビーフカレー」


都道府県: 東京
最寄駅: 神保町
住所: 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-6 サンビルB1
店名: スマトラカレー 共栄堂
商品名: ビーフカレー
来店日: 2019年1月12日
税込価格: 1350円

 御茶ノ水や神保町あたりには、書店やCD屋をめぐりによく行くのですが、こちらのカレー屋には足を運んだことがありませんでした。

 カレー激戦区の神保町に店をかまえる老舗「共栄堂」です。大正13年創業とのことで、多くのカレー店がひしめく神保町のなかでも、おそらく最古のお店のはず。

 店頭の看板にも記載されているとおり、スマトラカレーを提供しています。

 土曜の11時過ぎ、雪が舞うなか、友人と共に行ってきました。場所は、地下鉄の神保町駅A5出口を出て、左へ。靖国通りを、三省堂書店や小川町の方向へ歩いたところにあります。

 駅の出口からだと、徒歩1〜2分ほど。「スマトラカレー 共栄堂」という立て看板がある建物の地下1階です。

 神保町は大学の多い学生街ですし、数多くの出版社もあります。平日よりも、むしろ土曜の方が空いているのではないか、という読みで土曜に訪問しました。

 前述のとおり、開店直後の11時過ぎに入店しましたが、すでに半分ぐらいの席が埋まっています。僕が入店したあとも、外での待ちはないものの、コンスタントに来客があり、ほぼ満席の状態がつづいていました。人気店であることが窺えます。

 メニューは、店頭の立て看板にも一部が記載されていますが、ポーク、チキン、ビーフ、エビなど各種カレーがあります。店員さんに聞いたところ、具材だけでなく、ルーの味もすべて異なるそうです。

 はじめての入店ですし迷いましたが、ビーフカレーを選択。注文後、数分で提供されました。思いのほか提供までの時間が短いです。

 ライスとルーの他に、ポタージュスープがデフォルトで付いてきます。写真を撮り忘れてしまいましたが、卓上には福神漬けとラッキョウも有り。

 ライスは、かために炊かれていて、カレーとの相性も良い感じです。

 カレールーは、画像のとおり黒め。小麦粉を使用していないとのことで、粘度が低く、サラリとした質感です。

 「スマトラカレー」とは、その名のとおりインドネシアのスマトラ島のカレーらしいのですが、今までに食べたことはありません。

 期待を胸に、まずは一口。欧風カレーとも、インド系のスパイスカレーとも異なる味が、口に広がります。

 おそらく塩や砂糖はほとんど、あるいは全く使っていないのだと思いますが、ハッキリとした塩気や甘味ではなく、独特の苦味とコクが広がっていきます。

 そのあとに追いかけてくる、スパイスのキリッとした辛味。若干の酸味も感じられます。

 前述したとおり、わかりやすい塩気がないため、一口目を食べた瞬間は「ちょっと味が薄いかも?」と思いましたが、コクが深く、多様な香りが広がっていくため、味が薄いとま全く感じません。

 食べ進めるうちに、舌と鼻がなれてきて、様々な香りが立ちのぼってきます。香ばしい苦味と、深いコク。スパイスによる複雑な辛味。

 ほかに似ているものが思い浮かばない、独特の味です。ただ、間違いなく美味しいです。

 僕はスパイス系のカレーよりも、甘味をもった欧風カレーの方が好きなのですが、欧風カレーとは違うのですが、どこか通じるところもあります。

 欧風カレーから甘さを抜き、スパイスの種類と香りを、増した感じというんでしょうか。とにかく、一言ではあらわせない、深い味わいを持っています。

 具は、一口大ぐらいのビーフがいくつか。ほどよく肉の噛みごたえの残る柔らかさです。ビーフの香り、旨味も残っています。

 今回はビーフカレーを注文しましたが、ボークやチキンなどそれぞれルー自体の味が異なるとのことなので、他のメニューも気になります。

 神保町界隈だと、ボンディ、ガヴィアル、ペルソナの欧風カレー屋がお気に入りなんですけど、今後は共栄堂にも足を運びそうです。





肉のヤマキ商店 お茶の水サンクレール店「カツカレー」


都道府県: 東京
最寄駅: 御茶ノ水
住所: 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビルディング B1F
店名: 肉のヤマキ商店 お茶の水サンクレール店
商品名: カツカレー
来店日: 2019年1月10日
税込価格: 980円

 「丸亀製麺」などを運営する、株式会社トリドールホールディングスによる「肉のヤマキ商店」。その名のとおり、焼肉丼など肉に特化した飲食店です。

 この店のことは、正直まったく知らなかったのですが、たまたま御茶ノ水のディスクユニオンに来たときに見かけたので、入店してみました。

 場所は、東京メトロ千代田線の新御茶ノ水駅に直結した「お茶の水サンクレール」内。地下1階ですが、屋根のない中庭のような場所にあります。

 イートイン以外に、テイクアウトでお弁当なども販売しています。

 店頭にメニューの看板が立っています。前述したとおり、ランチは焼肉丼がメイン。食券制なのですが、タレや量が選べるため、食券機にはボタンが多く、けっこう迷いそうです(笑)

 食券を購入し、入口にいる店員に渡すと、席に案内されます。他のお客さんは、ほとんど焼肉丼を注文していましたが、僕は「カツカレー」を選択。

 「ほとんど」というより、僕以外の人はみなさん焼肉丼を注文されていましたね。

 開店直後の11時すぎの入店でしたが、続々と来客があり、すぐに席の半分ほどが埋まっていました。着席すると、水とサービスのキムチが運ばれてきます。

 テーブルにもメニューが置いてあります。こちらは夜のメニューのようで、夜はすき焼きと焼肉をメインにした、居酒屋に近い業態のようです。

 着席後、数分でカツカレーが到着。焼肉丼よりも、若干時間がかかるようです。ほとんどの方が焼肉丼を頼むので、オペレーションの関係でしょう。

 いずれにしても、気になるほどの待ち時間ではありません。ピークの時間帯だと、もうすこし待ち時間ができるのかもしれませんが。

 ルーは茶色く、粘度の高い、いかにも「日本のカレーライス」の質感です。味は、一口目には甘みとコクを感じますが、すぐに辛さと塩気が追いかけてきます。

 塩気がやや強く、ご飯がすすむ味つけ。味の面でも、食堂などで出てきそうな、日本風のカレーライスです。

 スパイスの香りは、ものすごく豊かというわけではありませんが、ほどほどに感じられます。しょっぱさが前面に出た味ではありますが、ただ塩気が強いわけではなく、前述のとおりコクも感じられます。

 塩気の強い日本風のカレーに、すこしだけスパイスを効かせたバランス、といったところでしょうか。

 上に乗るロースカツは、クセも無く、食べやすい味。やや淡白で、旨味が多いわけではありませんが、衣のサクサク感が強く、肉と衣の一体感も良好。油が強すぎることもなく、この価格帯ならば、十分なクオリティだと思います。

 また、画像のとおり、縦方向だけでなく、横方向にも切られています。一口大より、すこし大きいぐらいのサイズで、食べやすいです。

 しょっぱめのルーに、やや淡白なカツ。ソースいらずで、バランスは良いと言えます。

 肉を売りにしている店だけあって、カツのクオリティは悪くないですが、カレー自体の味に関しては、1000円前後ならもっと本格的な味を出せるお店もあるよな、と思います。

 コスパの判断は難しいところですが、このお店はやっぱり焼肉丼なのかなぁ。





メープルハウス エキュート上野店「きなこもちシュー」


都道府県: 東京
最寄駅: 上野
住所: 〒110-0005 東京都台東区上野7-1-1 JR上野駅改札内3階「ecute上野」内
購入店: メープルハウス エキュート上野店
商品名: きなこもちシュー
購入日: 2018年12月9日
税込価格: 260円

 石川県金沢発のシュークリーム専門店「メープルハウス」。関東にもいくつか出店しており、エキュート上野内にも入っているので、たびたび足を運んでいます。

 定期的に季節限定のメニューが登場するので、今日は季節限定の「きなこもちシュー」を購入しました。

 店頭の立て看板には「きな粉とカスタードの特製クリームとやわらか餅が入った和風シュークリーム」と記載。

 シュー皮は、やや硬め。とてもドライで、軽い食感。表面にはサクサク感も感じられます。

 味は、塩気や小麦の香りなど主張の強さは無いものの、香ばしさは強め。どんな味のクリームにも合いそうなシュー皮です。

 クリームは先ほど引用した看板の記載どおり、カスタードにきな粉を混ぜたもの。質感は固めで、粘度は低く、固体に近いです。適度に空気を含み、ふわっとした軽さがあります。

 甘さは強め。ハッキリとした甘さを持っていますが、きな粉の香りも強く、そのおかげであまりしつこくは感じません。

 カスタードクリームがベースとのことですが、バニラの香りや卵のコクが感じられないほど、きな粉の香りが前面に出ています。

 クリームの下には、餅が入っています。お餅風のグミなどではなく、ガチな餅です。思ったよりしっかりしたサイズで、一般的な切り餅ぐらいのサイズでしょうか。シュー皮内の底面部は、すべて餅でカバーされています。

 看板の画像では丸っぽく写っていますが、切り餅のような直方体です。というより、スーパーなどで売られている、一般的な切り餅そのままを想像していただければ、サイズも質感も近いかと思います。

 食感と味も、お餅そのもの。餅らしい弾力性と伸縮性はありますが、餅にしてはやや硬めで、安定感のある質感。

 前述のとおりサイズも大きく、そのためクリームの甘さを、ほどよく中和しています。本物のお餅を使っているので、当然と言えば当然ですが、きなこもちに極めて近い味。

 「きなこもち味のシュークリーム」ではなく「きなこもちを内包したシュークリーム」と言った方が適切でしょう。

 中にお餅が入っているなんて、若干ネタ的な空気も漂いますが、カスタードを用いたクリームとシュー皮によって洋菓子感もあり、食べ物としての完成度が高く、美味しいです。





Sガスト 神田駅東口店「コロッケカレー」


都道府県: 東京
最寄駅: 神田
住所: 〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-7-2 神田駅前ビル1F
店名: Sガスト 神田駅東口店
商品名: コロッケカレー
来店日: 2018年12月9日
税込価格: 380円

 すかいらーくグループのファストフード店、Sガストでカレーを食べました。

 メニューは定食や丼が中心で、牛丼店のようにカウンター席のみ。通常のファミレスよりも、かなり速く料理が提供されます。

 注文したのはコロッケカレー。説明するまでもないですが、トッピングとしてコロッケがのったカレーライスです。

 入店したのは、日曜のお昼過ぎで、席は半分ぐらいの埋まり具合。前述したとおり、店内はU字型になったカウンターのみで、牛丼店のようなレイアウトです。そして、料理の提供スピードも、牛丼並の速さでした。

 上の画像のとおり、デフォルトで味噌汁がついており、福神漬けはあらかじめライスの脇に載せられています。

 やや赤みのある色のカレールー。一口目には、辛さと若干の塩気を感じます。トッピングなしの「ポークカレー」は300円。

 この価格帯のカレーにしては、塩気に頼らず、それなりに旨味も感じられますが、スパイスの風味などはほとんど感じられません。辛さは中庸から、やや控えめ。ココイチの通常の辛さよりも、辛味は弱いと思います。

 やや粘度があり、いかにも日本風のカレーライスの質感。具は、ポークとニンジンらしきものは確認できました。いずれも、ごく小さなカケラのようなサイズ。

 コロッケは揚げたてなのか、作り置きなのか分かりませんが、熱々でした。あまり衣のサクサク感はありませんが、作り置きだとしたら、質感は悪くありません。中はホクホクというより、ややしっとりした食感。コーンとニンジンは確認できました。

 味には、特に強い主張があるわけではなく、可もなく不可もなく。いかにも冷凍食品のコロッケといった味と質感です。

 カレールーはレトルトの域を脱しないクオリティですが、この価格にしては悪くないかなと思います。個人的には、松屋や吉野家のカレーより美味しく感じましたし、より万人受けする味だと思います。

 比較すると、松屋は塩気が強すぎ、吉野家はルーのねっとり感が強すぎて、油と粉っぽさを感じるので。

 それにしても、他のお客さんの料理の提供時間を見てても、定食などは牛丼並とは言いませんが、そのスピード感に驚きました。





ラ・メゾン白金 ビス 渋谷ヒカリエ ShinQs店「ショコラシュークリーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 渋谷
住所: 〒150-8019 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエB2F
購入店: ラ・メゾン白金 ビス 渋谷ヒカリエ ShinQs店
商品名: ショコラシュークリーム
購入日: 2018年12月2日
価格: 260円+税

 白金にあるフレンチレストラン「ラ クープ ドール (La Coupe d’Or)」。同店が展開する洋菓子ブランド「ラ・メゾン白金」の渋谷ヒカリエ内にある店舗で、シュークリームを購入しました。

 チョコレートをふんだんに使った「ショコラシュークリーム」です。店頭ショーケース内の商品説明には「カスタードクリームとショコラソースにショコラホイップ」と記載。

 シュー皮は硬め。サクサク感は弱く、ハード系のパンのような、しっかりとした噛みごたえのある食感。厚みがあり、密度も高い生地。

 表面にはチョコレートのパウダーが振りかけられています。画像のとおり、生地自体にもチョコレートが含まれているようで、茶色くなっています。味はパウダーも相まって、チョコレートの苦味と香りが前面に出たバランス。

 しかし、前述のとおり厚みのある皮のため、噛んでいくうちに、生地自体の持つ香ばしさも感じらます。味が濃いというのとは違いますが、しっかりと素材の味が感じられるシュー皮と言えます。

 クリームは、商品説明のとおり、カスタードクリームとショコラホイップの2層。下部にカスタードクリーム、その上にショコラホイップが載っています。

 ショコラホイップは固め。粘度が高いクリーム状ではなく、固体に近い質感。密度は低く、空気を多く含んでいて、フワッとした軽さがあります。

 甘さはかなり控えめ。チョコレートの香りと苦味の方が勝るバランスですが、苦味もそこまで強くがありません。香りの高い、上品な本格チョコレートに近い味。

 カスタードクリームは白に近い薄いクリーム色で、中にはバニラビーンズの黒い粒も見えます。ショコラホイップ同様、やや固め。こちらも粘度は低く、やや固体っぽい質感ですが、ショコラホイップよりはなめらかで、伸びやすい質をしています。適度に空気を含み、軽さもある食感。

 甘さはやや控えめですが、ハッキリと感じます。バニラの香りがとても豊かで、甘さよりもまずバニラが口いっぱいに広がるバランス。バニラの香りは、濃厚というより、ほどよくスッキリしていて爽やか。香りはとても強いのに、しつこさは全く感じません。

 下部のシュー皮の内側には、ショコラソースが隠れています。そのため、カスタードクリームのまわりを、ショコラソースが囲むような構造。

 ショコラソースは、チョコレートをそのまま溶かしたような濃厚な味。香り、苦味ともに、ショコラホイップよりも強いです。

 粘度も密度も高く、べったりと伸びる質感。濃厚な味と比例して、じっくりと口に広がっていく食感です。前述のとおり、カスタードクリームを囲むように入っているため、おのずとカスタードと一緒に食べることになるのですが、お互いが苦味と甘味を引き立てあい、バランスも秀逸。

 上から下まで、ふんだんにチョコレートが使われていて、カスタードクリームもチョコの苦味を中和しつつ、香りを引き立て、高い次元でバランスよくまとまったシュークリームです。





ラ・メゾン白金 ビス 渋谷ヒカリエ ShinQs店「シュークリーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 渋谷
住所: 〒150-8019 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエB2F
購入店: ラ・メゾン白金 ビス 渋谷ヒカリエ ShinQs店
商品名: シュークリーム
購入日: 2018年12月2日
価格: 230円+税

 今日は、ばってん少女隊というアイドルの2S会に参加するため渋谷へ。帰りにヒカリエで、シュークリームを購入しました。

 白金にあるフレンチレストラン「ラ クープ ドール (La Coupe d’Or)」が手がける洋菓子ブランド「ラ・メゾン白金」の渋谷ヒカリエ内にある店舗です。

 ショーケース内の商品説明には「クッキー生地のシューにカスタードクリーム」と記載。

 シュー皮は硬め。クッキー生地ですが、サクサク感やザクザク感が強いわけではなく、上部の表面には若干のべたつきがある、しっとりした食感。ハード系のパンのように、しっかりとした噛みごたえがあります。

 味はほのかな甘さがあり、香ばしさも強め。上部のシュー皮は、単体でも焼き菓子として成立しそうな味です。前述のとおり、食感の面ではサクサク感は強くありませんが、味の面ではクッキー生地らしい甘さと香ばしさを持っています。

 対して下部の皮は、ハード系のパンのように、素材の香りと香ばしさの立った味。クッキー生地が載せてあるのは上部の皮のみのようで、下部は硬めのパンに近い、上部とは異なるサクサク感を持っています。

 カスタードクリームは固めの質感。粘度が高いクリーム状の質感ではなく、やや固体に近い安定感のある質です。固めではありますが、空気を多く含み、なめらかで、軽さも持ち合わせた食感。

 色は薄い黄色で、バニラビーンズの黒い粒も見えます。甘さはやや控えめ。口に入れると、バニラの爽やかな香りがいっぱいに広がります。甘さよりも、バニラの香りが前面に出てくるバランス。

 バニラの香りは強いのですが、濃厚というより、後味がスッキリとしていて、しつこさは全くありません。なめらかで軽めのクリームの質感とも相まって、ソフトクリームのようにも感じられます。

 しっかりした食感と味を持った、シュー皮とのバランスも良好。お互いの味を引き立てあい、皮の香ばしさと、クリームのバニラの香りが、より強く感じられます。

 クオリティ高くまとまったシュークリームだと思います。





ゴーバル中野店「激辛ビーフカレー」


都道府県: 東京
最寄駅: 中野
住所: 〒164-0001 東京都中野区中野5-56-9
店名: ゴーバル中野店 (Meet Meats 5バル 中野店)
商品名: 激辛ビーフカレー (Sサイズ)
来店日: 2018年11月30日
税込価格: 800円

 今日は、ももクロのライブを観に中野へ。中央線沿線の雰囲気は好きなのですが、あまり来る機会がないので、早めに来て散歩をしていました。

 特にどこに行こう、なにを食べようとも決めていなかったので、たまたまランチメニューの看板が目に入ったこちらのお店へ。

 場所は中野ブロードウェイのすぐ近く。中野駅からだと中野サンモール商店街を進み、中野ブロードウェイを正面に見て、右側に少し進んだところ。

 中野ブロードウェイからだと、ブロードウェイを出て、左側に少し進んだところです。

 店名に「Meet Meats」と冠されているとおり、肉料理が中心のようです。ランチメニューにも、ハンバーグや和牛のプレートなど、ガッツリと肉を使ったメニューがあります。

 ランチメニューには3種類のカレーもあり、その中から「激辛ビーフカレー」を選択。メニューにも記載されていますが、京都のカレー店「カマル」の流れをくむカレーのようです。カマルは「保存料無しの無添加なカレー」を提供するカレー店。

 「激辛」と宣言しているとおり、かなりの辛さのようで、注文時に「激辛ですけど大丈夫ですか?」と確認されました。

 スープとサラダ付き。ランチメニューにはプラス150円で、ソフトドリンクを追加できます。

 サラサラした完全に水っぽい質感ではなく、若干のとろみはありますが、粘度は低め。「激辛」というだけあって、一口目から辛さが伝わります。

 辛味の質は、スパイスの香りと共に伝わる、複雑で多層的なもの。しょっぱさは控えめで、スパイスの香りが前面に出た味です。

 ストレートな辛さや塩気ではないため、最初は少し味が薄いのかなと思いましたが、多様な香りが代わる代わる伝わるため、食べ進めていくと、味が薄いとは感じませんでした。

 欧風カレーや日本式のカレーには、一口目に甘さを感じるものが多いですが、こちらのカレーは甘さは全く感じません。

 具は一口大の牛肉がいくつか。それと、香辛料の一片と思われるものが、食感にアクセントを加えています。

 牛肉はホロっと崩れる柔らかさです。じっくりと煮込まれていますが、適度に肉らしい食感が残っています。ビーフの香りも、スパイスに負けることなく、しっかりと感じられます。

 最初の店員さんに確認されたとおり、かなりの辛さです。ただ、辛いものがあまり得意でない僕でも、食べ進められるレベルでした。

 辛いものが特に好きな方や、CoCo壱で5辛以上を頼むような方にとっては、余裕で食べられる辛さでしょう。





メープルハウス エキュート上野店「いちごチョコシュー」


都道府県: 東京
最寄駅: 上野
住所: 〒110-0005 東京都台東区上野7-1-1 JR上野駅改札内3階「ecute上野」内
購入店: メープルハウス エキュート上野店
商品名: いちごチョコシュー
購入日: 2018年11月28日
税込価格: 230円

 金沢発の洋菓子店・メープルハウスのエキュート上野内にある店舗で購入したシュークリーム。

 金沢市内には、カフェを併設したり、ケーキや焼き菓子を扱う店舗もありますが、こちらのエキュート上野店はシュークリーム専門となっています。

 購入したのは期間限定の「いちごチョコシュー」。クリスマスの限定商品のようで、店先の看板には販売期間が11月1日から12月25日までの旨が記載されていました。

 また、1日限定100個の販売とも記載。購入したのは平日の夕方ですが、まだ売り切れていませんでした。

 シュー皮は、やや硬めで、サクサク感もあります。画像のとおり、生地の表面には砂糖が散りばめられ、味と食感の両面でアクセントになっています。

 味は、生地自体の香ばしさが感じられ、前述の砂糖がほのかに甘さをプラス。特別に主張が強いわけではありませんが、皮単体でも存在感があります。

 中に充填されるのは商品名のとおり、苺ジャムといちご味のチョコを含んだクリーム。色は、白に近い薄いピンク色。質感は、やや固め。粘度の高いクリームらしい質感というより、やや固体っぽい質感。

 しかし、空気を多く含み、ふわっとした軽さも持ち合わせています。食べていて、溢れる心配の少ない質感のクリームです。

 甘さは強め。いちごの酸味もハッキリと感じ、この種のいちご味のスイーツにしては、酸味も強め。甘味と酸味の両方が強く、主張の強い味と言えます。

 「いちごシュー」ではなく「いちごチョコシュー」ということで、甘さも強めなのでしょうか。ただ、苺の香りと酸味によって中和されるため、それほどしつこくは感じません。

 クリーム中には、いちごジャムの一部と思われる、苺の果肉も含まれています。クリームの中に入ってしまうと、味の変化は感じられませんが、食感の面ではつぶつぶ感はあり、アクセントになっています。

 前述したとおり「いちごシュー」ではなく、あくまで「いちごチョコシュー」。クリームにはいちご味のチョコとジャムは含まれていますが、考えてみればチョコもジャムも一般的なクリームよりは、味が濃い目。

 甘味と酸味の両者ともに強く、ハッキリとした味を持ったシュークリームです。





メープルハウス エキュート上野店「マロンシュー」


都道府県: 東京
最寄駅: 上野
住所: 〒110-0005 東京都台東区上野7-1-1 JR上野駅改札内3階「ecute上野」内
購入店: メープルハウス エキュート上野店
商品名: マロンシュー
購入日: 2018年11月28日
税込価格: 260円

 金沢発の洋菓子店・メープルハウスの上野駅構内にある店舗です。金沢市内の店舗では、ケーキや焼き菓子を扱っているところもありますが、こちらのエキュート上野店はシュークリーム専門。

 定番の「サクサクシュー」の他に、常になにかしらの限定商品を販売しているようです。購入したのは「季節の味」と店頭の看板に記載された、季節限定の「マロンシュー」。具体的な販売期間は、特に明記されていませんでした。

 メープルハウスのオフィシャルサイトを見ると、月替わりで限定の味が出るようで、11月は「黒糖きなこ味」。こちらの販売店舗はアトリオ店、金沢アピタ店、福井駅店の3店舗となっており、上野店の限定とは異なるようです

 シュー皮は、やや硬め。「サクサクシュー」を自称する同店のシュークリームですが、正直そこまでサクサク感は強くありません。購入してからしばらく時間が経ってしまったのも関係しているかもしれませんが、例えばビアードパパのパイシューの方が、時間を置いてもサクサク感は強め。

 シュー皮の表面には、シナモンと砂糖が振りかけられているようで、飴がけに近い若干のべたつきがあります。食べるときの温度のよっても変わりますが、サクサク感のある生地にしっとり感を加えるアクセントになっています。

 やや厚めながら、ドライで軽い食感の生地です。購入直後に食べれば、もっとサクサク感が強いのだろうと想像します。

 味は、香ばしさが感じられ、ほのかに砂糖の甘さも感じられます。もう少し主張の強い味を想像していましたが、思いのほか控えめで上品なバランスの味です。中のクリームと、味がぶつからないための配慮でしょうか。

 中に充填されるのは、商品名のとおりマロンクリーム。色は薄い黄色。固めですが、粘度の高いクリーム状ではなく、やや粉っぽくモンブランに近い質感。

 なめらかなクリームというより、固体に近いしっかりした食感です。また、クリーム中には細かく刻んだ栗も入っています。

 甘さは強め。マロンの味もはっきりと感じられ、モンブラン感の強い味つけ。甘さもマロンの香りも強く、濃厚な味。

 シュー皮のほのかな甘さも相まって、全体としても主張の強い味にまとまっています。