「キャラメル」タグアーカイブ

ピエールマルコリーニ 銀座店「マルコリーニ エクレア キャラメル」


都道府県: 東京
最寄駅: 銀座
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-8
購入店: ピエールマルコリーニ 銀座店
商品名: マルコリーニ エクレア キャラメル
購入日: 2018年7月25日
税込価格: 864円

 ピエールマルコリーニ銀座本店にて、パフェと2種類のエクレアを、イートインでいただきました。店頭の看板にも記載されていましたが、チョコレートが主力商品のピエールマルコリーニで、国内でエクレアを取り扱うのは、こちらの銀座本店と名古屋店のみ。

 併設されるカフェでのイートインも可能とのことで、前述のとおり、パフェとエクレアを注文。1階がショップ、2階がカフェとなっています。ちなみにエクレアはイートインだと、各種税込864円ですが、ショップでのテイクアウトだと756円のようです。

 エクレアは6種類ある中から、「キャラメル」と「バニラ」を選択。この記事は、キャラメルの感想です。

 2階のカフェ・スペースは、照明も暗めで、落ち着いた雰囲気。イスやテーブルなど、全てスタイリッシュで高級感もあります。いかにも高価そうなイスですが、座り心地も良かったです。

 1階でカフェ利用である旨を伝えると、2階に案内。着席後にメニューを決め、帰りは伝票を1階ショップのレジに持っていき、会計するシステム。

 2種類のエクレアと、季節限定のスイカのパフェを注文すると、まずエクレア、しばらく時間をおいてからパフェが提供されました。

 シュー皮は、やや硬め。サクサク感はありませんが、厚みがあり、生地の密度が高い、しっかりした食感。香ばしく、食感も味も、パンのようにも感じられます。

 大きめに切られたロースト・アーモンドが散りばめられており、ザクっとした食感と、非常に強い香ばしさが、食感と味の両面でアクセントになっています。

 コーティングは、キャラメルをメインに使っているのか、サクサク感やカリカリ感は無く、粘度の高い、ねっとりとした質感。味は、一口目は甘さをやや強めに感じましたが、キリッとした苦味があり、しつこさは全く感じませんでした。

 中のクリームは、キャラメルを含んでおり、黄土色。クリーム充填用の穴は、底面部の端の方にひとつ空いています。

 質感は、基本的には滑らかで、柔らかめですが、キャラメルの粘り気なのか、やや粘度があり、じっくりと伸びます。

 味は、思ったよりも甘さをはっきりと感じますが、コーティングと同じく、ほどよい苦味があり、バランスが秀逸。

 しっかりした皮と、アーモンドの香ばしさとも相まって、全体としてバランス良く、完成度の高い一品だと感じました。





ファミリーマート「キャラメルクリームシュー」


購入店: ファミリーマート
商品名: キャラメルクリームシュー
購入日: 2017年11月23日
税込価格: 128円

製造者: ヨネザワ製菓株式会社
カロリー: 238kcal

 シュー皮は、柔らかめだが、コンビニのシュークリームにしては厚みがあり、かなりしっかりした質感。サクサク感はないが、表面はドライで、香ばしさを引き立てている。パサパサというわけではない。

 味は、塩気がしっかりと感じられ、香ばしさもある。コンビニのシュークリームにしては、珍しいぐらいはっきりと皮の味が感じられる。

 クリームは、やや固めで、粘度も高い。みずみずしく、ゆったりと伸びる質感で、重たくはない。粘度の高さは、キャラメルの含有量が多いことに由来するのかもしれない。

 クリームの色は濃い黄土色。甘さは中庸で、はっきりとした甘さだが、キャラメルの苦味がはっきりと感じられるため、しつこくは感じない。キャラメルの香りも強く、全体として濃い味。

 塩気が強い皮と、甘さと苦味をはっきり感じるクリームのバランスも良いと思います。





ル・コルドン・ブルー・ラ・ブティック (Le Cordon Bleu La Boutique)「塩キャラメルのサントノーレ」


都道府県: 東京
最寄駅: 代官山
住所: 〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町28-13 Roob-1
購入店: ル・コルドン・ブルー・ラ・ブティック (Le Cordon Bleu La Boutique)
商品名: 塩キャラメルのサントノーレ
購入日: 2017年11月1日
税込価格: 550円

 代官山にある「ル・コルドン・ブルー・ラ・ブティック」さんにシュークリームを購入しに行きましたが、ショーケースにサントノーレもございましたので、そちらも購入。

 一番上の載っているのはミルクチョコレートで、甘さはやや控えめ。冷やしても、硬すぎず、ややしっとりした質感。

 その下のクリームは、商品名のとおりキャラメルを使用したクリーム。薄い黄土色で、バニラビーンズの黒い粒も確認できる。苦味とキャラメルの香りの強い味を想像していたが、甘さと苦味ともに控えめで、食べやすい味。キャラメルの香りもやや控えめだが、はっきりと感じられる。小さなシューを支えるため、固めで伸びにくいが、空気を多く含んでおり、食感は軽い。

 3つのプチシューの皮は、厚みはあるが、やや柔らかめ。コーティングのキャラメルは、冷やしても硬くならず、粘度の高いやわらかい質感。甘さは控えめ。

プチシューの中のクリームは、キャラメルクリームではなく、カスタードを使用しているようだ。バニラの香りとキャラメルの香りが合わさると非常に香ばしく、一口食べたときは紅茶の香りのように感じられた。

 一番下の土台部分は、パイ生地で、底面部はサクサクのクッキーのような食感。味は、香ばしさが非常に強い。

 パイ生地は、ドーナツのように中心部が空いており、そこにカスタードクリームが入っている。上のキャラメルクリームに比べると、甘さはやや強めで、バニラの香りが強い。

 バニラの香りで、パイ生地の香ばしさが引き立ち、サクサク感も合わさって、土台部分だけでも十分おいしい。





ローソン「プレミアムキャラメルエクレール」


購入店: ローソン
商品名: プレミアムキャラメルエクレール
購入日: 2017年10月20日
税込価格: 295円

製造者: コスモフーズ株式会社
カロリー: 318kcal

 ローソンで購入した「プレミアムキャラメルエクレール」。ローソンのスイーツには「プレミアム」を冠したものがあります(例: プレミアムロールケーキ)が、特に明確にブランドを分けているわけではないようです。

 シュー皮は柔らかめだが、やや厚みがある、しっかりした食感。上からかかるのはアーモンドガナッシュで、粘度が高く、固めの伸びにくい質感。甘さはやや強めではっきりと感じる。アーモンドの風味も感じられる。

 トッピングされたナッツとキューブ状のチョコレート、プレート状のチョコレートも、それぞれ食感と味がアクセントになっている。キューブ状のチョコレートには、やや塩気を感じ、味のアクセントになっている。ナッツは、甘い味付けになっていて、ややしっとりした食感。

 中のクリームは、濃い茶色で、やや固めの質感。甘さは控えめだが、はっきりと感じられる。甘さよりも、キャラメルの風味と苦みの方が前面に出てくる味。甘味も苦味も、キャラメルの風味も感じられて、全体として非常に濃厚。

 商品名に「プレミアム」と付いているとおり、コンビニのエクレアにしては、かなりクオリティの高い一品だと思います。トッピングが、全体の味に奥行きを与えています。





小岩井農場 エキュート東京店「シュークリーム キャラメル」


都道府県: 東京
最寄駅: 東京
住所: 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅構内1階 エキュート東京 サウスコート
購入店: 小岩井農場 エキュート東京店
商品名: シュークリーム キャラメル
購入日: 2017年9月14日
税込価格: 280円

 小岩井農場のJR東京駅構内にある店舗です。

 シュー皮はやや硬め。サクサク感はあまり無いが、パンのような弾力性と噛み応えのある、しっかりした生地。やや厚みがあり、密度も高い。味は、若干の塩気と小麦っぽさを感じる。香ばしさもあり、シュー皮にしては濃い味の部類。

 クリームは、キャラメルを含んだカスタードクリームのようだ。色は、ややオレンジがかったクリーム色。質感は固めだが、ある程度の空気を含んでおり、ほどよい軽さがある。

 甘さは中庸。はっきりと感じる甘味だが、キャラメルの苦味とのバランスが良く、甘さがしつこいとは感じない。キャラメルは香りも豊かで、シュークリーム全体としてのバランスも良い。





パティスリー・パリセヴェイユ「サントノーレ キャラメル」


都道府県: 東京
最寄駅: 自由が丘
住所: 〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-14-5
購入店: パティスリー・パリセヴェイユ (patisserie Paris S’eveille)
商品名: サントノーレ キャラメル
購入日: 2017年8月10日
税込価格: 620円

 本日は、自由が丘の「パティスリー・パリセヴェイユ」に行ってきました。イートインでシュークリームとエクレアをいただきましたが、帰りがけにショーケース内を確認するとサントノーレが補充されていたので、テイクアウトしました。

 中心のクリームは、キャラメル風味で甘さ控えめ。画像のとおり、薄い茶色から黄土色のような色。空気を多く含み、軽い食感だが、食べていて垂れてくるような柔らかさではない。甘さは控えめで、キャラメルの香りと苦味の方が強い。上からふりかけられたアーモンドが、非常に香ばしい。

 キャラメルクリームの下には、小さなシュークリームが3つ。こちらのシュー皮は、やや硬めだが、サクサク感があるわけではない。キャラメルでコーティングされている部分は、カリカリ、ザクザクした食感。キャラメルの甘さは控えめ。

中のクリームは、やや黄色味のあるクリーム色のカスタードで、固さは中庸から柔らかめ。バニラビーンズの黒い粒も見える。キャラメルの苦味との対比もあり、甘さをはっきりと感じる。

 シューの下には、パイ生地があり、生地の空洞部分にはカスタードクリームが入っている。甘さをはっきりと感じられる味。

 キャラメルの苦味と、カスタードの甘味のバランスも良く、おいしいサントノーレです。





アヴランシュ・ゲネー (Avranches Guesnay)「シュー キャラメル」


都道府県: 東京
最寄駅: 春日
住所: 〒113-0033 東京都文京区本郷4-17-6 1F
購入店: アヴランシュ・ゲネー (Avranches Guesnay)
商品名: シュー キャラメル
購入日: 2017年8月15日
価格: 290円 (税抜)

 春日にあるアヴランシュ・ゲネーさんで、2種類のシュークリームを購入しました。今回は「シュー キャラメル」の感想です。

 シュー皮の硬さは中庸。外側には若干のサクサク感も感じる。皮を単独で食べると、香ばしさをはっきりと感じられる。

 クリームは、クレーム・ディプロマットとキャラメルクリームの2層。上に黄土色のキャラメルのクリーム、その下に黄色味のあるクリーム色のクレーム・ディプロマット。

 キャラメルクリームは、クレーム・シャンティーにキャラメルを加えたものだろうか。質感は、空気を多く含んでいて軽く、ふわっとしている。甘さはかなり控えめで、ほとんど感じないぐらい。キャラメルの香りと苦味が口に広がる。

 シュー皮の土台部分には、クレーム・ディプロマットが、ぎっしりと詰まっている。甘さは中庸、固さはやや柔らかめだが、クレーム・ディプロマットとの対比で、甘さも質感もはっきりと感じる。バニラの香りが爽やかで、すっきりとキレのある味。キャラメルクリームと一緒に食べると、それぞれが苦味と甘さを中和し、香りを引き立て合い、とても良いバランス。

 サクサクの香ばしい皮と、2種のクリームの相性も良く、クオリティの高いシュークリームだと思います。





エーグル・ドゥース (AIGRE DOUCE)「シャンティー キャラメル」


都道府県: 東京
最寄駅: 目白
住所: 〒161-0033 東京都新宿区下落合3-22-13
購入店: エーグル・ドゥース (AIGRE DOUCE)
商品名: シャンティー キャラメル
購入日: 2017年5月4日
税込価格: 320円

 エーグル・ドゥースさんで購入した、キャラメル・クリームのシュークリーム。ショーケース内の商品説明には「キャラメル風味のシュークリームです」と記載されていました。

 シュー皮は硬め。表面にはサクサク感もある。特に下の部分の生地は、サクサクとした軽い食感ではなく、硬めのパンのようなザクっとした食感。味は、はっきりと塩気を感じるわけではないが、香ばしさを感じる。

 クリームは、上にキャラメルクリーム、その下をカスタードクリームが支える2層。キャラメルクリームは薄い茶色から黄土色ぐらいの色で、食感は柔らかく軽め。なめらかな質感のクリームなので、温度が高くなると溶けてきそう。

 味は、甘さは無く、苦味とキャラメルの風味が強い本格的な味わい。カスタードは黄色味の強いクリーム色で、バニラビーンズの黒い粒も見える。質感はかなり固めでしっかりとしている。甘さは中庸からやや強め。はっきりと甘さを感じられるカスタードで、苦味のあるキャラメルとのバランスが良い。

 香ばしい皮と、本格的な味わいのキャラメルとの相性も良く、完成度の高いシュークリームです。





アムール・ド・ボンボン (AMOURUEX DE BONBONS)「キャラメルシュークリーム」


都道府県: 福島
住所: 〒963-8862 福島県郡山市菜根1-6-1
購入店: アムール・ド・ボンボン (AMOURUEX DE BONBONS)
商品名: キャラメルシュークリーム
購入日: 2017年4月23日
税込価格: 250円

 キャラメルシュークリームは、ショーケースの上に、クリーム充填前の皮とポップが置かれていた。ポップには「ほろ苦いキャラメルクリームがたっぷり入った大人向けのキャラメルのシュークリームです。(乳・卵・小麦)」と記載。

 同店の通常の「シュークリーム」同様、注文後にクリームを詰めてくれる。「シュークリーム」と見分けるために、こちらの「キャラメルシュークリーム」は、キャンディのように紙に包まれている。クリームは底辺部から充填されている。

シュー皮は、非常にサクサク感が強い。硬めの皮だが、サクサク感が強く、カリッとした軽い食感。味も、香ばしさがとても強い。

 中のクリームは、ショーケース内の説明のとおりキャラメルクリーム。色は黄土色から茶色ぐらいの色。バニラビーンズの黒い粒も見える。甘さはかなり控えめで、キャラメルの風味と苦味が強い。クリームの質感は柔らかめ。おそらくカスタードクリームにキャラメルを混ぜたクリームなのだと思うが、生キャラメルのような粘度を持っている。

 生地の香ばしさで、キャラメルの苦味と風味が引き立つ、シュークリーム。同店の通常の「シュークリーム」と合わせて、とてもシュークリームに拘りを持ったお店と感じた。





メゾン ド タルト ボヌール「Cupシュー (キャラメル)」


都道府県: 鹿児島
最寄駅: 鹿児島中央
住所: 鹿児島県鹿児島市中央町1-1 アミュプラザ鹿児島B1F
購入店: メゾン ド タルト ボヌール (Bonheur)
商品名: Cupシュー (キャラメル)
購入日: 2017年3月20日
税込価格: 193円

 鹿児島のタルト専門店ボヌール(Bonheur)の、アミュプラザ鹿児島内にある店舗。ボヌールは店舗によって「スイーツカフェボヌール」、「アトリエボヌール」など、店舗名に変化をつけています。こちらのアミュプラザの店舗は「メゾン ド タルト ボヌール」。2017年3月現在、鹿児島市内に4店舗を展開しているようです。

 「Cupシュー」という、その名のとおりカップケーキのように、カップに入ったシュークリーム。味は今回購入したキャラメルの他に、プレーンとチョコの合計3種が販売されていた。購入すると、スプーンが同封されており、スプーンで食べるのを想定しているようだ。

 シュー生地は、カップの上から出ている部分は硬め。サクサク感もあるが、サクサクというより、パンのようにしっかりした噛みごたえのある食感。厚みもある。カップ内の部分は、カップの上に出ている部分と比べると、柔らかめでしっとりしている。味もはっきりと塩気を感じるわけではないが、香ばしさ、生地の味は感じる。

 クリームは、キャラメルを含んだカスタードクリーム。色は茶色っぽいクリーム色。バニラビーンズの黒い粒は見えなかった。味は、甘さがやや強めで、キャラメルの風味が前面に出てくる。はっきりした甘さだが、生地がしっかりしているので、食べ続けてもしつこく感じることはなかった。

 タルト専門店の、カップ入りのシュークリームということで、どうかなと思ってましたが、予想以上にクオリティーの高い1品でした。