「中央区」カテゴリーアーカイブ

ピエールマルコリーニ 銀座店「マルコリーニ エクレア バニラ」


都道府県: 東京
最寄駅: 銀座
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-8
購入店: ピエールマルコリーニ 銀座店
商品名: マルコリーニ エクレア バニラ
購入日: 2018年7月25日
税込価格: 864円

 ピエールマルコリーニ銀座店にて、イートインで2種類のエクレアとパフェをいただきました。この記事は、「エクレア バニラ」の感想です。

 シュー皮は、やや硬め。サクサク感があるタイプではなく、パンのように密度が高く、しっかりとした食感です。味も香ばしさが強く、小麦っぽさが感じられます。

 コーティングに使われているのは、フランボワーズのジャムでしょうか。非常に香りが豊かで、キリッとした、しかし尖ってはいない、酸味があります。香りも、単純に強いというのとは違い、口の中いっぱいにフワッと広がる感覚。

 その上に載る生クリームは、空気を多く含み、とても軽い食感。甘さはかなり控えめで、ミルク感も強くなく、あっさり、さっぱりとした味わい。フランボワーズの香りを、包み込むように中和し、まろやかにしています。

 中のクリームは、ややオレンジがかったクリーム色のカスタード。商品名のとおり、もちろんバニラが使われており、クリーム中にも、はっきりとバニラビーンズの黒い粒が確認できます。

 クリーム充填用の穴は、底面部の端の方に、ひとつだけ空いています。

 クリームの質感は、やや固め。粘度がやや高く、密度も高めの、しっかりした食感。やや、固体感があると言うべきなのか、滑らかでみずみずしくもあるのですが、ねっとりとしていて、安定感のあるクリームです。

 甘さは、中庸から、やや強め。バニラの香りも強く、非常に濃厚な味ですが、後味はスッキリ。香りも甘さもはっきりと感じるのに、すっと味が口に広がるような、食べやすい味です。

 フランボワーズの爽やかな酸味と、クリームの豊かなバニラの香りのバランスも良く、同時に食べると、お互いの香りが引き立ちます。

 「味が濃い」と言うのとは違う、複数の味が重なり合い、引き立て合う、芳醇な味わいのエクレアです。





ピエールマルコリーニ 銀座店「マルコリーニ エクレア キャラメル」


都道府県: 東京
最寄駅: 銀座
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-8
購入店: ピエールマルコリーニ 銀座店
商品名: マルコリーニ エクレア キャラメル
購入日: 2018年7月25日
税込価格: 864円

 ピエールマルコリーニ銀座本店にて、パフェと2種類のエクレアを、イートインでいただきました。店頭の看板にも記載されていましたが、チョコレートが主力商品のピエールマルコリーニで、国内でエクレアを取り扱うのは、こちらの銀座本店と名古屋店のみ。

 併設されるカフェでのイートインも可能とのことで、前述のとおり、パフェとエクレアを注文。1階がショップ、2階がカフェとなっています。ちなみにエクレアはイートインだと、各種税込864円ですが、ショップでのテイクアウトだと756円のようです。

 エクレアは6種類ある中から、「キャラメル」と「バニラ」を選択。この記事は、キャラメルの感想です。

 2階のカフェ・スペースは、照明も暗めで、落ち着いた雰囲気。イスやテーブルなど、全てスタイリッシュで高級感もあります。いかにも高価そうなイスですが、座り心地も良かったです。

 1階でカフェ利用である旨を伝えると、2階に案内。着席後にメニューを決め、帰りは伝票を1階ショップのレジに持っていき、会計するシステム。

 2種類のエクレアと、季節限定のスイカのパフェを注文すると、まずエクレア、しばらく時間をおいてからパフェが提供されました。

 シュー皮は、やや硬め。サクサク感はありませんが、厚みがあり、生地の密度が高い、しっかりした食感。香ばしく、食感も味も、パンのようにも感じられます。

 大きめに切られたロースト・アーモンドが散りばめられており、ザクっとした食感と、非常に強い香ばしさが、食感と味の両面でアクセントになっています。

 コーティングは、キャラメルをメインに使っているのか、サクサク感やカリカリ感は無く、粘度の高い、ねっとりとした質感。味は、一口目は甘さをやや強めに感じましたが、キリッとした苦味があり、しつこさは全く感じませんでした。

 中のクリームは、キャラメルを含んでおり、黄土色。クリーム充填用の穴は、底面部の端の方にひとつ空いています。

 質感は、基本的には滑らかで、柔らかめですが、キャラメルの粘り気なのか、やや粘度があり、じっくりと伸びます。

 味は、思ったよりも甘さをはっきりと感じますが、コーティングと同じく、ほどよい苦味があり、バランスが秀逸。

 しっかりした皮と、アーモンドの香ばしさとも相まって、全体としてバランス良く、完成度の高い一品だと感じました。





ToshiYoroizuka TOKYO「シュー・ペイザンヌ」


都道府県: 東京
最寄駅: 京橋
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン1F
購入店: ToshiYoroizuka TOKYO (トシ・ヨロイヅカ 東京)
商品名: シュー・ペイザンヌ
購入日: 2018年1月27日
税込価格: 490円

 ショーケース内の商品説明には「ナッツたっぷりプラリネシュークリーム」と記載。その説明どおり、クリームの上にナッツがぎっしりと敷き詰められている。

 シュー皮はやや硬めで、表面にはサクサク感がある。ほどよく軽めの食感。非常に香ばしく、若干の塩気が感じられる味。画像のとおり、シュー皮は2つに切られ、その中にクリームを入れるタイプ。

 クリームは、上にプラリネクリーム、下にカスタードクリームの2層。前述したように、シュー皮が2つに切られ、そこにクリームが入れられていて、露出している部分のクリーム表面には、びっしりとナッツ類が敷き詰められている。この部分のクリームは、プラリネクリーム。色は薄い黄土色で、粘度は低く、空気を多く含んだ軽い食感。甘さは控えめで、ナッツ類の芳醇な香りが広がる。

 プラリネクリームの下のシュー皮の土台部分には、カスタードクリームが詰まっている。こちらは粘度と密度が高く、固めのしっかりした質感。色はやや濃いめの黄色で、中にはバニラ・ビーンズの黒い粒が見える。甘さは中庸で、バニラの香り、卵のコクも感じられる濃厚な味。香ばしいシュー皮とのバランスも良い。





ToshiYoroizuka TOKYO「シュー・ア・ラ・クレーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 京橋
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン1F
購入店: ToshiYoroizuka TOKYO (トシ・ヨロイヅカ 東京)
商品名: シュー・ア・ラ・クレーム
購入日: 2018年1月27日
税込価格: 280円

 最寄駅は地下鉄銀座線の京橋駅ですが、東京駅の八重洲口からも徒歩5~7分ほど。京橋エドグラン内にあります。

 ショーケース内の商品説明には「大人気! 注文を受けてからクリームを入れます」と記載。その記載どおり、注文後にクリームを入れてくれます。クリーム充填用の穴は底面部。

 シュー皮は、やや硬めでサクサク感もあり、表面はパリッとした食感。ほどよい軽さがある。味は焼き菓子のような香ばしさがあり、若干の塩気も感じられる。表面には砕いたナッツもかかっているようで、その香ばしさと食感もプラスされる。

 クリームは、やや黄色味のある薄いクリーム色のカスタード。クリーム中には、バニラ・ビーンズの黒い粒が見える。粘度が高く、しっかりした固めの質感。密度も高くずっしり。甘さは中庸で、バニラと卵の香りが感じられ、濃厚。洋酒を使っているのか、フルーティで芳醇な味。香ばしさの強いシュー皮との相性も良い。





銀座ウエスト 銀座本店「ゴルゴンゾーラパフ」


都道府県: 東京
最寄駅: 銀座
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座7-3-6
購入店: 銀座ウエスト 銀座本店
商品名: ゴルゴンゾーラパフ
購入日: 2017年7月15日
税込価格: 411円

 本日は銀座ウエストさんで、3種類のシュークリームを購入しました。この記事は、その「ゴルゴンゾーラパフ」の感想です。

 店頭の商品説明には「生クリームにゴルゴンゾーラチーズの風味を加えてみました」と記載。

 シュー皮は柔らかめ。やや厚みがあり、乾いているため、サクサク感とまではいかないが、表面には若干の硬さがある。味は、香ばしさ、小麦っぽさ、若干の塩気を感じる。味が濃いわけではないが、生地の味がはっきりと感じられる。

 クリームは、商品説明のとおり、生クリームにゴルゴンゾーラチーズを加えているらしい。色は、基本的には白いが、ゴルゴンゾーラのものと思われる黒っぽい点が、ところどころに見える。

 質感はかなり固めで、密度もそこそこ高い。同店のクリームパフの生クリームは、空気が多く軽い食感だったが、それに比べてもかなり固めで、ずっしりとしている。味は、甘さはかなり控えめ。チーズの酸味とコクも感じられる。

 チーズの味が特別に強いわけではないが、本格的なゴルゴンゾーラの風味がするので、チーズが苦手な方や子供には、好まれないかもしれません。逆に、ゴルゴンゾーラが好きな方には、とてもおすすめのシュークリームだと思います。

 僕は、あまり本格的なチーズを食べる機会がないので、正直ちょっと苦手でした。





銀座ウエスト 銀座本店「クリームパフ」


都道府県: 東京
最寄駅: 銀座
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座7-3-6
購入店: 銀座ウエスト 銀座本店
商品名: クリームパフ
購入日: 2017年7月15日
税込価格: 411円

 「銀座ウエスト」さんで、3種類のシュークリームをテイクアウトで購入しました。今回は「クリームパフ」の感想です。

 店頭の商品説明には「生クリームをたっぷりと絞り込んだシュークリームです」と記載。

 シュー皮は柔らか目であるが、ドライで、表面には若干のサクサク感のような硬さが感じられる。厚みはそこそこあり、柔らかいがしっかりした噛み応えのある生地で、頼りなさは感じない。味は、強くはないが、香ばしさと小麦っぽさが感じられる。

 クリームは、商品説明のとおり、生クリームが隙間なく、ぎっしりと詰まっている。甘さは控えめ。ミルクの味が強く、口いっぱいに広がるミルクの香りの中に、ほのかな甘さが感じられる。質感は固めで、垂れたり、伸びたりはしにくい。空気を多く含んだ、軽い食感。

 サクサクの皮と固めのカスタードが合わさるシュー・ア・ラ・クレーム的なシュークリームとは、一線を画した商品です。日本の古き良き、高級シュークリームといった趣があります。





銀座ウエスト 銀座本店「シュークリーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 銀座
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座7-3-6
購入店: 銀座ウエスト 銀座本店
商品名: シュークリーム
購入日: 2017年7月15日
税込価格: 411円

 1947年創業の老舗洋菓子店「銀座ウエスト」さんに行ってきました。場所は銀座方面からだと、外堀通りを新橋方面に進んだところ。有楽町駅と新橋駅の中間ぐらいの位置にあります。

 喫茶室もありますが、満席だったためテイクアウトで、3種類のシュークリームを購入しました。この記事は「シュークリーム」の感想です。

 店頭の商品説明には「甘さ控えめのカスターを柔らかなシュー生地に隙間なく入れました」と記載。

 見た目はコンビニのシュークリームのようだが、サイズは大きめで、手に持つとずっしりと重い。シュー皮は商品説明のとおり、柔らかい。

 こちらも一見すると、コンビニのシュークリームのような質感を想像するが、やはりクオリティは全く違った。柔らかいが、そこそこ厚みがあり、また乾いていて、表面には若干の硬さを感じる。味も、香ばしさと小麦っぽさが感じられ、生地単体の味がしっかりと分かる。

 中のクリームは、オレンジがかったクリーム色のカスタード。質感はやや固めで、密度が高い。甘さはかなり控えめで、卵のコクと香りが強い。ミルクっぽい、というよりバターのような濃厚さも感じる。

 甘さは控えめだが、コクがあり、芳醇な味わいのクリーム。また、前述したとおり、手に持つとずっしりと重く、かなり食べごたえのあるシュークリーム。

 前述したとおり、見た目はコンビニのシュークリームのようですが、かなり食べごたえのある一品です。味もコンビニを引き合いに出すのが失礼なほど、良いクオリティ。ただ、411円という価格を考えたときのコスパは…どうでしょうか。





フレデリック・カッセル 銀座三越「パリブレスト SAKURA」


都道府県: 東京
最寄駅: 銀座
住所: 東京都中央区銀座4-6-16銀座三越B2F
購入店: フレデリック・カッセル 銀座三越
商品名: パリブレスト SAKURA
購入日: 2017年4月2日
税込価格: 756円

 同日に、フレデリック・カッセルさんで「シューヴァニーユ」という商品のシュークリームを購入しましたが、季節限定のこちらの商品も購入しました。

 ショーケース内の商品説明には「可憐に香る桜のシャンティクリームとカスタードクリーム、2層のパリブレスト。」

 シュー皮はやや硬めで、表面にはサクサク感があるが、同時にしっとり感もある。シュークリームよりも、縦に長い経緯上のため、サクサク感は強めに感じる。味は、クッキーのような香ばしさが、前面に出てくる。

 クリームは、前述のとおりクレームシャンティーが上、カスタードクリームが下の2層になっている。クレームシャンティーは柔らかく、空気を含んだ軽い食感。色は白く、甘さは控えめ。

 カスタードクリームは、黄色味の濃いクリーム色。バニラビーンズも見える。粘度が高く、固めで伸びにくい食感。甘さは強めで、桜の香りが口に広がる。味、食感ともに、クレームシャンティーとのバランスが良い。

 香ばしく硬めのシュー皮と、桜の香りの立つクリームが、お互いの味を引き立て合い、季節を感じられる商品です。





フレデリック・カッセル 銀座三越「シューヴァニーユ」


都道府県: 東京
最寄駅: 銀座
住所: 東京都中央区銀座4-6-16銀座三越B2F
購入店: フレデリック・カッセル 銀座三越
商品名: シューヴァニーユ
購入日: 2017年4月2日
税込価格: 432円

 銀座三越にあるフレデリック・カッセルさんに行ってきました。今までにも何度か訪問していたのですが、夕方に伺うとシュークリームがすでに売り切れていて、購入できずにいました。本日、無事に購入できました。

 ショーケース内の商品説明には「サクサクに焼き上げたクッキーシューにタヒチバニラ香る濃厚で芳醇なクリームが絶妙です。」 オフィシャルサイトの商品説明には「タヒチバニラを贅沢に使用した濃厚なクリームをサクサクのクッキーシュー生地に詰めました。」と記載。

 シュー皮は硬めで、表面にはサクサク感がある。内側はややしっとりしていて、全体として重くならず食べやすい食感。味は、クッキーのような香ばしさと、ほのかな甘さを感じる。特に下部分は、焼き菓子のような香ばしさと食感。

 クリームは、黄色味の強い薄いクリーム色。バニラビーンズの黒い粒も多く見える。数が多いためか、粒のサイズが大きいのか、はっきりと黒い粒が見える。クリームの質感は硬めで、伸びにくいが、空気が多く軽めでフワッとしている。味は、甘さはやや強め。バニラの香りが非常に強い。フルーティーで濃厚な香り。

 香ばしいシュー皮と、芳醇なクリームのバランスも良く、互いに引き立て合っています。





和光 ケーキ&チョコレートショップ「シュー パリジャン」


都道府県: 東京
最寄駅: 銀座
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座4-4-8 和光アネックス 1階
購入店: 和光 ケーキ&チョコレートショップ
商品名: シュー パリジャン
購入日: 2017年3月5日
税込価格: 432円

 銀座・和光のケーキショップ。本館ではなく、本館の隣にあるアネックスの1階にあります。奥にはイートインスペースもありましたが、今回はテイクアウトで購入しました。

 ショーケース内のケーキには、簡単な説明が添えられていて、こちらのシューパリジャンは「バニラビーンズ入りカスタードクリームのシュー」。

 やや小ぶりで背が高い。シュー皮はサクサク。硬めの皮だが、本当にサクサクなので、食べにくい、口内に皮があたって痛い、などということは無い。味も香ばしく、生地の味のはっきり感じられる。アーモンドの食感と香ばしさも、プラスされている。

 中のクリームは、黄色味がかった薄いクリーム色のカスタード。バニラビーンズの黒い粒は、目に見える数は少ないが、食べるとバニラの香りは強めに感じる。質感は固めで、のびにくいしっかりしたクリーム。甘さはやや強めに感じ、バニラの風味とあわせて、濃厚な味。卵のコクも感じる。「甘さが強い」というより「味が濃い」といった感じで、しつこく感じることはなかった。

 同時に購入したフロマージュ クリュ(648円)。金箔らしきものまで載って、高級感があります。味も甘さ控えめで、酸味とのバランスも良く、美味でした。