「イチゴ」タグアーカイブ

銀座コージーコーナー「ジャンボシュークリーム (濃い苺味)」


購入店: 銀座コージーコーナー
商品名: ジャンボシュークリーム (濃い苺味)
購入日: 2019年1月14日
税込価格: 151円

 コージーコーナーで購入した、袋入りのシュークリームです。

 オフィシャルサイト上の商品説明には「苺が濃い! 甘酸っぱい苺の風味とまろやかな口あたりがクセになる、春を味わう苺のシュークリーム。」と記載。

 「ジャンボシュークリーム」と銘打っているとおり、やや大ぶりサイズのシュークリームです。

 前述のとおり、袋に個包装された状態で販売されており、コンビニやスーパーのシュークリームに近い雰囲気。

 シュー皮は柔らかめで、コンビニのシュークリームに近い質感と言えます。味にも、特に強い主張はありませんが、若干の香ばしさは感じられます。

 充填されるクリームは、商品名のとおり苺を用いたクリーム。粘度は低く、やわらかめで、みずみずしい質感。密度もそれほど高くないため、ややこぼれやすい質感です。

 味は「濃い苺味」を謳っているとおり、甘さは控えめで、イチゴの香りが前面に出てくるバランスであるのは、間違いありません。

 ただ、苺のキリッとした酸味はそれほど強くなく、甘さは控えめではありますが、カドのない穏やかな味。

 原材料を確認すると、バニラシードも使われているようですが、カスタード感は薄く、苺の香りを活かした味にまとめようという意図が感じられます。

 そして、実際に苺を中心とした味になっています。苺の香りも特別強いわけではないのですが、人工的なわざとらしい香りではなく、上品な味。

 人工物もある程度は使っているのでしょうが、自然な苺の香りを感じられます。

 やや大きめのサイズのシュークリームですが、クリームは軽くて食べやすく、味も苺本来の味を活かしているため、しつこく感じることは無いと思います。

 子供の頃、コージーコーナーのジャンボシュークリームをお土産などでもらうと、とても嬉しかった記憶があります。

 昔と変わらない個包装での販売、やや大きめのサイズなど、食べていてなんだか懐かしい気持ちになりました。定番のロングセラー商品って、いいですね。





銀座コージーコーナー「Wシュー (濃厚苺クリーム&カスタード)」


購入店: 銀座コージーコーナー
商品名: Wシュー (濃厚苺クリーム&カスタード)
購入日: 2019年1月14日
税込価格: 210円

 コージーコーナーで購入したWシュー。シュー皮を二つに切り、そのなかにクリームを入れるタイプのシュークリームです。

 同店のWシューは、生クリームとカスタードを使った「クリーム&カスタード」は通年の商品のようですが、このたび購入した「濃厚苺クリーム&カスタード」のように、季節限定の商品がたびたび投入されます。

 商品名のとおり、イチゴを使ったクリームと、カスタードクリームを用いたシュークリーム。

 オフィシャルサイト上の商品説明には「濃厚苺クリームの甘酸っぱさとカスタードのやさしい甘みがとけ合う、Wのおいしさを味わえるシュークリームです。」と記載されています。

 シュー皮の硬さは、中庸からやや柔らかめ。ドライな質感ですが、サクサク感の強いタイプの皮ではありません。

 語弊を恐れずに言えば、コンビニやスーパーのソフトな質感のシュークリームの上位互換。コンビニのシュークリームに比べれば厚みがあり、前述のとおりドライで、表面には若干のサクサク感もあります。

 味は、際立った主張は無し。ですが、ドライな質感のためか香ばしさはあり、クリームの味を引き立てる役目は、十分に果たしています。

 クリームは商品説明のとおり、苺クリームとカスタードクリームの2種。切り口から見えるのは、ピンク色の苺クリームのみですが、土台部分にはカスタードクリームが入っています。

 画像でも確認できるとおり、苺クリームは薄いピンク色。粘度が高いクリーム状ではなく、固体に近い、固めの質感。ただ、それなりに空気を含んでいるため軽さもあり、重たさはありません。

 甘さは控えめ。苺の香りと酸味の方が、甘さよりも前面に出てくるバランス。苺の香りは特別強いわけではないのですが、人工的なイチゴ味ではなく、苺そのものの香りが感じられる上品な味。

 カスタードクリームは、ややオレンジ味のある黄色。こちらは粘度が高く、まったりとした固めの質感。密度が高く、ずっしりとしています。

 甘さは、やや強め。粘度と密度の高い質感とも相まって、重厚な味です。しかし、後味はスッキリとしていて、甘さは強めながら、しつこさは感じません。

 酸味とイチゴの香りが前面に出た苺クリームと、はっきりとした甘さのカスタードクリーム。ぶつかりそうな両者ですが、思いのほか自然に調和し、お互いの味を和らげていました。

 イチゴ感も十分に感じられるシュークリームです。





ビアードパパ 上野ABAB店「贅沢いちごシュー」


都道府県: 東京
最寄駅: 上野
住所: 〒110-0005 東京都台東区上野4-8-4 上野ABAB店内 1F
購入店: ビアードパパ 上野ABAB店
商品名: 贅沢いちごシュー
購入日: 2019年1月13日
税込価格: 230円

 ビアードパパで購入した、季節限定の「贅沢いちごシュー」です。

 ビアードパパでは月替りで限定のシュークリームが登場しますが、こちらの商品は1月1日から2月28日までの2ヶ月間限定。

 オフィシャルサイト上の商品説明ページには「北海道産のコク深い生クリームに、甘酸っぱい苺の美味しさをギュッと詰め込んだ贅沢な味わい。」と記載されています。

 「贅沢いちごシュー」という名称のとおり、クリームに苺を使用したシュークリームです。

 シュー皮は、やや硬め。軽く、サクサク感の強い食感です。味は香ばしさが強く、小麦の香りもほんのりと感じられます。

 シュー皮の上から振りかけられているのは、フリーズドライにした苺のパウダーと、粉糖のようです。いずれの味も、ハッキリとは感じませんが、甘さと酸味がわずかに伝わります。

 シュー皮の香ばしさとのコントラストで、甘さと酸味が感じられるのは事実なので、飾り以上の役割を、十分に果たしていると言えるでしょう。

 中に充填されるのは、前述のとおり苺を用いたクリーム。色は薄いピンク色で、ところどころ苺の果肉の赤い色が見えます。

 質感は、やや柔らかめ。粘度は低めで、空気をそれなりに含み、ムースのようにも感じられます。

 甘さは控えめで、酸味はやや強め。商品説明に「甘酸っぱい苺の美味しさをギュッと詰め込んだ」とありますが、その説明どおり、甘さよりも酸味の方が前面に出てくるバランス。

 シュー皮によって、ある程度は中和されますし、酸味が強すぎると感じることはないと思います。

 また、苺に由来する酸味で、苺の香りも強く感じられます。香料を使用したイチゴ味ではなく、苺そのものを活かした味と言えます。

 キリッと爽やかな酸味ではあるのですが、香りと一体となり、トゲが強い部類の酸味ではありません。

 商品説明に偽りなく、確かにイチゴ感が強く感じられるシュークリームです。





ファミリーマート「いちごシュー ~果肉&練乳入り~」


購入店: ファミリーマート
商品名: いちごシュー ~果肉&練乳入り~
購入日: 2019年1月5日
税込価格: 130円

製造者: ヨネザワ製菓株式会社
カロリー: 202kcal

 ファミリーマートで購入した「いちごシュー ~果肉&練乳入り~」。

 苺の季節にはいってきたからでしょうが、各社とも苺を使ったシュークリームを導入してきていますね。

 最近も、同じファミリーマートの「いちごのシュークリーム」、セブンイレブンの「贅沢いちごもこ」を購入しました。

 「いちごのシュークリーム」は、1パッケージに4個入り。小さめのシュー皮を切って、なかにクリームをいれた、洋菓子店のシュークリームを連想させる商品でした。

 今回の「いちごシュー ~果肉&練乳入り~」は、スタンダードなコンビニのシュークリームの形状です。

 オフィシャルサイト上の商品紹介ページには「いちごピューレといちご果肉を使用し、練乳でミルク感をプラスした、果肉入りいちごクリームを味わえるシュークリームです。」と記載。

 商品名にわざわざ「果肉&練乳入り」とついていますけど、その名のとおり、クリームのなかにイチゴの果肉と練乳が入ったシュークリームです。

 シュークリームに限らずですが、最近は説明そのままの商品名が多いですね(笑)

 シュー皮は薄く、柔らかめ。味には、とくに強い主張はありませんが、若干の香ばしさは感じられます。コンビニシューの平均的な質感と言えます。

 なかに充填されるクリームは、前述のとおり苺を含んだクリーム。色は、パッケージの画像では薄いピンクに見えますが、もうすこし濃く、ムラサキに近い色です。

 質感は柔らかめ。水分が多く、粘度は低めです。クリーム状になめらかに伸びるというより、やわらかいのですが、わずかに固体感もあり、ヨーグルトに近くも感じられます。

 また、前述のとおりイチゴの果肉が入っているのですが、思ったよりも大きく、存在感があります。「大きく」と言っても、1センチ角に満たないサイズですが、果肉感はハッキリとあります。

 クリーム全体の甘さは控えめ。果肉以外にも、ピューレを使用していることもあり、イチゴの酸味が前面に出たバランスの味。

 果肉は、味の面でもアクセントになっています。ただ、イチゴの味が強いのは確かなんですが、ジャムっぽさというか、やや作り物感があります。

 とはいえ、この価格帯の商品なら、十分なクオリティでしょう。使えるイチゴの量も限られているでしょうし、ピューレや練乳で、うまくまとめていると思います。





ファミリーマート「いちごのシュークリーム」


購入店: ファミリーマート
商品名: いちごのシュークリーム
購入日: 2019年1月1日
税込価格: 645円 (4個入り)

製造者: 株式会社デザートランドM3
カロリー: 596kcal (4個)

 ファミリーマートで購入した「いちごのシュークリーム」。

 下の画像のとおり4個入りで、洋菓子屋のシュークリームのように、シュー皮を切って、そのなかにクリームを入れる形状になっています。

 オフィシャルサイト上の商品紹介ページには「カスタードとホイップのWクリームのシュークリームにフレッシュ苺をトッピングしました。」と記載。

 4個入りというところも含めて、一般的なコンビニのシュークリームとは、ちょっと変わった商品です。

 コンビニのシュークリームは、クリーム全てを皮で覆ったものが多数ですが、このシュークリームは画像のとおり、立体的な形状になっています。

 4個入りということもあってか、サイズもやや小ぶり。見た目的にも、数的にも、スペシャル感があります。

 シュー皮は、やわらかめ。コンビニのシュークリームの平均的な皮に近く、ソフトな質感ですが、やや厚みがあります。

 形状のためか、安定感もあります。一般的なコンビニのシュー皮の、上位互換と呼べる質感です。

 味はとくに強い主張はなく、若干の香ばしさが感じられるぐらい。こちらも、平均的なコンビニのシュークリームの延長線上にあると言える味です。

 なかに入るクリームは、ホイップクリームとカスタードクリームの2種。見た目からはホイップクリームのみに見えますが、底面部のシュー皮が二重になっており、ホイップクリームの下にカスタードクリームが隠れていました。

 ホイップクリームは、やわらかく、空気を含み、軽い食感。水分も多く、いかにも熱に弱そうな質感です。

 甘さはひかえめ。ミルク感も弱く、全体としてあっさりした味わい。

 ホイップクリームの上にあしらわれたイチゴは、酸味がやや強めで、甘さひかえめ。イチゴの香りもひかえめで、コンビニのスイーツに使われる苺なら、まぁこんなもんかな、という印象。

 ただ、ほどよく酸味があるため、ほのかな甘さを持ったホイップクリームとの愛称は、なかなか良いです。

 ホイップクリームの下にあるカスタードクリームは、ややオレンジっぽい色味を持ったクリーム色。スーパーで売っている常温販売のシュークリームのクリームに、近い色味です。(伝わりますかね…)

 やや粘度が高く、ねっとりとした質感。ホイップクリームに比べると、密度も高め。

 ただ、入っている体積は、ホイップクリームの方が圧倒的に多く、カスタードは土台部分を支えるように、数ミリ分のみ。

 質感と色から、強めの甘さを想像していましたが、思ったより甘さはひかえめ。中庸から、ややひかえめぐらいでしょうか。

 バニラの香り、卵のコクも感じられますが、それほど強くはありません。ホイップクリームよりは主張の強い味ですが、苺の酸味とぶつかるほどではありません。

 めちゃくちゃうまい!というわけではありませんが、苺のキレのある酸味を、ほのかな甘さのクリームが中和しつつ引き立て、バランスは良好。

 4個単位での販売ですが、1個あたり160円程度と考えると、コスパも悪くはないかなと思います。





セブンイレブン「贅沢いちごもこ」


購入店: セブンイレブン
商品名: 贅沢いちごもこ
購入日: 2018年12月31日
税込価格: 151円

製造者: 株式会社デリカシェフ 大宮工場
カロリー: 222kcal

 定期的に新商品がリリースされる、セブンイレブンの「もこ」シリーズ。2018年12月に発売された「贅沢いちごもこ」です。

 今年の5月にも「いちごもこ」を購入していますけど、今回は「贅沢」がついてバージョンアップされているようです。

 オフィシャルサイト上の商品紹介ページには「いちごを使ったもっちりとした生地のシュークリームです。いちご果肉をたっぷり入れたいちごクリームを詰め込みました。」と記載されています。

 もっちりした皮が特徴の「もこ」シリーズ。この商品のシュー皮も、薄いのですが、弾力性があり、もちもちした食感です。

 「シュー皮」「シュー生地」と呼ぶには、ちょっと違和感があるぐらいのモチモチ食感。

 前述のとおり、生地自体は薄く、とくに主張の強い味があるわけではありませんが、もっちりして噛みごたえがあるぶん、クリームの味を引き立てる役割は、おおいに果たしています。

 なかに充填されるのは、イチゴを含んだクリーム。パッケージのオモテ側にも「苺果肉入り」「苺クリーム」「いちごスイーツ」と記載され、イチゴの使用を全面的にアピールしています。

 クリームは、薄いピンク色。ところどころ、果肉の赤が見えます。

 質感はやわらかめ。粘度は低く、空気をほどよく含み、ふわっとした軽い食感。柔らかいのですが、伸びたり、たれたりする質感ではなく、メレンゲのような固体っぽさがあります。

 味は、甘さひかえめ。イチゴをアピールするだけあって、イチゴの酸味と香りが、前面に出てくるバランス。

 イチゴらしい、やや鋭い酸味ですが、それいじょうに香りが強く、クリームのほのかな甘みによって中和されるため、カドが立った味には感じません。

 商品名のとおり、この価格帯のコンビニスイーツにしては、十分にイチゴの味が感じられます。

 パッケージの裏側には「いちごの果肉が贅沢に味わえるいちごのシュークリーム」とも記載されていて、イチゴの量と質には、絶対の自信のある商品なのでしょう。

 以前食べた「いちごもこ」と、どれぐらい違うのか比べてみたいものです。

 案外、商品名以外には変わらないのかもしれませんが。以前の「いちごもこ」が213kcal、この「贅沢いちごもこ」が222kcalなので、サイズが小さくなったわけではないようです。





ミニストップ「あまおう苺のチョコがけシュー」


購入店: ミニストップ
商品名: あまおう苺のチョコがけシュー
購入日: 2018年12月8日
税込価格: 150円

製造者: 株式会社ロピア
カロリー: 247kcal

 ミニストップで購入した「あまおう苺のチョコがけシュー」。商品名でほとんど説明されていますが、中にイチゴのクリームが入り、シュー皮をチョコレートでコーティングしたシュークリームです。

 シュー皮は柔らかめ。前述のとおり、エクレアのように上部を覆ってチョコレートでコーティングされているため、皮単体の食感は感じにくいのですが、コンビニのシュークリームの平均的な質感と言えます。

 厚みはなく、ソフトで、若干の香ばしさは感じられますが、これといって主張の強い味はありません。

 コーティングのチョコレートは、食べるときの温度にもよりますが、あまりパリパリ感は無く、しっとりとして、自然と歯が入る質感。

 甘さも苦味も控えめで、ミルクチョコレートに近い、穏やかな味。後述する苺のクリームとのバランスを考えると、主張が強すぎず、適度な味つけなのでしょう。

 中に充填されるのは、冒頭にも書いたとおり、イチゴを使ったクリーム。包装袋には、イラストと共に「あまおう苺のカスタードクリーム」との記載があります。

 色は、赤とピンクの中間ぐらいで、思ったよりも、赤みが強いです。それに比例してと言うべきなのか、甘さ控えめで、酸味の方がやや前に出るバランスの味。

 ただ、酸味も強いわけではなく、ほのかに感じる程度。苺の香りが、さわやかに香ります。甘みも酸味も控えめで、相対的に苺の香りが感じやすいバランスとも言えるでしょう。

 「あまおう苺のカスタードクリーム」とのことですが、カスタードらしい甘さや卵のコク、バニラの香りは感じません。なによりも苺の香りと酸味が前面に出てきています。

 濃厚な味というわけではないのですが、苺の香りがふわりと鼻を抜け、爽やかですっきりと食べやすい味にまとまっています。

 質感は、水分が多く、柔らかめ。粘度が低く、食べていてこぼれないように、やや注意が必要です。

 包装袋には、苺の先端にチョコをつけたイラストが描かれていますが、苺の酸味をチョコレートが穏やかに中和し、なおかつ爽やかな香りが引き立つ、良好なバランス。

 特別、高級感があるというわけではありませんが、苺の香りを生かし、よくまとまったシュークリームです。





メープルハウス エキュート上野店「いちごチョコシュー」


都道府県: 東京
最寄駅: 上野
住所: 〒110-0005 東京都台東区上野7-1-1 JR上野駅改札内3階「ecute上野」内
購入店: メープルハウス エキュート上野店
商品名: いちごチョコシュー
購入日: 2018年11月28日
税込価格: 230円

 金沢発の洋菓子店・メープルハウスのエキュート上野内にある店舗で購入したシュークリーム。

 金沢市内には、カフェを併設したり、ケーキや焼き菓子を扱う店舗もありますが、こちらのエキュート上野店はシュークリーム専門となっています。

 購入したのは期間限定の「いちごチョコシュー」。クリスマスの限定商品のようで、店先の看板には販売期間が11月1日から12月25日までの旨が記載されていました。

 また、1日限定100個の販売とも記載。購入したのは平日の夕方ですが、まだ売り切れていませんでした。

 シュー皮は、やや硬めで、サクサク感もあります。画像のとおり、生地の表面には砂糖が散りばめられ、味と食感の両面でアクセントになっています。

 味は、生地自体の香ばしさが感じられ、前述の砂糖がほのかに甘さをプラス。特別に主張が強いわけではありませんが、皮単体でも存在感があります。

 中に充填されるのは商品名のとおり、苺ジャムといちご味のチョコを含んだクリーム。色は、白に近い薄いピンク色。質感は、やや固め。粘度の高いクリームらしい質感というより、やや固体っぽい質感。

 しかし、空気を多く含み、ふわっとした軽さも持ち合わせています。食べていて、溢れる心配の少ない質感のクリームです。

 甘さは強め。いちごの酸味もハッキリと感じ、この種のいちご味のスイーツにしては、酸味も強め。甘味と酸味の両方が強く、主張の強い味と言えます。

 「いちごシュー」ではなく「いちごチョコシュー」ということで、甘さも強めなのでしょうか。ただ、苺の香りと酸味によって中和されるため、それほどしつこくは感じません。

 クリーム中には、いちごジャムの一部と思われる、苺の果肉も含まれています。クリームの中に入ってしまうと、味の変化は感じられませんが、食感の面ではつぶつぶ感はあり、アクセントになっています。

 前述したとおり「いちごシュー」ではなく、あくまで「いちごチョコシュー」。クリームにはいちご味のチョコとジャムは含まれていますが、考えてみればチョコもジャムも一般的なクリームよりは、味が濃い目。

 甘味と酸味の両者ともに強く、ハッキリとした味を持ったシュークリームです。





セブンイレブン「いちごもこ」


購入店: セブンイレブン
商品名: いちごもこ
購入日: 2018年5月12日
税込価格: 150円

製造者: 株式会社デリカシェフ 大宮工場
カロリー: 213kcal

 セブンイレブンで購入した「いちごもこ」という商品名のシュークリームです。商品名からは、シュークリームとは思いませんでしたが、包装袋に「果肉の入った苺ホイップとミルクムースを詰めたシュークリーム」と記載があったので購入しました。

 シュー皮は柔らかめ。弾力性とモチモチ感があり、一般的なシュー皮とは、かなり異なる食感です。商品名の由来はわかりませんが、確かに「もこ」という語感には合っています。

 見た目は、平均的なコンビニのシュークリームの皮のようですが、やや厚みがあり、密度が高いわけではないのですが、噛みごたえがあります。見た目はシュークリームなのに、皮には独特の食感があり、不思議な感覚。

 味は、皮自体の味は感じられますが、小麦の風味や香ばしさが、強いわけではありません。赤い色味も目を引きますが、特に生地にも苺が練りこまれていて、その味を感じる、ということはありませんでした。

 とはいえ、しっかりした食感のためか、通常のスーパーやコンビニのシュークリームよりは、皮の味がはっきりと感じられます。

 中身は、上に苺の果肉を含んだホイップクリーム、その下にミルクムースの2層。クリーム充填用の穴は、上部に空いています。

 ホイップは、ピンク色で質感は柔らかめ。水分が多く、粘度が低いため、ややこぼれやすい質感です。前述したとおり、苺の果肉が入っており、苺の爽やかな酸味と香りが口に広がります。クリーム自体の甘さは控えめで、苺の酸味が前面に出てくるバランス。

 ミルクムースは、白に近い薄いクリーム色で、柔らかめ。ですが、ムース状のため、食べていてこぼれてくることはありません。密度は低く、軽く食べやすい食感。

 こちらも甘さは控えめで、ミルクの風味もそこまで強くはありません。ミルクムース単体で食べると、甘さもミルクの風味も抑えめで、物足りなく感じますが、ホイップと合わさると、苺の酸味を中和し、味に優しさと広がりが加わります。

 しっかりしたモチモチ食感の皮と、軽くソフトな食感の2層のクリームは、食べていると、弾力性のある皮からクリームが溢れ出すような感覚があり、バランスは良いのだと感じました。

 この「もこ」シリーズは初めて購入しましたが、シュークリームかどうかは置いといて、コンビニのスイーツとしてはなかなか美味しかったので、別の味が出たら、また買ってみようと思います。





ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内ブリックスクエア店「苺とライチのエクレール」


都道府県: 東京
最寄駅: 東京
住所: 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア 1F
購入店: ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内ブリックスクエア店
商品名: 苺とライチのエクレール
購入日: 2018年4月4日
税込価格: 496円

 ジョエル・ロブションが手がけるパティスリーに行ってきました。パティスリー、ブーランジェリー、カフェが併設されており、カフェ・スペースでは、パンやケーキもイートインできます。

 店頭ショーケース内の商品説明には「苺とライチ 苺の生クリーム カスタードクリームをシュー生地でつつみました」と記載。

 シュー皮は、やや硬めで、特に上部は皮全体にサクサク感があります。若干、ビスケットのような質感にも感じられます。下部の方が、ややしっとりした質感で、香ばしさが強く感じられました。

 ほのかな甘さと香ばしさがあり、フリーズドライのイチゴとライチもかかっているようで、それらの香りも口に広がる味。味が濃い、香りが特別に強い、というわけではありませんが、上品で香りを楽しめる味です。

 クリームは上に苺の生クリーム、その下にカスタードクリーム、2種のクリームの間には苺が挟まる3層構造。

 生クリームは、柔らかく軽い食感ですが、空気を多く含んだ感じではなく、みずみずしく、なめらか。味は、甘さ控えめ。薄いピンク色をしているとおり、苺が含まれていて、苺の酸味と香りが前面に出てきます。一口目は、やや酸味が強いように感じましたが、控えめながら甘さもあり、苺の香りが口に広がる優しい味です。

 クリームの間に挟まるようにあしらわれた苺は、甘さ控えめで、やや酸味の強い味。クリームとのバランスを考えると、好ましいレベルの酸味だと感じました。

 その下のカスタードクリームは、やや柔らかい質感。卵っぽい黄色味のあるクリーム色で、クリーム中にはバニラビーンズの黒い粒も見えます。

 甘さは中庸で、バニラのフルーティな香りが前面に出た味。苺の酸味とのバランスもちょうどよく、甘さと酸味が理想的に中和しています。

 様々な味がバランス良く溶け合い、重層的なハーモニーを構成しています。一般的なケーキよりも複雑なのに調和のとれた味で、フランス料理のよう。と言いつつ、僕自身あまりフランス料理を食べたことはないのですが(笑) いずれにしても、完成度の高い一品だと思います。