茶寮都路里 大丸東京店「ほうじ茶パフェ」


都道府県: 東京
最寄駅: 東京
住所: 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店10階
店名: 茶寮都路里 大丸東京店
商品名: ほうじ茶パフェ
来店日: 2018年8月29日
税込価格: 1198円

 今月2回目の茶寮都路里。平日の午前中だったため、他のお客さんは数名程度。広々とした店内が、ますます快適に感じられました。

 着席後に、お茶、おしぼり、メニューが提供されます。今日は、数あるパフェの中から「ほうじ茶パフェ」を選択。その名のとおり、ほうじ茶のゼリーとアイスを用いた、ほうじ茶を前面に押し出したパフェです。

 パフェの構成は上から、抹茶ホイップクリーム、ほうじ茶ゼリー、ほうじ茶アイス、ほうじ茶ゼリー、バニラアイス、黒みつ、寒天。

 最上部の抹茶ホイップクリームは、甘さ控えめ。抹茶の香りもしっかりしますが、思いのほかミルク感の強い味。空気を多く含み、フワッとした軽さがありますが、固めで安定感のある質感。

 グラスのフチに沿って盛られたほうじ茶ゼリーは、甘さ控えめ。弾力性があり、寒天に近い食感。ほうじ茶の香りが強く、ほどよい苦味があり、ほうじ茶をそのまま食べているような味。

 ほうじ茶アイスも甘さ控えめ。ゼリーほどではありませんが、ほうじ茶の香りもハッキリと感じられます。アイスなので温度が低いのは当たり前ですが、キリッと冷やされた状態で提供されます。ところどころ、シャーベットのようにシャリシャリした食感の部分もあります。

 ほうじ茶アイスの下には、再びほうじ茶ゼリーが入り、このあたりは特にほうじ茶の味が堪能できるゾーンです。

 ゼリーの下に入るバニラアイスは、甘さ控えめ。ミルク感もバニラの香りも控えめで、比較的あっさりした味のアイスです。こちらも先ほどのほうじ茶アイスと同様に、しっかりと冷やされており、シャリつく部分もあります。没個性的な味ですが、ほうじ茶の香りを邪魔せず、引き立たせるには、これぐらいあっさりした味の方がバランスが良いのでしょう。

 最下部には、黒みつと寒天が入ります。黒みつは、甘さ強め。溶け出したバニラアイスと混じり合い、寒天の淡白さで甘さが中和され、シメにはちょうど良いバランスの甘さとなります。

 ほうじ茶の味を前面に出した、甘さ控えめのパフェです。茶寮都路里の他のパフェと比べて、やや見た目は地味ですが、ほうじ茶好きなら満足できるパフェでしょう。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください