ラトリエコッコ (L’atlier COCCO)「シュークリーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 白金高輪
住所: 〒108-0072 東京都港区白金5-7-6 ファイブユウ白金1F
購入店: ラトリエコッコ (L’atlier COCCO)
商品名: シュークリーム
購入日: 2017年5月2日
税込価格: 250円

 港区白金の住宅地にあるパン屋さん。白金高輪駅からは徒歩10分弱かかりますが、まわりは寺院や神社の多い街並みで、散歩道としての雰囲気も良いです。

 入口でトレイとトングを取り、自分の好きなパンをトレイに取っていく、一般的なパン屋のシステムです。パン以外にも焼き菓子などを扱っています。シュークリームは、レジ前にシュー皮が置いてあり、店員さんに注文するとクリームを詰めてくれます。

 値段を表示するポップには「ご注文いただいてからクリームをおつめいたします. できたてシュークリームです.」「茨城県産のこだわり卵 奥久慈卵のカスタードクリームです.」との記載あり。

 また、それとは別にシュークリームの絵入りのポップもあり、そちらには「できたて! シュークリーム 奥久慈卵とタヒチ産バニラを使用し生クリームを合わせたなめらかなクリーム。」と記載があります。

 シュー皮はやや硬め。表面には若干のサクサク感もあるが、パン屋のシュークリームという先入観を抜きにしても、パンのような食感。しかし、ハード系のパンのような噛みごたえ、もちもち感の強いタイプではなく、一般的なシュー生地に近い食感。

 味は、香ばしさと塩気をはっきり感じる。ほんの少し、スパイシーな香りも感じる。上から散りばめられたナッツの香ばしさも加わり、皮単体でも成立しそうな力強い味。

 中のクリームは、やや茶色やオレンジ色に近いクリーム色のカスタード。カスタードプリンのような色。バニラビーンズの黒い粒も見える。クリームは底辺部より充填されている。

 質感は、柔らかめで、みずみずしくなめらか。密度は少し高めで、ずっしり。甘さは、やや強め。卵のコクを強く感じる味。バニラの香りも感じるが、卵のコクが前面に出てくる。皮もクリームも味が濃く、それぞれの味の合わさり方を感じやすい。

 パン屋のシュー皮らしく、しっかりした味の皮に、濃厚なクリーム。バランスの良いシュークリームだと思います。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください