パティスリー・パリセヴェイユ「エクレール デテ」


都道府県: 東京
最寄駅: 自由が丘
住所: 〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-14-5
購入店: パティスリー・パリセヴェイユ (patisserie Paris S’eveille)
商品名: エクレール デテ
購入日: 2017年8月10日
税込価格: 630円

 自由が丘の「パティスリー・パリセヴェイユ」さんにて、イートインでシュークリームとエクレアをいただきました。この記事はエクレアの感想です。

 ショーケース内のポップには、使用されているものを記載しているようで、それには「シュー、バナナ、ライム、アナナスのジュレ、クレームショコラ、アナナスとライムの生クリーム」と記載されていた。

 上に載るのはプレート状のチョコレート、バナナ、ライムのようだ。チョコレートは、甘さはやや控えめ。ライムはコンフィにされているのか、甘く、食べやすい。

 白いクリームは、前述のポップの記載によると、アナナスとライムの生クリームのようだ。一口食べた時には、酸味を感じる爽やかな味のため、チーズを使用したクリームかと思った。甘さは控えめ。水分が多く、柔らかい質感。

 シュー皮はやや硬め。サクサク感はあまり感じないが、やや厚みがあり、密度も高いしっかりした生地。

 クリームは、薄い茶色のチョコレートクリーム。甘さはかなり控えめで、チョコレートの香りと苦味が前面に出る本格的な味。質感は硬め。

 クリームの中心部には、スポンジが入っているが、ここにアナナスのジュレが染み込ませてあるようだ。酸味と香りが強く、味のアクセントになっている。少し生姜に似ている印象さえ持った。チョコレートのクリームと合わさると、オレンジピールとチョコレートの組み合わせのように、酸味と苦味が良いバランスになる。

 全体のバランスとしては、上のクリームの優しい甘みとオレンジの酸味、チョコレートの苦味、生姜のスポンジの刺激が溶け合い、面白い味。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください