パティシエ イナムラショウゾウ (PÂTISSIER INAMURA SHOZO)「シュークリーム」


都道府県: 東京
最寄駅: 鶯谷
住所: 〒110-0002 東京都台東区上野桜木2-19-8
購入店: パティシエ イナムラショウゾウ (PÂTISSIER INAMURA SHOZO)
商品名: シュークリーム
購入日: 2017年4月 30日
税込価格: 260円

 最寄駅はJR鶯谷駅で、北口から徒歩5〜7分ほどですが、正直あまり雰囲気がよくありません。多少、距離は伸びますが、JR日暮里駅、東京メトロ根津駅からの方が、街並みの雰囲気は良いです。あるいは、都営バスの「上野桜木」というバス停からは、徒歩1分ほどです。

 イートインスペースはありませんが、店舗前にベンチが設置されています。店舗前には、常にドアマンと列整理を兼ねる警備員が立っているようです。

 ショーケース内の表記には「カスタードと生クリームを合わせた軽いクリーム」、オフィシャルサイトの商品説明には「バニラ入りカスタードと生クリームを合わせたクリームをシュー皮にたっぷりと詰めました。」と記載。ショーケース内には、商品名、値段と共に、「カスタードと生クリーム」のように、使用されている素材を表記しているようだ。

 シュー皮は、やや硬め。表面には若干のサクサク感がある。内側はしっとりしていて、パンのような食感。外側は香ばしく硬めで色も濃い茶色、内側はしっとりしていて食パンのような白に近い色。外側と内側がそれぞれ味と食感が異なるが、2層のように分離してバラバラというわけではなく、一体感がある。密度もなかなか高く、しっかりした生地。

 クリームは、 薄いクリーム色のカスタード。バニラビーンズの黒い粒も見える。質感は柔らかく、とてもなめらか。密度は中庸で、程よい軽さがある。甘さは控えめで、バニラとミルクの香り、卵のコクが口いっぱいに広がる。「濃厚な味」といった感じではないが、素材それぞれの味が感じられ、味や甘さが足りないとは感じない。

 下の画像は、同時に購入したキャラメルポワール(510円)。ショーケース内の表記によると「キャラメルと洋なしのムース、ソテーした洋なし、くるみのスポンジ (洋なしのお酒入り)」。

 購入する際にも「洋なしのお酒が使用されておりますが大丈夫ですか?」と確認されたが、確かにお酒の香りが強い、大人向けのケーキ。

 個人的には、キャラメルと洋梨の香りを引き立てていて、良いバランスのケーキだと思いましたが、お子様やお酒の弱い方はご注意ください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください